セブ島旅行専門店 セブ王
  1. ホーム > 
  2. セブ王年末年始特集

年末年始特集 フィリピン航空で行くセブ島!

出発日を選ぶ 日付をクリック
してください
年末
  • 12月29日土曜日
  • 12月30日日曜日
  • 12月31日月曜日

ホテル1.マクタン島

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク

JPark Island Resort and Waterpark

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク画像

Jパーク アイランド リゾート & ウォーターパークは、セブ国際空港から約20分、フィリピンでも屈指の人気リゾートエリア・マクタン島の中心に位置する、総客室577室を誇る大型デラックスホテル。8ヘクタールという広大な敷地内には、5棟のホテル棟と48軒のヴィラ、そしてホテル名にもなっているウォーターパークとプライベートビーチが広がり、その規模はセブ最大級です。お部屋は全室バルコニー付きで開放感があり、一番お手頃なお部屋でも38㎡と広々。スイートやジャグジーヴィラ、プールヴィラ、2ベッドルームなど、8つのお部屋タイプがあるのでファミリーでのご旅行からグループ、カップル・ご夫婦、女子旅まで、あらゆるタイプのお客様のご要望に応えることができます。

ホテル2.マクタン島

プランテーション ベイ リゾート&スパ

PLANTATION BAY RESORT & SPA

プランテーション ベイ リゾート&スパ画像

「プランテーション ベイ リゾート&スパ」はまるで海のような広大なラグーンプールを囲むようにゲストルームが建ち並ぶ他にはないリゾート。空港から30分という近さながら11.4ヘクタールもある敷地により、周辺の喧騒はほとんど気になりません。敷地内にはヤシの木が茂り、ナチュラルな感覚を大切にしていています。建物は低層階のコロニアルプランテーションスタイルで見晴らしも風通しも良く、バルコニーでものんびり過ごすことができます。
客室をはじめとする建物のほとんどに自然の素材が使われており、高級リゾートでありながら素朴な雰囲気に癒されます。

ホテル3.マクタン島

ブルーウォーター マリバゴ ビーチ リゾート

BLUEWATER MARIBAGO BEACH RESORT

ブルーウォーター マリバゴ ビーチ リゾート画像

フィリピンでホテル展開しているブルーウォーター・リゾーツのフラッグシップリゾートで、7頭のイルカがシンボル。オープンエアーで開放感のあるコテージ風のロビーや茅葺き屋根の建物がリゾート気分を盛り上げます。客室は1棟4室2階建てのデラックスとプレミアデラックス、バンガロータイプのロイヤルバンガロー、アムマ・スパ・スイートの4タイプ。明るい色の木材やフィリピンの伝統工芸品の貝細工などを使ったインテリアで、室内もリゾート感を損なわないように配慮されています。

ホテル4.マクタン島

パシフィック セブ リゾート

PACIFIC CEBU RESORT

パシフィック セブ リゾート画像

セブ国際空港から約30分、マクタン島南海岸の「サバ・バスバス」にあり市街地の喧騒から離れた静かな場所にあります。2014年に改装を行い、館内は白を基調としたモダンなデザインに生まれ変わりました。ロビーはアクアブルーをアクセントにした爽やかなインテリアで、お客様をお迎えします。
客室もインテリアを含めてほとんどを白で統一しているため、とても清潔感のある明るい印象です。ベッドルームが2つある「ファミリースイート」はグループ旅行や家族旅行におすすめ。

ホテル5.マクタン島

クリムソン リゾート&スパ マクタン

CRIMSON RESORT & SPA MACTAN

クリムソン リゾート&スパ マクタン画像

セブ国際空港から約15分のところに位置する「クリムソン リゾート&スパ マクタン」は、2010年10月にオープンした5ツ星リゾート。緑豊かな敷地には250室を有するホテル棟と戸建てプライベートヴィラが点在し、ホテルというよりはひとつの村の様なリゾートです。高台のエントランスから見える3層の棚田のようなインフィニティープールとその先に続く海の景色は爽快の一言。南国リゾートへやってきた実感が一気に湧いてきます。
お部屋タイプはデラックススイートからヴィラまで計6タイプ。40棟あるヴィラはそれぞれに門が付いていて、その奥に広がる中庭を抜けると入口へと繋がっています。さらにうち38棟はプールが付いていて、プライベート感の高いヴィラとなっています。

ホテル6.マクタン島

シャングリ・ラ マクタン

SHANGRI-LA'S MACTAN RESORT AND SPA CEB

シャングリ・ラ マクタン画像

セブ国際空港から約20分。マクタン島リゾートエリア北部、全長350mの白砂のプライベートビーチに面して建つセブ随一の大型リゾートで、細部まで行き届いたサービスとリゾート全体に醸し出している豪華な雰囲気が魅力。日本人スタッフが駐在しているほか、客室のホテル施設案内やプールサイドのアクティビティメニューなども日本語版を常備しているので安心して過ごすことができます。
客室はメインウィングとオーシャンウィングの2棟からなり、スーペリアからスイートまで計12カテゴリーに分かれています。2013年には客室の改装を終え、よりラグジュアリーな空間に生まれ変わりました。

ホテル7.マクタン島

セブ ホワイトサンズ

CEBU WHITE SANDS

セブ ホワイトサンズ画像

セブ国際空港から約15分、マクタン島の東海岸のマリバゴ地区にある「セブ ホワイトサンズ」。大型リゾートが建ち並ぶエリアにあってペンション風全50室のこのホテルは、アットホームな雰囲気で落ち着ける、隠れ家的リゾートです。建物の屋根の赤、プールを囲むようにあるトロピカルガーデンの緑、プールと空の青と白砂のコントラストを目にすると、アジアンリゾートに来たことを実感できます。客室は板張りの床にアンティーク調のインテリアが置かれ、落ち着ける空間になっています。

セブってどんなとこ?

そもそも「セブ」とは…?ここではセブ島とマクタン島をあわせて「セブ」としてご紹介します。セブ国際空港があるマクタン島は、フィリピンでも指折りのリゾートエリア。セブのビーチとして紹介されるのはマクタン島の場合が多く、セブのビーチリゾート=マクタン島のビーチと言っても過言ではありません。白砂のビーチと透明度の高いエメラルドグリーンの海。マクタン島のビーチは公共のものは少なく、ほとんどがホテルのプライベートビーチとなっていますので、ゆったりビーチリゾートを満喫したい人は、マクタン島のリゾートホテル滞在がおすすめ♪そのマクタン島と2本の橋で結ばれているセブ島は、フィリピン最古の歴史を持つ島と言われており、島内には由緒ある建造物が多数残っています。冒険家マゼランが寄港・布教活動をし、その生涯を終えた地でもあるため、マゼランゆかりの観光スポットや見どころもたくさん!またローカルな雰囲気に触れることも、旅行の楽しみのひとつですよね。セブ島の中心部セブ・シティにはレストランやカフェ、ショッピングモール、スパなどが集まっているので、コンパクトに街歩きをしながら、地元の人たちの生活を垣間見ることができますよ!異国情緒も感じたいなら、ぜひセブ島も訪ねてみてください。

セブ島完全ガイド

ジプニー画像

島内の歩き方

  • 【タクシー】 セブ島の街中では簡単にタクシーがつかまりますが、マクタン島内ではあまり流しのタクシーは走っていません。マクタン島内にお泊まりの場合、ホテルによっては定期的に無料のシャトルバス(ホテル~セブ・シティ)が運行していることが多く移動するのに便利です。
  • 【ジプニー】 フィリピン版の路線バス。車体の横に行き先が書いてあります。初乗り運賃も8〜10ペソで格安ですが、路線が複雑なので初心者の利用はあまりおすすめできません。
  • 【トライシクル】 オートバイにサイドカーをつけた乗り物。セブ島内では見かけませんがマクタン島のリゾートエリアではタクシーのように使われています(マクタン島内のみの利用に限られています)。基本は乗り合いです。
    ※トライシクルは条例でマクタン島とセブ島をつなぐ橋を渡れないことになっています。

topへ戻る

セブ王 ご予約・お問い合わせはこちら セブ島旅行専門店 セブ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00〜18:00 土曜日10:00〜17:00 東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク