1. ホーム > 
  2. スタッフ研修レポート > 
  3. セブ研修レポート 2016年6月 マニラ・イロコス

スタッフ研修レポート

 
 

セブ研修レポート 2016年6月 マニラ・イロコス

大阪支店(TK)

 

6月21日より5泊6日でフィリピンのマニラとイロコスに研修に行ってまいりました。


*1日目*

20:40セブパシフィック航空827便に乗り約4時間、航路マニラへ。
LCCの為、機内は3席、3席の並びで、モニターや機内食などはありませんでした。
夜のフライトの為、寝ていたらあっという間に到着していました。

マニラ到着後、空港を簡単に見学させていただきました。
深夜でも乗継便を待っている人などで空港内は賑やかでした。
スパやカプセルホテル、フードコートなどもあり時間を潰すのには問題ないと感じました。

1泊目の宿泊ホテルアスコットマカティへ。
飛行機の到着が少し遅れたこともあり、チェックインが終わったのは深夜1時半過ぎでした。

時差は1時間で、日本より1時間遅れです。


【アスコットマカティ】

ホテルの隣には大きなショッピングモールなどがあり、とても立地の良いホテルでした。
お部屋は1ベッドルームのお部屋や、2ベッドルームのお部屋などがあり、キッチンやリビング、洗濯機などもあり、滞在の短い観光客向けではなく、長期滞在の方向けのホテルだと感じました。

マニラ・イロコス アスコットマカティの画像1 マニラ・イロコス アスコットマカティの画像2

マニラ・イロコス アスコットマカティの画像3 マニラ・イロコス アスコットマカティの画像4



*2日目*

午前中はマカティの街を散策しました。
「グロリエッタ」「グリーンベルト」などの大きなショッピングモールやおしゃれなお店、レストランも沢山ありとても近代的な街並みでした。
ショッピングモールに入るときは必ず入り口にセキュリティーが立っており、荷物の簡単な検査があります。

マニラ・イロコス マカティの街の画像1 マニラ・イロコス マカティの街の画像2

昼食は「CASA ARMAS」というスペイン料理を頂きました。
フィリピンは昔、スペインに統治されていたこともあり、本格的なスペイン料理はとても美味しくいただくことができました。

マニラ・イロコス CASA ARMASの画像1 マニラ・イロコス CASA ARMASの画像2

午後はボニファシオという街にある「マーケット!マーケット!」というショッピングモールへ行きました。
平日の昼間なのに人で賑わっており、マカティのショッピングモールよりも庶民的な印象を受けました。
夕方になると、仕事終わりや学校終わりの人も来て、ショッピングモール内はさらに賑わうようです。

マニラ・イロコス ショッピングモール「マーケット!マーケット!」の画像1 マニラ・イロコス ショッピングモール「マーケット!マーケット!」の画像2

その後、NAIAターミナル4へ。
中はあまり広くなく、お店もほとんどありませんでした。

マニラ・イロコス NAIAターミナル4の画像1 マニラ・イロコス NAIAターミナル4の画像2

DG6004便で航路ラオアグ空港へ。
到着が夕方だったため、空港から見える夕焼けがとてもきれいでした。
こちらの空港もお店などはなく、とてもこぢんまりした空港でした。

マニラ・イロコス ラオアグ空港の画像1 マニラ・イロコス ラオアグ空港の画像2

マニラ・イロコス ラオアグ空港の画像3 マニラ・イロコス ラオアグ空港の画像4

到着後、車で約30分のところにある、フォートイロコンディアリゾートホテルへ。
この日から2泊させていただきました。


【フォートイロコンディアリゾートホテルへ】

宿泊客のほとんどが中国の方というこちらのホテルは、敷地内のいたるところに中国語の案内があり、朝食も中華風の味付けのものが多かったです。
私が宿泊した時も、ほとんどの利用客が中国の方でした。

敷地内にはカジノやゴルフの練習場、プールやジムなど沢山の施設がありました。

マニラ・イロコス フォートイロコンディアリゾートホテルの画像1 マニラ・イロコス フォートイロコンディアリゾートホテルの画像2

マニラ・イロコス フォートイロコンディアリゾートホテルの画像3 マニラ・イロコス フォートイロコンディアリゾートホテルの画像4



*3日目*

この日から2日間、イロコス州の観光地を視察させていただきました。

朝、バスに乗り約3時間。ヴィタリスリゾート&スパを見学させていただきました。


【ヴィタリスリゾート&スパ】

ヴィラタイプのお部屋と、ホテル棟タイプのお部屋がありました。
今回見学させていただいたヴィラタイプのお部屋はまだ一部工事中でしたが、出来上がっているお部屋にはすでに宿泊客もいました。ヨーロッパの地中海のような雰囲気で、敷地内には教会もあり、結婚式などもできるそうです。

ホテル棟の敷地内にあるレストランで、昼食を頂きました。
フィリピンの伝統料理で、バナナの葉っぱの上に、お米やお魚やお肉、野菜など沢山の具材がのっており、手で混ぜて食べます。初めて手で食事をとったのですが、ぽろぽろとこぼれてしまい難しかったです。現地の方は上手にきれいに食べておられました。
ホテルの目の前が海なので、とてもリゾート感のあるホテルでした。

マニラ・イロコス ヴィタリスリゾート&スパの画像1 マニラ・イロコス ヴィタリスリゾート&スパの画像2

マニラ・イロコス ヴィタリスリゾート&スパの画像3 マニラ・イロコス ヴィタリスリゾート&スパの画像4


【サンタマリア教会】

ヴィタリスリゾート&スパを出て、車で約10分の街が見渡せる高台にあり、世界遺産に登録されております。壁には大きな聖母マリアの絵があり、珍しい教会でした。

マニラ・イロコス サンタマリア教会の画像1 マニラ・イロコス サンタマリア教会の画像2

マニラ・イロコス サンタマリア教会の画像3 マニラ・イロコス サンタマリア教会の画像4


【ビガン地区】

街全体が世界遺産のビガンは、スペイン統治時代のころのまま、現在まで守られてきた街です。
馬車がたくさん走っており、いたるところでヨーロッパの雰囲気を感じました。
ビガンには、美術館や教会、お土産屋さんなどがあり観光客も多かったです。
広場で売っていた揚げ春巻きのような食べ物もとても美味しかったです。

マニラ・イロコス ビガン地区の画像1 マニラ・イロコス ビガン地区の画像2

マニラ・イロコス ビガン地区の画像3 マニラ・イロコス ビガン地区の画像4


【ホテル ルナ】

ビガンにあるホテルルナを見学させていただきました。
このホテルにはたくさんの絵画があり、美術館のようなホテルでした。
立地もメイン通りの裏にあるので、とても便利な場所にあります。
たまに日本人の利用客もいらっしゃるようです。

マニラ・イロコス ホテル ルナの画像1 マニラ・イロコス ホテル ルナの画像2

マニラ・イロコス ホテル ルナの画像3 マニラ・イロコス ホテル ルナの画像4

日が暮れて、夕方に降っていた雨が上がったあとのビガンの街並みは、とてもきれいで見とれてしまうほどでした。

マニラ・イロコス ホテル ルナの画像5 マニラ・イロコス ホテル ルナの画像6



*4日目*

朝早くから、サンドボードに参加させていただきました。
お昼間は、砂漠が熱くなりすぎるので時間帯は朝がお勧めのようです。
車の後ろに立って乗り、砂漠を爆走したり、砂の上を板をしいて滑ったり、スリルがありとても気持ちよかったです。楽しんでいる様子を沢山写真でとってくれる方がいて、その写真を後で購入することもできます。

マニラ・イロコス サンドボードの画像1 マニラ・イロコス サンドボードの画像2

その後、一度ホテルへ戻りチェックアウトを済ませマルコスミュージアムへ。


【マルコスミュージアム】

フィリピン国民からの人気が高い元大統領マルコスの博物館へ行ってまいりました。
中には、マルコスの幼少期からの記録が展示物とともに紹介されておりました。また、別館にはマルコスの冷蔵遺体が安置されており、観光客でも見学することができました。

マニラ・イロコス マルコスミュージアムの画像1 マニラ・イロコス マルコスミュージアムの画像2 マニラ・イロコス マルコスミュージアムの画像3

昼食はJAVAホテルのレストランでいただきました。
日本料理風の味付けで、てんぷらやお味噌汁のようなものもあり、美味しくいただくことができました。

マニラ・イロコス JAVAホテルのレストランの画像1 マニラ・イロコス JAVAホテルのレストランの画像2

その後少し車で移動し、パオアイ教会とマルコスの別荘も見学しました。


【パオアイ教会】

こちらも世界遺産に登録されている教会です。
バロック様式の教会で、加工珊瑚とレンガで作られており、とても重厚感がありますが、屋根だけがトタン屋根になっていました。
大きく広い教会はとても存在感があり、圧倒されました。

マニラ・イロコス パオアイ教会の画像1 マニラ・イロコス パオアイ教会の画像2


【北のマラカニア宮殿】

元大統領マルコスが実際に使っていた別荘です。昔の寝室やお風呂などが当時のまま展示されていました。近くには広い湖があり、この敷地内で結婚式を挙げる方もいるそうです。

マニラ・イロコス 北のマラカニア宮殿の画像1 マニラ・イロコス 北のマラカニア宮殿の画像2

空港へ行き、DG6005便で航路マニラへ。

この日はデュシタニホテルへ宿泊しました。


【デュシタニホテル】

タイ系列のホテルで、ロビーからとても豪華な雰囲気がありました。
昔からあるホテルですが、お部屋も改装済だったため、とても清潔感がありきれいなお部屋でした。
マカティ地区にあり、ショッピングモールにもすぐ行ける場所にあるので立地もとてもよく、日本食レストランや辛さの調節ができるタイ料理レストランもあるので、日本人の方にも便利で使いやすいホテルだと思います。

マニラ・イロコス デュシタニホテルの画像1 マニラ・イロコス デュシタニホテルの画像2

マニラ・イロコス デュシタニホテルの画像3 マニラ・イロコス デュシタニホテルの画像4



*5日目*

朝食後、マニラの市内観光へ行きました。


【サンチャゴ要塞】

16 世紀に建設されたサンチャゴ要塞は、スペイン占領時代の面影がそのまま残っており、当時の歴史がわかるビデオを見た後、要塞内を見学しました。
建物には当時の弾丸の跡がそのまま残っていたり、フィリピン独立運動に立ち上がったホセ リサールの博物館があったりと、フィリピンの歴史を学ぶことができました。

マニラ・イロコス サンチャゴ要塞の画像1 マニラ・イロコス サンチャゴ要塞の画像2

マニラ・イロコス サンチャゴ要塞の画像3 マニラ・イロコス サンチャゴ要塞の画像4


【サン・オーガスチン教会】

およそ400年前に建てられた石造りの教会です。中は一部が博物館やお墓のお部屋になっており、絵画や礼拝に使用する品々が展示されていました。
見学客も多く、この日は午後から結婚式も行われるようでした。

マニラ・イロコス サン・オーガスチン教会の画像1 マニラ・イロコス サン・オーガスチン教会の画像2

マニラ・イロコス サン・オーガスチン教会の画像3 マニラ・イロコス サン・オーガスチン教会の画像4


【カーサマニラ】

スペイン時代の貴族の館で、中は撮影禁止でしたが、その当時に使われていた家具や調理道具などが展示されており、当時の生活を感じることができました。

マニラ・イロコス カーサマニラの画像1 マニラ・イロコス カーサマニラの画像2

昼食は少し車で移動したSeaside Macapagalという市場にある、シーフード料理を頂きました。新鮮で大きなエビや貝などのメニューで、味付けは中華風でした。

マニラ・イロコス カーサマニラの画像3 マニラ・イロコス カーサマニラの画像4

マニラ・イロコス カーサマニラの画像5 マニラ・イロコス カーサマニラの画像6


【ノブホテル】

夕食はノブホテルのレストランでいただきました。日本食の創作料理のレストランで、店内はとても高級感のある雰囲気でした。

また、ホテルの1階には広いカジノがあり、気軽に入ることができました。

マニラ・イロコス ノブホテルの画像1 マニラ・イロコス ノブホテルの画像2

マニラ・イロコス ノブホテルの画像3 マニラ・イロコス ノブホテルの画像4



*6日目*

お昼前にNAIAターミナル3へ。
お店やフードコートなどがたくさんあり、空港利用者でとてもにぎわっていました。出国手続きの後も、少しですが免税店やお土産屋さん、売店などもあり出発までに時間を潰すことができました。

マニラ・イロコス NAIAターミナル3の画像1 マニラ・イロコス NAIAターミナル3の画像2

15:05発、セブパシフィック航空828便で航路関西空港へ。
帰りは機内食を頂きました。簡単な食事ですが4種類ほどあり熱々の状態で提供されました。

マニラ・イロコス 機内食の画像1 マニラ・イロコス 機内食の画像2

20:00過ぎに関空に到着後、解散。



今回の研修では、フィリピンの歴史を学ぶことが多く、今まであまり関心のなかったことにも興味を持つことができました。また、なかなか行く機会のないイロコス州へも行かせていただき、とても貴重な体験をさせていただくことができました。
マニラは怖いという勝手なイメージがあったのですが、街並みも近代的なところが多く、イメージも改善されました。
今後はこの経験を活かし、マニラをご検討されているお客様へ案内していきたいと思います。
貴重な機会を頂きありがとうございました。


 

ページトップ

東京支店:03-3526-7090 名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318