セブへの移住

21件の記事があります。

セブで大人気バイクの改造!

2017年10月20日(金)

セブでは、最近乗用車の数も増えてきています。
これはフィリピンの経済が年々よくなっており自家用車を持つ人が増えたということなのでしょう。実はフィリピンはNEXT11の一国に選定されているほど、安定した経済成長をしてる国なのです。2005年以降はリーマンショックのあおりを受けた2009年を除いて4%~7%前後も安定した経済成長を続け、特に2010年には7.6%、2013年にも7.2%と7%を超える高い経済成長率を記録しております。また人口も爆発的に増えており特に若い世代が多いのも特徴です。

セブ発!!海外就職フェアに参加してみた!!

2017年10月15日(日)

皆さんこんにちは

セブ島へ来ている年間の渡航者は年々増加しておりフィリピン観光省(DOT)の発表によると昨年2016年は約53万任で2015年と比べると8%も増加しているとのことです。
さらには2017年の3月の日本人旅行者は前年比の約19%増の約6万人となり昨年12月に就航したバニラエアなどが原因の一つとなっております。
数年前から日本で人気となっているセブ島留学ですが、2017年は約4万人の留学生が来る予想となっておりさらにセブ島留学が盛り上がってくるような兆しがあります。

セブの小学校はどこが良いの?セブのインターナショナルスクールを比較してみよう!

2017年10月03日(火)

近年フィリピンの小学校に子どもを入学させたいという日本人の親御さんが増えつつあります。親御さんのセブ駐在のためにセブに移住するご家族や、子どもの英語教育のために親御さんが日本のお仕事を辞めてセブに移住するご家族など、理由は様々です。

日本でも小学校で英語教育が必須となっており、子どもをもつ親御さんの英語教育への関心が高まってきているのも理由の1つでしょう。

またセブ島の語学学校では幼稚園から中学生の子どもと親御さんを対象とした、親子留学も人気が高まってきています。主催の語学学校によっては、英語プラスαのプログラムを提供しているところもあります。

やはり英語を日常的に話す環境に子どもを長期で身を置きたいと考える親御さんもいらっしゃいます。フィリピンでは学校の授業は国語以外全て英語で教えられているため、英語を身につけるにはとても適した環境だと言うことができるでしょう。

セブで子どもを小学校に通わせるとすれば、どこが良いのでしょうか?セブのいくつかの小学校と仕事で深く関わってきた筆者の目線から、小学校を比較してみたいと思います。

マクタン空港からタクシーで約5分!!本格的日本料理レストラン「TANE」を見てみよう

2017年08月23日(水)

マクタン空港からタクシーで約5分ほどの場所にある最初のショッピングエリアがマリーナモールです。昨年、このマリーナモールの目の前に新しく 「Island Central Mactan」がグランドオープンしました。 こちらのモールがオープンしたことで、今まで薄暗く、治安も悪そうな雰囲気があったマリーナモール周辺も、夜でも明るくなり、観光客も安心して出歩ける雰囲気の場所へと変わってきたような気がします。 そんな新しくできたIsland Central Mactanの中に店舗を構えるのが今回ご紹介する日本料理レストラン「TANE」です。留学や仕事などで長く海外に滞在していると、どうしても日本食が恋しくなります。筆者もその一人です。笑 今回噂を聞いたので早速その味を確かめに行ってきました!!

フィリピンカジノ(PAGCOR)で楽しむために知っておくべき特別ルール

2017年08月16日(水)

フィリピンのカジノといえば、PAGCOR系列が有名です。PAGCORカジノはフィリピン政府が運営している公営カジノです。ウォーターフロントホテルなどに入るカジノなど、特にセブ島の代表的なカジノはPAGCORであることが多くあります。

PAGCORカジノは他国のカジノと比較すると、 低レートから遊べるため、安心してプレイできます。また、観光客だけではなく、地元人も多く利用していて笑い声の絶えないアットホームな雰囲気があり、初めての方や初心者でも楽しむことができます。

一方で、PAGCORカジノのテーブルゲームは基本は同じでも細かいところでPAGCORならではの特別ルールがあることがあり、カジノ経験者でも困惑することがあるようです。今回はカジノ初心者の方はもちろん、経験者の方まで、PAGCORカジノで遊ぶ前に知っておくと役に立つ、ルールについてご紹介します。

セブ島旅行で約立つ最強スマホアプリ5選!!

2017年08月09日(水)

今年もお盆の時期がやってきましたね。この機会に海外旅行に出かけようとお考えの方も多いのではないでしょうか?

海外旅行に行く際にさまざま準備するものがあるとは思いますが、便利アプリケーションはチェックしておきましょう。最近はスマートフォンの技術が急速に発展し、それにしたがって便利なアプリが多々登場してきました。

そんなスマートフォンのアプリケーション。特に慣れない海外の地では、その実力を遺憾なく発揮してくれます。これを知っていると知らないとでは、旅中の過ごし方が大きく変わるかもしれません。

今回は、特にセブ島へ渡航をお考えの方に向けて、実際にセブ島に住む筆者が活用している「これを入れておくと便利!!」というスマートフォンのおすすめアプリケーションを紹介します。

ホテル敷地内全面禁煙!?セブ島ホテルの喫煙ルールをチェックしよう

2017年08月02日(水)

フィリピン現大統領ドゥテルテ氏の公約の一つになっている大統領令(喫煙規制)が7/23より施行されました。 今回の規制は公共の場での喫煙を全面禁止するというものです。
この規制はホテルやレストランも対象となっており、基本的に人が集まる全ての場所が対象となっているようです。
ホテルにおいては7/23以降続々と喫煙のルールの見直しています。
今回は8/2現在におけるセブ島の主要ホテルの最新喫煙ルールをご案内します。

罰金を設けているホテルや、敷地内全面禁煙とするホテルもあるので、特に愛煙家の皆様に関しては、ホテル選びの前にチェックいただくことをおすすめします。

庶民に欠かせないサリサリストアとはどんなお店!?

2017年07月26日(水)

セブ島に来ると売店のような小さなお店がたくさんあることに気づきます。これらはサリサリストアと呼ばれています。サリサリとは直訳すると「さまざまな」という意味で、日本語にするなら「何でも屋さん」といったところではないでしょうか。

最近ではセブンイレブンなどのコンビニエンスストアも増えきて、サリサリストアの需要も減っているように思えますが、いずれとして減らないこのサリサリストア。庶民にとって一体どのような役割をしているのでしょうか。今回は庶民に欠かせないサリサリストアについて、調査してみました!!

マクタン島でカジノが楽しめる!!最大級の総合型リゾート施設がマクタン島にオープン!?

2017年06月28日(水)

観光地として名高いフィリピンのマクタン島に、カジノを含めた統合型リゾート施設(IR)が建設されることが具体的に決まったようです。

無事に完成すると首都マニラ以外では初のIR誕生となり、現在凄まじい勢いで成長を続けるフィリピンのカジノ産業を更に加速させる存在となりそうです。

今回はそんな観光市場にも大きく影響を及ぼすと思われるIR、名称「ラプラプ・レジャー・マクタン」とフィリピンのカジノ事情について少し見てみることにしましょう。

セールありで今がチャンス!?セブパシフィックが今熱い!

2017年06月21日(水)

フィリピンのセブ島やマニラを拠点としている格安航空会社(LCC)のセブパシフィック航空。 日本の成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港にも就航しているため、旅行費用や留学費用を抑えたいと人たちの強い味方となってきました。

2016年度に参入したバニラエアの影響で、その存在を心配されていましたが、意外や意外順調に業績を伸ばしているようです。

最近になり、国内路線の新たに開設も行われ、今月はセールを行うなど、実は最近とても「熱い」のがセブパシフィック航空です。そんな最近のセブパシフィックの状況を少しばかりチェックしてみましょう。

カテゴリ一覧