アジア初の航空会社「フィリピン航空」で行く!ワンランク上の空の旅 ビジネスクラス体験記

セブ王リピーター様特典!旅行代金2,000円割引!

詳しくはこちら
  1. ホーム > 
  2. アジア初の航空会社「フィリピン航空」で行く!ワンランク上の空の旅 ビジネスクラス体験記

ワンランク上の空の旅ビジネスクラス体験記(マブハイクラス)

アジア初の航空会社「フィリピン航空」で行く!

  • ビジネスクラス体験記 イメージ写真1
  • ビジネスクラス体験記 イメージ写真2
  • ビジネスクラス体験記 イメージ写真3

フィリピンの心でおもてなし(Heart of the Filipino)!をキャッチフレーズに今年で創業75 年を迎えるフィリピン航空。 日本のナショナルフラッグの創業が1951年、その10年前の1941年にフィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアとして設立されました。陽気で明るいキャビンアテンダントの快適なおもてなしが評判のフィリピン航空。とりわけ座席数18席*に対し、乗務員が3 名アテンドする「ビジネスクラス(マブハイクラス)」はかゆい所に手が届くほどのおもてなしぶりが魅力です。また成田-マニラ線は2 年前に導入されたA330-300となり、180度フルフラットになりました。
お手頃な代金でビジネスクラスが体験できるのもフィリピン航空ならでは。マニラへの空の旅を変えてみませんか。
A330-300 の場合

CHECK IN チェックイン

  • チェックイン イメージ写真1
  • チェックイン イメージ写真2
  • チェックイン イメージ写真3
  • チェックイン イメージ写真4

並ばずにスムーズにチェックイン

Business Class の看板を目印に空港内を進んで行き、カウンター前にレッドカーペットが敷かれているのが「ビジネスクラス専用のチェックインカウンター」です。エコノミークラスは長蛇の列ですが、ビジネスクラスは待つこともなくチェックインもあっという間。何かときぜわしい出国までの時間。チェックインがスムーズだと時間が有効に使えます。またビジネスクラスならご希望の(窓側か通路側か、前方か後方か)座席のリクエストも受け付けてくれるのも嬉しいポイントです。
ご希望に添えない場合もございます。

BUSINESS CLASS LOUNGE ビジネスクラスラウンジ

  • ビジネスクラスラウンジ イメージ写真1
  • ビジネスクラスラウンジ イメージ写真2
  • ビジネスクラスラウンジ イメージ写真3
  • ビジネスクラスラウンジ イメージ写真4

出発ギリギリまでビジネスクラスの
ラウンジで優雅に過ごす

マニラ、セブ空港ともにフィリピン航空ビジネスクラス専用ラウンジ「マブハイ・ラウンジ」が設けられており、ビジネスクラスをご利用のお客さまは出発ギリギリまで専用ラウンジで優雅に快適にお過ごしいただけます。特にマニラ空港の「マブハイ・ラウンジ」は3 年前に改装され、ヌードルやハンバーガー、飲茶、フレッシュなマンゴーやパイナップル、パパイヤなどバラエティ豊かな食事や飲み物(ソフトドリンク&アルコール)が充実!ラウンジ内には各種カクテルを作ってくれる専用コーナーも併設されています。

PRE BOARDING 優先搭乗

優先搭乗イメージ写真

待ち時間ほぼ0分で機内へ優先搭乗

ちょっと優越感を味わえるのが、ビジネスクラス優先搭乗。アナウンスに従って●小さなお子様連れの方&妊婦さん→●ビジネスクラス→●エコノミークラスの順番で呼ばれるので、エコノミークラス利用時のようにズラっと並ぶ必要がありません。優先的に搭乗できるので機内ではのんびり寛いだり、ウエルカムドリンクを楽しんだりとひと足お先にリラックスできるのも魅力です。

進化したビジネスクラスの座席は斬新設計!

SEAT 座席


機内には
Wi-Fiが整備されており、
ビジネスクラス利用のお客さまには
タブレットが貸し出されます。
機内に着いてすぐ専用アプリ
「mypal player」を
ダウンロードしておけば
機内でエンターテイメントも
楽しみ放題です。

wifiイメージ
優先搭乗イメージ写真

A330 のビジネスクラスが刷新され、限られた機内のスペースを有効活用し、180 度のフルフラットのベッドになりました。シートはフランスSogerma 社製のEquinox 3Dを導入。シートは隣の座席と向かうようなV 字型に配置、フルフラットにした際に窓側の座席は肘掛けの高さに、通路側の座席は床上の高さでフルフラットになります。シートには、電源コンセント、USB ポート、パーソナル読書灯がついています。

シート情報 A330-300 A320-100
座席数 18席 12席
座席配列 2-2-2 2-2
シートピッチ 150cm 94cm
リクライニング 180度 非公開
無料受託荷物 1個32kg×2 1個32kg×2
  • 座席イメージ写真1

    ベージュを基調したインテリアと革張りのシートが上品。隣の座席と向かうかうようなV 字型の設計です。

  • 座席イメージ写真2

    座席の前の足置きスペース。フルフラットにすると隣の座席と段差ができるEquinox 3Dを導入しています。

  • 座席イメージ写真3

    シートサイドのコントロールパネル。ボタンひとつで全長180 センチを超えるフルフラットベッドになります。

  • 座席イメージ写真4

    約5 時間の飛行時間もあっという間。シート幅も約60 センチと男性でもゆとりの広さです。

MEAL 食事

  • 食事 イメージ写真1
  • 食事 イメージ写真2
  • 食事 イメージ写真3
  • 食事 イメージ写真4

10人のマスターシェフが料理を監修

フィリピン航空のビジネスクラスの機内食を監修するのは各料理界を代表する有名シェフばかり。そのチーフとなるのがニューヨークにあるミシュランを獲得したレストランシェフであり、トップシェフ・コンペティションの国際審議委員も務める「Peter De Vito」。彼を中心に10 人のマスターシェフが機内食を監修しています。
ちなみに和食はマカティ・シャングリラの日本料理エグゼクティブシェフを務める「氷川渡」、中華料理は同じくシャングリラ・マカティ中華料理のスーシェフ「Ben Lam」、創作フィリピン料理は料理研究家「MyrnaSegismundo」が監修するなど、そうそうたるメンバーがビジネスクラスの機内食のメニューづくりに携わっています。

MENU マニラ-成田間

洋食/フィリピン料理
前菜 ブルーム・リム氏監修
●生姜風味のチキンテリーヌ
●海老風味のヴィネグレットをマンゴーボードに乗せて
パン
●カイザーロール ●マルチグレインロール
●オリーブハーグ ●フォッカチャ
メイン
(洋食)フェルナンド・アラカマ氏監修
●牛ショートリブ蒸し煮
エシャロット風味のブラウンソース
(フィリピン料理)
●豚肉のバゴオン煮 海老のペーストを煮詰めたソースと
スパイスで煮込んだ豚肉 グリーンマンゴソース
デザート フェルナンド・アラカマ氏監修
●ココナッツパンナコッタとタピオカ ココナッツ風味の
クリーミープディング タピオカのキャラメルソースがけ
 
和食 全て氷川渡氏監修
前菜 牛肉アスパラガス巻きのグリル
小鉢 蕎麦
お椀 銀鱈の焼き物 うにご飯
漬物 甘味

メニューは2016年12月現在のものです。
予告なく変更になる場合がございます

WINE LIST

Campagne
charles hedidsieck brut reserve
origin:reims,france
grape variety: ピノノワール、
ピノmeunier, シャルドネ
White wine
beringer beringer2014
origin: カリフォルニア
grape variety: シャルドネ
hardy' s stamp2015
origin: 南オーストラリア
grape variety: リスニング、gewurztraminer
シャトーグランデmoulin2011
origin: フランス・ブルゴーニュ地方
grape variety: ソヴィニオンブラン、ソーヴィニオンgris
Red wine
rosin' s retreat
rawson' s retreat2015
origin: 南オーストラリア
grape variety: シラーズ、カベルネソーヴィニオン
chateau haut sociondo
シャトーhaut sosiondo2014
origin::フランス・ブルゴーニュ
grape variety: メロー、カベルネソーヴィニオン
chateau haut rozier2014
origin: フランス・ボルドー
grape variety: メルロー、カベルネソーヴィニオン・
カベルネフラン

TOPへ

東京支店:03-3526-7090 名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318