[マニラネタ]マニラのとあるプロジェクトをチェックしてみよう!

今まさに急成長を遂げているフィリピンの首都マニラ。エンターテイメントシティにはカジノホテルが立ち並び、ボニファシオグローバルシティは多くの海外の有名店が出店してきたりしており、非常に活気があります。コンドミニアムの建設なども盛んでいろんなプロジェクトがマニラで発足し、さらにマニラを発展へと導いています。

先日、筆者はALVEOが企画したプロジェクトのイベントに参加してきました。ALVEOとは、フィリピンの有力な不動産開発会社、Ayala Landの子会社で、1995年に創設されました。当時は別の社名でしたが2008年に現在のALVEOに変更、現在に至るまで多くのプロジェクトを成功させてきています。ちなみにALEVEOは「うまくいく」という意味でラベリ語のSalveoに由来しています。

 

DSC_0376-a

今回ALVEOが企画しているプロジェクトというのはコンドミニアムです。その名も「PORTICO CONDOMINIUM」、場所はSMメガモール近くのオルティガスエリア。マカティやケソン、BGCへ非常にアクセスしやすい場所です。写真のよう2つのタワーからなるコンドミニアムで、すでに1つのタワーはかなり形になってきています。一つ目のタワーは2019年に完成予定でほぼ全室完売済み、そして2つ目のタワーは2023年に完成予定です。隣接する場所には小さなモールも建設するようで、ちょっと何かを買いに行ったり食事に出たりするには非常に便利になります。

 

DSC_0375-a

コンドミニアムの敷地内にはジムやプールが備え付けてあるのはもちろんですが、他のコンドミニアムと異なり、中庭には芝や木などの緑が充実しているオープンスペースを設計予定。家族や仲間で静かにゆっくりできる日本でいう公園のようなスペースが少ないマニラの中で、入居される方にとってはまさにオアシス的な存在となることではないでしょうか。

 

DSC_0366-a

ユニットもスタジオタイプの部屋から1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルームと顧客の要望に応えられるよう様々なタイプの部屋を準備。モデルルームを見学させてもらいましたが、部屋の綺麗さ、豪華さ、広さに圧倒され、買う気は全くないのですが気持ちが高ぶってくるのが感じられます。現在ALVEOは格安で部屋を売り出している最中のようです。数年後には販売額が値上がりしているとも言われているので、物件購入を考えている方はチェックしてみては如何でしょうか。

 

(KEI)

 

 

 

 

カテゴリ一覧