ワンランク上の空の旅 マブハイクラス!! ビジネスクラス体験記

閉じる
セブ島旅行専門店 セブ王
  1. ホーム  > 
  2. ビジネスクラス体験記

アジア初の航空会社「フィリピン航空」で行く!ワンランク上の空の旅 マブハイクラス!! ビジネスクラス体験記

フィリピンの心でおもてなし(Heart of the Filipino)!をキャッチフレーズに今年で創業75年を迎えるフィリピン航空。日本のナショナルフラッグの創業が1951年、その10年前の1941年にフィリピンのナショナル・フラッグ・キャリアとして設立されました。陽気で明るいキャビンアテンダントの快適なおもてなしが評判のフィリピン航空。とりわけ座席数18席*に対し、乗務員が3名アテンドする「ビジネスクラス(マブハイクラス)」はかゆい所に手が届くほどのおもてなしぶりが魅力です。また成田-マニラ線は2年前に導入されたA330-300となり、180度フルフラットになりました。お手頃な代金でビジネスクラスが体験できるのもフィリピン航空ならでは。マニラへの空の旅を変えてみませんか。
*A330-300の場合

待望のフルフラットビジネスクラスシート搭載機種も登場!
フィリピン航空のビジネスクラスシートご紹介

フィリピン航空では、より一層快適な機内環境を提供するため、新機材の導入を機に、機内インテリアを刷新。
まだ新シート搭載機種は少ないものの、順次機材更新を行っております。

  • A330型機(最新鋭シート)

    2017年より登場したフィリピン航空の最新鋭シート。従来のイメージを一新した、プライベート空間でゆったりできるフルフラットシートを搭載。成田・関西⇔マニラの一部便で就航しております。

    A330型機(最新鋭シート)画像

    A330型機(最新鋭シート)画像

  • A330型機(フルフラットシート)

    中型機材であるA330型機の空間を活かし、フィリピン航空初のフルフラットシートを搭載。
    限られた機内空間を最大限に活かすため、上下互い違いにすることによりフラットベッドを実現しています。

    A330型機(フルフラットシート)画像

    A330型機(フルフラットシート)画像

  • A321-neo型機

    日本では新千歳⇔マニラ線と、名古屋⇔マニラの一部にフルフラット仕様の機材を投入しています。 またA321-neo型機の全機には、ビジネス・エコノミー共にパーソナルモニターを装備しています。

    A321-neo型機画像

    A321-neo型機画像

  • A321-ceo型機・A321型機

    短中距離路線を中心に展開している、A321型機・A321-ceo型機。
    小型機材ながらビジネスクラスを設定しており、快適な空の旅をお届けしています。

    A321-ceo型機・A321型機画像

    A321-ceo型機・A321型機画像

MEAL食事

心づくしの
ウエルカムシャンパンから機内食

座席に着いた瞬間、提供されるシャンパンはフランス首相官邸でも愛飲されるルイ・ド・サシー・グランクリュ(※1)。旅の楽しみのひとつ機内食は、各料理界を代表するシェフが監修し、選べるメニューには旬の食材を取り入れた日本食もご用意しています。箸置きを始め、使われる食器は全て高級陶磁器メーカー“Noritake”のみというこだわりも見逃せません。
※1 2019年5月現在の情報です。

  • 機内食画像
  • 機内食画像
  • 機内食画像
  • 機内食画像

TOPへ

ご予約・お問い合わせはこちら セブ島旅行専門店 セブ王
東京支店03-3526-7090
名古屋支店052-238-1698
大阪支店06-6533-3318

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員