ボホール島

41件の記事があります。

ボホール島がこんなに近くに!!エアフアン(AIR JUAN)でボホール島に行こう♪

2017年10月18日(水)

未だに手付かずの自然が多く残るネイチャーランド「ボホール島」
ボホール島にはチョコレートヒルズやターシャなどその姿や形に感動を覚える多くの不思議な世界が待ち受けています。

セブ島旅行に来たら一度はボホール島へ訪れたいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、ボホール島は高速船で向かうと約2時間の距離。決して近いとは言えない距離なのです。

そんなボホール島にセブ島本土から小型飛行が定期便として運行を開始しました。
今回は運行を開始した航空会社「AIR JUAN」を早速利用してみたので、こちらからご紹介したいと思います。

『Bohol Bee Farm Resort(ボホールビーファームリゾート)』のオーガニックレストランに行ってみた

2017年10月04日(水)

手付かずの大自然が未だに残るリゾート地「ボホール島」。

ボホール島は、世界一小さな猿「ターシャ」や「チョコレートヒルズ」など、ここ数年日本のメディアにも取り上げられ、セブ島とはまた一味違った、大自然の息吹を感じることができるネイチャーランドです。

今回は、そんなボホール島より、大自然を楽しみながら、美味しいものを食べて奇麗なれる?ホテルとオーガニックレストランが融合した施設『Bohol Bee Farm Resort(ボホールビーファームリゾート)』をご紹介いたします。

渡航シーズン直前!!日本円をおトクに外貨両替えするには?

2017年07月19日(水)

みなさんは今年の夏休みはどうのようにお過ごしになる予定でしょうか!?

自分へのご褒美、学生生活の思い出づくりとして、海外旅行を検討している方も多いと思います。そんな海外旅行で重要になるのが、外貨両替の知識です。

これを知っているのと知らないのとでは、使用額によっては万単位で損をしてしまうことも!!今回は渡航シーズン直前ということで、この時期におトクな外貨両替について習得・おさらいしておきましょう。

セブ島旅行をお考えの方には、現地おすすめ両替所もご紹介します!!

「インスタ」ウケ間違えなし!?セブ島女子旅でおさえたい撮影ポイント10選!!

2017年07月12日(水)

身近な海外旅行先として最近人気があるセブ島。

日本から直行便で5時間ほどで来れることに加えて、時差はたったの1時間!物価も安くお財布にも優しいことから最近は女性だけの女子旅先として選ぶ人が増えています。

そんな女子旅に欠かせないのが「写真」ですよね!

旅行に来たら一生の思い出に残る可愛い写真を撮りたいという人もきっと多いはず!そんな今時女子の皆さんに今回はセブ島でおすすめの撮影ポイントをご紹介します!キュートな写真を撮ってインスタなどのSNSで思っきり友達に自慢しましょう!

ボホール島隠れ屋リゾートホテル『パングラオ・アイランド・ネイチャー・リゾート』

2017年07月02日(日)

パングラオ島のメインビーチのアロナビーチとは反対側に位置しているため静かでプライベート感あふれるリゾートです。

アロナビーチが初心者好みのエリアとするとこちらのリゾートは玄人好みのリゾート。ひっそりと自然の中に建つ隠れ家的リゾートでゆっくりしたいという方にはお勧めです。

メインのプールは美しい海を見渡せる高台にあるため開放感、満足度満点で、透明感あふれる遠浅のプライベートビーチでは小魚が泳いでいるのが見受けられます。

「アロナビーチ」が目の前で手ごろな価格が魅力的なホテルアロナキューホワイトビーチリゾート

2017年06月20日(火)

アロナキューホワイトビーチリゾートはパングラオ島のアロナビーチの中央に位置しており、こちらのリゾートは目の前がビーチという絶好のロケーションです。美しい緑に囲まれたバンガロースタイルの外観に、ゆったりとした客室はシンプルながらも木を多用した心安らぐ内装は南国リゾートに来た実感が持てます。手ごろな価格で宿泊できるのも魅力の一つです。ボホール島のホテルの中ではバジェットタイプのホテルで、ファミリーの休日や友人と過ごすに最適な場所でございます。

ボホール島アロナビーチエリア東端の岬にオープンしたリゾート「アモリタリゾート」

2017年06月13日(火)

皆さんこんにちは

オーナー夫婦が初めてこの地に訪れた際、小さな愛を意味するアモリタと呟いたのがアモリタリゾートの名前の由来になっているそうです。

パングラオ島のメインビーチのアロナビーチ東端の岬に位置しています。高いレベルで洗練された雰囲気はリゾート滞在を盛り上げ、隅まで手入れされた広いガーデンを有し、とても気持ちの良いホテルです。

ボホール島隠れ屋リゾートホテル『パングラオ・アイランド・ネイチャー・リゾート』

2017年05月09日(火)

ボホール島のリゾートホテルの中でもプライベート感を味わうことのできる「パングラオ・アイランド・ネイチャー・リゾート」を紹介していきます。

パングラオ島のメインビーチのアロナビーチとは反対側に位置しているため静かでプライベート感あふれるリゾートです。アロナビーチが初心者好みのエリアとするとこちらのリゾートは玄人好みのリゾート。ひっそりと自然の中に建つ隠れ家的リゾートでゆっくりしたいという方にはお勧めのリゾートです。

ホワイトサンドのロングビーチが魅力的な「ボホールビーチクラブ」

2017年04月18日(火)

皆さんこんにちは

ボホールビーチクラブはボホールの遠浅の海を楽しむには最適のホテルです。家族で満喫するにもボホール島を観光するにもビーチで遊ぶにもとても便利な立地になっており、約1.5kmのロングビーチとサンゴが堆積してできた美しいホワイトサンドのロングビーチへは客室から歩いてすぐの所に位置し、ビーチではシュノーケリングやダイビングなど多くのマリンアクティビティが楽しめます。

レンタルバイクでボホール島を廻ってみた

2017年04月03日(月)

セブ島の港から高速船で約2時間半の位置にあるボホール島。この島には、石灰石でできた「チョコレートヒルズ」をはじめ、世界最小のメガネザル「ターシャ」の保護区など、自然がそのまま残るネイチャーランドです。

ボホール島は観光スポットして非常に人気が高く、世界各国の旅行会社がツアーを組んでボホール島を案内しています。しかし、自分自身で自分のペースで廻ってみたいという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、筆者自身がレンタルバイクを利用してボホール島を1日観光してきましたので、こちらからご紹介します。

カテゴリ一覧