パラダイスセブツアーズの新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン|セブ王

閉じる
セブ島旅行専門店 セブ王
  1. ホーム > 
  2. 【新型コロナウイルス感染症対策】安心してセブ島旅行をお楽しみ頂くためのセブ王の取り組みについて > 
  3. パラダイスセブツアーズの新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン

パラダイスセブツアーズの
新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン

第1版 2020年9月1日

新型コロナウィルスの世界的な大流行を受け海外旅行自粛の流れの中、お越しいただけるお客様に少しでもご安心してご滞在いただけるよう、現地パラダイスセブツアーズでは日本人駐在員、スタッフ、ガイド、ドライバーの行動を明確にするために当ガイドラインを作成いたしました。特にお客様の感染疑いが認められた場合には、お客様のプライバシーに十分な注意を払い、迅速かつ適切な対応と報告の必要があります。
以下に定める基本行動指針と「安心6つのお約束」に従い、お客様の安心と安全を最優先に取り組んで参ります。

日本人駐在員の基本行動指針

現地日本人駐在員は旅程の管理と、お客様の緊急時にはガイドに任せるだけではなく、24時間体制でお客様が安心して滞在いただけるよう取り組んでおります。新型コロナウィルスに関しましても、以下の基本行動指針に従い、お客様にご安心していただけるように真摯に取り組んで参ります。

1.緊急連絡24時間体制でいつでもお客様をサポート

・現地事務所では日本人駐在員が常駐、また夜間でも電話にて緊急連絡に対応できる体制となっております。
・感染症が疑われるケースがある場合は、ガイドや宿泊先スタッフだけに任せることなく、日本人駐在員がサポートし、政府のガイドラインに従い適切な対応をいたします。

2.新型コロナウィルスの感染が疑われるケースが発覚した場合

・速やかに所轄長へ状況報告し初動判断を仰ぎます。また、セブ王責任者へご報告いたします。
・海外旅行保険への加入の有無を確認し、必要に応じてお客様、保険会社、現地医療機関とのやり取りを可能な範囲でサポートいたします。
・熱が37.5℃未満で無自覚、軽症な場合は他のお客様への感染を防ぐため、フィリピン当該省へ問い合わせを行い、指示に従います。
・発生後のツアー継続につきましては、セブ王責任者と相談の上、旅行業法や今後の慣例に基づき適切に決定いたします。

3.お客様の症状に応じた現地医療機関への連絡対応サポート

・お客様から要望がある場合、または新型コロナウィルスの疑いがある(発熱37.5℃以上、喉の痛み、咳など)風邪の症状、強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)などがみられる場合は、現地保健局への連絡等のサポートをいたします。
・現地日本人駐在員は感染症に関する基本的な知識を持ち、また最新の防疫知識を得るよう努力いたします。
・現地日本人駐在員は現地政府の新型コロナウィルス対応の最新情報入手に努めます。

セブ島現地事務所「安心6つのお約束」

1.空港=ホテル間の送迎は乗車人数を制限しご案内いたします

・セブ島ご到着後の空港からホテルまでの送迎は乗車人数を抑えご案内!
最大6名様までとなり、マスク着用をお願いしていますのでご安心頂けます。
またご希望に応じて専用車での送迎も対応可能です!

2.車内・ラウンジ消毒の徹底

使用車両は始業前と始業後に車内を消毒スプレーにて除菌をさせていただきます。
パラダイスラウンジも同様にドアノブ、テーブル等毎日消毒しております。

3.ガイド・ドライバーのマスク着用

お客様ご案内時はガイド・ドライバー共にマスクを着用させていただきます。
車内での接触、飛沫感染を防ぐため、ドライバーはお客様とお会いする際にはマスクの着用を徹底いたします。また、お客様もマスクの着用を要請いたします。
飛沫感染を防ぐため、パラダイスラウンジではお客様にお会いするスタッフはマスクの着用を徹底させていただきます。また、お客様もパラダイスラウンジご利用の際はマスクの着用を要請いたします。
滞在中に万が一、マスクが無くなった場合はご近くのコンビニエンスストア又は薬局でご購入していただくか事前に連絡して頂ければ当社でマスクをご用意いたします(有料)。(マスク未着用の場合にはご参加をお断りさせていただく場合がございます。)

4.車内換気の徹底

移動車内は換気の為常時窓を少し開けておきます。または30分に1度窓を開けて換気致します。
車内には手指消毒液を常備しておりますのでご自由にお使いください。

5.スタッフの体調管理

・全てのスタッフ・ドライバーはお客様を空港にお迎えに行く前に検温と健康状況の確認を行い、日本人駐在員へ報告いたします。
・検温結果が37.5℃以上、または風邪の症状(咳、喉の痛みなど)がある場合は当日の業務を取りやめ、症状に応じて自宅療養、医療機関への受診をさせます。
・業務中に体調不良を認めた場合は速やかに日本人駐在員に報告を徹底し、速やかに業務を中止いたします。
・担当ドライバーは業務当日の朝から自分の体調に十分に注意を行い、体調不良の場合は絶対に無理をして業務を行わないことを徹底します。

6.パラダイスセブラウンジNO3密!!

パラダイスセブラウンジのソファ、テーブル席は十分なスペースを確保しております。
お客様同士の一定の距離を保ちご案内させていただきます。

日本語ガイド、ドライバーの基本行動方針

日本語ガイド、ドライバーは新型コロナウィルスに関して、「安心6つのお約束」以外にも以下の基本行動指針に従い、日本人駐在員と共にお客様にご安心していただける対応に取り組んで参ります。

・日本語ガイドはお客様と接する際には、会社指定のユニフォームの着用、ガイドライセンス所持であることの証明のバッジ、ネームタグを使用し、常に清潔な印象と安心を与えるように心がけます。
・ドライバーは会社指定のユニフォームを着用し、常に清潔なと安心を与えるように心がけます。
・物の接触による感染拡大を防ぐため、お客様のお荷物はお客様にお荷物を触ってよいか確認してからお運びいたします。
・業務の前には必ず車内に手指消毒液が準備されているか確認します。
・業務の前には必ず車内に車消毒用スプレーが用意されているか確認します。
・お客様をホテルからご案内する際には、ご出発前にお客様にご体調を確認させていただき、体調不良の場合は速やかに日本人駐在員へ報告し、指示を仰ぎます。
・感染症に対する基本的知識、防疫に関する新しい情報を持つ努力をします。また、近隣の現地医療機関、保健省の連絡先など必要な知識を持ち、状況に応じて日本人駐在員による現地医療機関への連絡業務等をサポートします。
・ガイディング中に新型コロナウィルスへの感染が疑われるケースが発生した場合には、速やかに日本人駐在員へ連絡をし、指示を仰ぎます。また、それ以降も常に日本人駐在員、お客様と連絡を取り合い、特にお客様に症状の悪化などの変化がないか注意します。
・当該お客様を他のお客様から速やかに屋外または室内の換気の良い場所に隔離して待機させます。

パラダイスセブラウンジ基本方針

パラダイスセブスタッフは新型コロナウィルスに関して、「安心6つのお約束」以外にも以下の基本行動指針に従い、日本人駐在員と共にお客様にご安心していただける対応に取り組んで参ります。

・パラダイスラウンジをご利用のお客様は入り口で検温をさせていただきます。
・パラダイスラウンジでは手指消毒液を用意しています。
・喫煙の際には他の喫煙者と一定以上の距離を保つようお願いいたします。希望がある場合は既定の喫煙場所以外にご案内させていただき、他のお客様との距離を保つようにさせていただきます。
・両替をご利用のお客様にお渡しする両替金、書類はトレーを使用し、直接スタッフが触らないようにお渡しいたします。お客様は両替受取後、手指消毒液での消毒を要請します。
・パラダイスラウンジをご利用中のお客様が37.5℃以上、または咳など新型コロナウィルスへの感染が疑われるケースが発生した場合には、速やかに日本人駐在員へ連絡をし、指示を仰ぎます。
・当該お客様を他のお客様から速やかに屋外または室内の換気の良い場所に隔離して待機させます。

<当社免責事項について>
お客様がご滞在中に感染、もしくは感染の疑いが生じた場合、その感染がお客様、当社の関係者或いは運行事業者に起因した場合のいずれにおいても、当社は安全を優先し、やむなくツアーの運行を中断、中止することがございます。その場合でも当社は賠償を含む一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

ご予約・お問い合わせはこちら セブ島旅行専門店 セブ王
東京支店03-3526-7090
名古屋支店052-238-1698
大阪支店06-6533-3318

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員