ボホール研修レポート【ホテル編】ぜひ泊まってほしいホテルがいっぱい!人気ポイントをまとめてご紹介

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら
  1. ホーム > 
  2. スタッフ研修レポート > 
  3. ボホール研修レポート【ホテル編】ぜひ泊まってほしいホテルがいっぱい!人気ポイントをまとめてご紹介

スタッフ研修レポート

 
 

ボホール研修レポート【ホテル編】
ぜひ泊まってほしいホテルがいっぱい!
人気ポイントをまとめてご紹介

大阪支店(SK)

 

リゾート滞在で重要なのは観光のほかにホテルが挙げられます。
今回ご紹介のホテル含め、多くのホテルが立ち並ぶのはボホール島と橋でつながったパングラオ島側となります。
島内有数のアロナビーチ周辺にはホテルやダイビングショップ、レストランなどの施設が建ち並んでるエリアとなります。


*** ボホールビーチクラブ ***

今回ボホールビーチクラブへは宿泊をさせて頂きました。日本人ゲストリレーション常駐で、案内書面なども日本語が充実しています。初めての方でも安心して滞在できるホテルです。
ダイビングショップ併設でマリンアクティビティもホテルで参加ができます。人気はオスロブのジンベイザメウォッチングツアー。
セブのイメージが強いですが、ボホールの方がボート行くので移動の所要時間が短く済むのだそうです。

ボホール ホテル ボホールビーチクラブ デラックスルーム

お部屋はデラックスルーム80部屋とスイートが8部屋あります。今回のお部屋はデラックスルームになります。
バスタブなしのシャワーのみお部屋ですが、特に不便は感じませんでした。
クイーンサイズとシングルサイズベッドの2台があるツインお部屋になります。


ボホール ホテル ボホールビーチクラブ バスルーム

スイートタイプのお部屋にはバスタブがあります。またダブルシンクということもあり、バスルーム自体は広々とした印象となります。
女性同士などで身支度の際に場所の取り合いなんてことにはなりません。
さらにコーヒーメーカーが利用頂けるので、お部屋の設備がより充実したお部屋となります。


ボホール ホテル ボホールビーチクラブ プール

プールは子ども用と大きなプールと2種類あります。
周りにデイベッドもあるので、遊んだり休憩したり思い思いの時間を過ごすことができます。
シャワールームもそばにあるので、海から帰ったあとやプールあとにお部屋に帰る前に洗い流すことができるのはうれしいですね。


ボホール ホテル ボホールビーチクラブ レストラン

朝食会場となるレストランです。オープンエアーになっているので開放感バッチリ。
ビュッフェスタイルでの朝食になります。洋食からフィリッピン料理、パンの種類が豊富でした。
またフィリピンならではパイナップルやスイカの果物がとっても甘くておいしかったです。


ボホール ホテル ボホールビーチクラブ 目の前のビーチ

別日に晴れた日に写真ですが、朝食会場からは目の前にビーチが広がりオーシャンビューの眺めで優雅な朝を迎えることができます。ディナー時にはこちらの芝生のところでファイヤーダンスやバンブーダンスなど日替わりで伝統ダンスショーを見ながらの
お食事もオススメです。


ボホール ホテル ボホールビーチクラブ 建物外観

建物外観ですが2階建ての建物となります。
現在は2つのカテゴリーしかありませんが、新しいグリーンフレンドルームという新カテゴリーを来年に向けて改装中だそうです。
こちらは近年ボホールで高まっているエコ意識に特化したお部屋になるそうです。
多くのホテルで取り入れられているマイボトル(ペットボトルではなく瓶での提供)やプラスティックはないエコストローを
導入する予定です。




*** サウスパームスリゾート ***

ボホールビーチクラブに隣接したホテルです。
同じく穏やかな海が目の前に広がり、多くの木々に囲まれたホテルは自然の中に囲まれた雰囲気を味わうことができます。

ボホール ホテル サウスパームスリゾート

フロントを中心にの西と東へホテル棟が連なっています。
萱葺きの屋根とヤシの木はリゾート感があふれる雰囲気満載のホテルです。
今回はデラックスカテゴリーが満室のため視察ができなかったのですが、ヴィラタイプのお部屋を案内して頂けました。


ボホール ホテル サウスパームスリゾート パングラオヴィラ

パングラオヴィラは2ベッドルームタイプでキングサイズとツインサイズとの2部屋になります。
各ベッドにタオルモチーフが飾られていてかわいらしくセッティングされています。


ボホール ホテル サウスパームスリゾート リビングルーム

リビングルームから外に出るとジャグジーに直結しています。
またお部屋やジャグジーからはオーシャンビューの眺めをお楽しみ頂けます。
プライベート感を味わえるのでカップルやハネムナーの方にぜひおすすめしたいお部屋です。


ボホール ホテル サウスパームスリゾート パームザスパ

こちらはパームザスパでスパ施設なります。驚いたのが、全室屋外での施術だというところです。
ビーチ沿いに並ぶスパルームからは目の前に海が広がっています。
ホテルの木々に囲まれ、波の音を聞きながらのスパは究極の癒しです。


ボホール ホテル サウスパームスリゾート EASTプール
【ホテル棟に囲まれたEASTプール】

ボホール ホテル サウスパームスリゾート COASTプール
【リゾートの中央に位置するCOASTプール】

プールはフロント前のオーシャンビューのCOASTプールとEASTプールの2か所あります。
それぞれにプールバーが併設されており、プールサイドでもリゾート気分を高めてくれます。
大きさはそこまで広くはありませんが、海遊びと交互に利用するのもいいかもしれませんね。




*** アモリタリゾート ***

今回視察をした中で大人な雰囲気あふれるリゾートだと感じたのはこちらのアモリタリゾートです。
全体的にモダンな造りになっており、客層もファミリーというよりはカップルの方などが多い印象を受けました。

ボホール ホテル アモリタリゾート デラックスルーム

デラックスルームにはバスタブはありません。室内も落ち着いた色合いでシンプルな造りになっています。
ミニバーのお飲み物はすべてのカテゴリーでフリーだそうです。眺望はガーデンビューとなります。
洗面台の横がカウンターのようになっており、仕切りがないので、広々とした印象を受けます。


ボホール ホテル アモリタリゾート シンク

ジュニアスイートのお部屋のシンクは先ほどのデラックスとは少し違う形で木のぬくもりを感じるつくりとなっております。
こちらも網目の壁で仕切られていますが圧迫感を感じさせない造りとなっています。


ボホール ホテル アモリタリゾート プールヴィラ

こちらのホテルでとても素敵なお部屋だと感じたのがこちらのプールヴィラとなります。
大きなキングサイズベッドがあり、バスルームなどは壁の反対側に備えられています。
なんといってこの部屋の売りはこちら↓

ボホール ホテル アモリタリゾート プライベートプール

プライバシーもしっかり守られたプライベートプールです。大きなデイベッドが反対側にももう一つあります。
プールも写真では分かりづらいですが、倍ほどの長さがあります。
端から端までひと泳ぎできてしまいそうくらい広いプールが魅力的です。


ボホール ホテル アモリタリゾート メインプール

メインプールは深さが違うプールが2種類とインフィニティプールの計3か所あります。
子プールサイドのデイベッドからは海を眺めることもできます。訪れたのが夕方だったので、ちょうどサンセットを見ることができました。


ボホール ホテル アモリタリゾート リゾートからの眺めは

ホボール有数のビーチアロナビーチの高台に位置しているので、リゾートからの眺めは抜群です。プールバーやレストラン、インフィニティプールから楽しめる景色となりますので、ぜひ訪れた際にはご覧頂きたい場所の一つです。




*** ベルビューリゾート ***

こちらのホテルは2012年オープンしたボホールの中で比較的新しいホテルです。
日本人スタッフ常駐で言葉の面や滞在中のこともしっかりサポートして頂けます。
リゾートはビルディングタイプで青を基調とし海と空とマッチしたスタイリッシュな雰囲気があります。

ボホール ホテル ベルビューリゾート 最上階からの眺め

最上階からの眺めはリゾート内やプール、ビーチ、海が一度に見渡せます。
軽く弧を描いたL時型になっているので、海側のお部屋はオーシャンビュー、反対側はガーデンビューということでカテゴリー分けがなされています。海側であればバルコニーでくつろぎながらこの景色をみるのもおすすめです。


ボホール ホテル ベルビューリゾート デラックスルーム

デラックスルームのお部屋になります。お部屋はモダンの雰囲気がある造りになっており、落ち着いた色でまとめられています。
こちらのホテルもタオルモチーフが各ベッドに乗せられており、お部屋に入ったときに出迎えてくれます。


ボホール ホテル ベルビューリゾート ネラルウォーター

別ホテルでも記載しましたが近年のエコ意識の向上により、ミネラルウォーターは今までのペットボテルから瓶でのボトル提供になっています。こちらは飲み切った場合は依頼すれば追加補充をして頂けます。こちらはスイートカテゴリーの一例ですが、デラックスに追加で用意されるコーヒーマシーンのドリンクの種類はカテゴリが上がるにつれて種類が豊富になります。


ボホール ホテル ベルビューリゾート プレジデンタルスイート

今回視察した中で一番上のプレジデンタルスイートはリビングはもちろんのことダイニングテーブルやキッチンまで完備されたお部屋になっています。2ベッドルームタイプのお部屋で友達同士のグループやファミリーなど大人数に対応したカテゴリーになっています。
簡単な調理もできるので、長期滞在する場合などにもお勧めしたいお部屋です。


ボホール ホテル ベルビューリゾート 夜

すっかり夜の雰囲気ある写真ですが、大きなインフィニティプールから海を眺めるのがオススメの過ごし方です。
もう少し夜が更けるとプールのライトアップもされそうなのですが、これはまだ電気がつく前で残念・・・
リゾートの向きとしてサンセットは見えないそうなのですが、早起きした場合はサンライズが見ることができるそうです。


ボホール ホテル ベルビューリゾート キッズクラブ

またベルビューホテルはファミリー層にも人気のホテルで、キッズクラブやアクティビティが充実しています。
他にもDVD鑑賞、テレビゲームコーナーや卓球台、テーブルサッカーなどもあり飽きない空間になっています。
こちらでお子様も楽しめて、大人の方はプールやスパでゆっくりお過ごしいただけます。



*** まとめ ***

今回は以上のホテルを視察させて頂きました。いずれも静かでゆったりとした雰囲気があり、ゆっくり過ごすのも良し、海やプールでアクティビティを楽しむのも良しの様々なスタイルや年齢のニーズに対応できるホテルでした。
ボホールならではの自然も楽しみつつ、現実から離れて時間を忘れてゆっくり過ごすのに向いている場所だと感じました。
観光スポットもたくさんある見どころ満載のボホール島。
ぜひ日帰りではなく宿泊滞在で満喫して頂きたいフィリピンのリゾートを皆様におすすめさせて頂きたいです。



≫ボホール島研修レポート【観光編】 はこちらから


 

ページトップ

東京支店:03-3526-7090 名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク