1. ホーム > 
  2. セブ島充実のオプショナルツアー検索 > 
  3. オプショナルツアー完全ガイド 「ボホール島」へ行こう!

旅の思い出をグンと広げる!オプショナルツアー完全ガイド

ボホール島イメージ

セブへ旅したら「ボホール島」へ行こう!

ボホール島ってこんなトコ!

  • ★フィリピンは7107の島があり、10番目に大きいのがボホール島。
  • ★お隣のセブからは高速艇で2時間。
  • ★世界で一番小さいメガネザル「ターシャ」の生息地。
  • ★島の半分は大理石で覆われ、石灰石でできた円錐の山が1268個も並ぶ。
  • ★美しいビーチと世界有数のダイビングスポットが点在。

いざボホール島へ出発〜♪

セブでは味わえない豊かな自然を体験したり、観光もたっぷり満喫できるのがボホール島。その雄大な自然とスペイン統治時代の面影が共存し、ゆったりとした時間が流れるのがボホール島です。セブでは味わえない豊かな自然を体験したり、観光もたっぷり満喫できる注目の島!ボホール島は日帰り観光だけでなく、その美しさに魅せられ宿泊するゲストが年々増えておりダイバーをはじめ、欧米人を中心としたリゾーターたちから高い人気を誇っています。

【スケジュール】

  • 7:30ホテル発

  • 9:30セブ港発

  • 11:30タグビララン港着(ボホール島)

  • 血盟記念碑、バクラヨン教会、ロボック・リバー・クルーズ、「ターシャ」保護センター

  • 18:00タグビララン港発(ボホール島)

  • 20:00セブ港着

  • 20:30ホテル着

眠い目をこすりながらセブ港を出発です。

マサリア写真

セブ伝統のお菓子「マサリア」。ピーナッツとミルクだけを使った素朴なお菓子。1912年〜作られているロングセラー商品です。35ペソ(約70円)

フェリー写真

船は思った以上に大きく座席数257も。セブ島とボホール島まで約2時間の船旅です。船はほとんど揺れないので船酔いが心配な方も安心して移動できます。

ワンポイントアドバイス!

フェリー内写真

冷房が効きすぎる船内では必ず上に羽織るものをご持参ください。カーディガンを着たりストールを頭から被ってちょうどいい位。

フェリー内写真

船内ではミネラルウォーターやスナック菓子、軽食の販売もあり朝ご飯を食べ損ねた人も安心です。

タグビララン(ボホール島)写真

ぐっすり2時間爆睡できるほど船の揺れは最小限!寝ている間にタグビララン(ボホール島)港へ。

観光ガイドさん写真

ボホール島在住の観光ガイドさんがお出迎え。尊敬語、謙譲語までできる日本通なガイドさんが1日案内してくださります。

TOPへ

次へ

ボホール島在住の観光ガイドさんと島内観光へGo〜♪

血盟記念碑

まずはボホール島の歴史が分かる血盟記念碑へ。ここは1565年、スペインの初代総督レガスピとボホール島の酋長シカツナが友好条約を結んだことを記念して作られた記念碑です。お互いの腕に傷をつけ流れ出る血をワインに注ぎ、友好の証としてそれを飲み干すという、ちょっと怖いシーンが記念碑として残されています。

記念碑に近づいてみると英雄達の乾杯シーンがよく分かります。ここから見える海の景色がとても綺麗です。

ボホール島で一番古く、フィリピンでは2番目に古いバクラヨン教会。スペイン統治時代の1595年に建てられ、外観は珊瑚礁を切り出して、それを卵白で固めて作られました。2013年10月15日のボホール島地震、11月8日は台風が上陸しこれにより教会の壁や鐘楼などが被害に遭い現在はところどころ修復が行われています。また細やかな装飾が美しい内部の祭壇や天井画も修復作業中です。

バクラヨン教会

祭壇や天井画を修復するために世界から援助の手が差し伸べられました。修復家もフィリピン人だけではなく外国からも集まってきています。

TOPへ

次へ

緑豊かな川の景色にボホール島の豊かな時間が流れていきます♪

ロボック・リバークルーズ

ボホール島の南部を流れる全長58kmのロボック川。その南国の木々と緑豊かな密林が生い茂るロボック川でクルーズを体験。約40名乗船できる屋形船のような船に乗り、船上に並べられたフィリピン料理をビュッフェ形式で楽しみます。前菜は冷たく、お肉(フライドチキン、ポークBBQなど)やお魚料理(スチームシェル)、スープ(シニガンスープ)はホットウォーマーで保温されているので船の上といえども本格的なランチを堪能できます。(アイスティは無料、アルコールは有料となります)食事が終わる頃に、船が動き出し目の前には密林が広がります。途中、現地の子供たちによるダンスパフォーマンスを見たり(ご希望の方は一緒に踊ることができます)、船内には生ギターによるラブソングが聴けたりと内容盛りだくさんです。

クルースタッフはとてもフレンドリー。予約した席へエスコートしてくれます。

  • 本格ビュッフェ写真

    ランチは種類豊富な
    本格ビュッフェ!

    肉も魚も野菜もたっぷりと、フィリピン料理の数々が心ゆくまで味わえます。特におすすめはフィリピンの定番スープ「シニガン・スープ(トマトやタマリンドを使った甘酸っぱいスープ)」や「スチームシェル(蒸しガニ)」。スチームウォーマーでいつでも温かいお料理が食べられるのも嬉しいポイント!
    ※代金にはアイスティー(飲み放題)も含まれています。ミネラルウォーターやビールは別代金となります。

  • 生バンドの演奏あり!

    生バンドの演奏あり!

    デザートを食べる頃に始まるライブ演奏。 世界各国のしっとりとしたラブソングを 生ギターに合わせて声量たっぷりのシン ガーが歌い上げます。お客さんの
    国籍に合わせて歌う曲もいろ
    いろです。緑豊かな川辺の風
    景を眺めながらちょっとロ
    マンチックなひとときを。

  • 途中、ダンスのパフォーマンス!

    途中、ダンスのパフォーマンス!

    クルーズのハイライトのひとつ、村人によ るフィリピンのダンスショーがご覧いた だけます。希望の方は村人と一緒にバン
    ブーダンスを楽しんだり、ウクレレ
    を弾いたりすることもOKです。
    一緒に楽しめば旅の思い出も
    深まること間違いなし!

ココもスゴい!

フラ写真

TOPへ

次へ

ここでしか会えない!世界一小さなメガネザルとご対面

「ターシャ」保護センター

ターシャを自然な形で保護しているセンターでフィリピン・ターシャを間近で観察できます。ターシャのなかでも目が大きく、ピンとした耳が特徴の「フィリピン・ターシャ」はここボホール島にしか生息していません。 ※ターシャはとても繊細な動物なのでフラッシュ厳禁、大声で話すこともお控えください。

ターシャ写真

►体長12センチのターシャ。3〜5メートルジャンプできます。日によりますが大体6匹のターシャと出会えます。撮影は自由です(フラッシュ厳禁)。

ワンポイントアドバイス!

ターシャ保護センター写真

ターシャは自然を活かした中で育てられ、小さな林を決められたルートで歩いていきます。道路も時々ぬかるんでいる所もあります。歩きやすい靴でご参加ください。またターシャはとても繊細な動物なので触れること、写真フラッシュは禁止されています。大声で話すこともお控えください。

ターシャ保護センター写真

►保護区内の売店ではターシャグッズがいろいろ売っています。冷蔵庫のドアなどに貼るマグネット加工されたグッズが一番人気!

TOPへ

次へ

謎がいっぱいの石灰石の山が
なんと1268個も!

同じ大きさの丘が1000以上もあり、乾季になるとチョコレート色に染まることから「チョコレート・ヒルズ」と呼ばれるようになった摩訶不思議な風景です。心臓破りな階段(かつてはバレンタインにちなんで214段でしたが、現在は217段になっています)を登った先の展望台では、映画のセットのような風景が目の前に広がります。

チョコレート・ヒルズ写真 チョコレート・ヒルズ写真

▲あいにくの雨になったチョコレート・ヒルズですが、霧に覆われていてこれはこれで幻想的です。

チョコレート・ヒルズ

TOPへ

次へ

高速艇でセブへ

見どころいっぱいのボホール島観光を終え、17:30頃タグビララン港へ。観光を終えたツーリストと一緒に船を待ちます。船は18:00頃出港、約2時間かけてセブ港へ。運が良ければ海上を真っ赤に照らすサンセットもご覧頂けます。

観光ガイドさん写真

▲今日一日、たっぷりお世話になったガイドさんともタグビララン港でお別れ!観光の途中、スマホで写真をとってくださいました♡

サンセット写真

▲帰り道は運良くサンセットを見ることができました。朝とは全く違った海の表情が見れてトクした気分!

TOPへ

東京支店:03-3526-7090 名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク