ボラカイの魅力を体験!移動方法から穴場のホテル、街並み、アクティビティまで完全レポート!

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら
  1. ホーム > 
  2. スタッフ研修レポート > 
  3. ボラカイの魅力を体験!移動方法から穴場のホテル、街並み、アクティビティまで完全レポート!

スタッフ研修レポート

 
 

ボラカイの魅力を体験!移動方法〜穴場ホテル、街並み、アクティビティまで完全レポート!

大阪スタッフ(SK)

 

**ボラカイ**

日本ではあまり聞くことが少ないボラカイ島かもしれませんが、
欧米の旅行メディアが発表するベストビーチに上がるくらい美しいビーチを持つ島です。
まだまだ日本人には知られていない穴場のビーチリゾートをご紹介します。


〜移動編〜
日本からボラカイ島へは行くのはマニラやセブから経由で行く必要があります。
そしてボラカイには空港がないので、隣のパナイ島まで行きそこから船で15分ほど移動が必要になります。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像1

まずは国内線でマニラからのカティクランまで移動。国内線のターミナルでチェックインをします。
以前は港まで2時間ほどかかるかリボ空港しか発着の関係上利用できませんでしたが、今では港まで車で5分のカティクラン空港であればすぐに行くことができます。
今回はカティクラン経由でボラカイまで移動しました。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像2

3-3の配列のシートは正直そこまで広いという訳ではありませんが、飛行機での移動は約一時間くらいなのであっという間に到着します。離陸したら機内食で菓子パンと飲み物が配られるので、短距離にもかかわらず食事が出ることには驚きました。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像3

上方から白い冷気が出ていますが、機内はクーラーが効きすぎていることがあるので、必ず一枚上着があった方がいいです。
機内の乗客は日本人の方もちらほらいましたが、メインは欧米や中国人、韓国人の比率が多い印象を受けました。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像4

カティクラン空港到着!タラップで降り、ここからはバスに乗せられ荷物受け取り場所まで向かいます。ここで不思議だったのが、飛行場内を走るのではなく一度公道に出て町中を走るところで、国内線なので問題はないのでしょうが、何とも面白い気分になりました。
初めて行く人はびっくりするかもしれません。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像5

ボラカイと記載はありますがまだパナイ島です(笑)ここから個人で申し込んでいる人はホテルのスタッフだったり、船会社のガイドが出口で待っています。
ボラカイの港も何か所かあるので、ホテルなどによって場所が違うようなので、ここでの交通手段は事前に確保しておくのが安心です。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像6

港の周りは多くの観光客で溢れかえっています。先述したかリボ空港からであればここまで2時間ほどのバス移動が必要になります。乗り継ぎ時間や航空券代にもよるかと思いますが、カティクラン空港の方が移動としては楽だと感じます。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像7

いよいよ船に乗って出発します。たくさんの船が並んでいるので、ここで自分が乗る船がどれか間違いないように注意が必要です。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像8

大きなスーツケースや荷物はポーターさんが運んでくれます。桟橋は少し揺れているので気を付けながら乗り込む必要があります。
一人で3つ運んだりと力持ちで手際の良さにはびっくり。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像9

ライフジャケットが散乱していますが、安全のために着用して船の出発を待ちます。こちらは比較的大きい船だそうで、20名ほど乗り込めますが、他の船はもう一回り小さいようです。移動は15分ほどでバンカーボートなのでほとんど揺れません。
動き出すと水しぶきが気になりますが、ビニールシートを下げてくれるので、濡れることはありませんが、足元など濡れている場合があるので、サンダルなど履いているのが安心です。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像10

ボラカイ島の港へ到着。ここからはホテル送迎のバスに乗り込み移動する形になります。
今回宿泊のホテルは島の北部なので20〜25分ほどの移動時間になりました。マニラからの所要時間を考えると4時間ほどなので、日本からだと朝出発して夕方につくイメージになるかと思います。


〜ボラカイホテル編〜
今回宿泊したモーベンピックリゾートボラカイ。昨年2017年の12月にオープンしたばかりで非常にきれいなホテルでした。
セブ島にも系列ホテルがありますが、まったく違う雰囲気でスタイリッシュな雰囲気を感じました。
大きなラグーンのプールあり、目の前に白砂のプライベートビーチありで南国感満載のリゾートです。
セブ島研修レポート ボラカイ編の画像11

お部屋もポップな色使いでかわいらしい女性に好まれそうなタイプです。バスタブはありませんでしたが、バルコニーもあり使い勝手の良いお部屋でした。ウェルカムフルーツやチョコレートが置いてありちょっとした心遣いがうれしいサービスです。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像12

ディナーは外のガーデンでイタリアンコースでした。
途中でキャンドルを使ったダンスショーや花火の演出などあり楽しい時間を過ごすことが出来ました。
こちらの場所は目の前にビーチが広がりウェディングパーティなどにも活用できる場所となっています。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像13

キッズルームももちろんあります。プログラムとしてビーチでのサンドキャッスルづくりやピザづくり体験、
スイミング教室など室内以外のものも充実しています。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像14

またお部屋にも置いてあったチョコレートが食べ放題なのが17時からラウンジで提供されるチョコレートアワー。
1時間限定なので食べたい方はこの時間を狙っていく必要があります。
種類も豊富で何度もおかわりしたくなるくらい美味しいものでした。
フィリピンは暑い国ですが、チョコレートは人気があるそうです。そのためいわゆる海外のあまーいお味ではなく上品なものになっています。

次はホテル視察をしたホテルの一つディカバリーショアーズ。
ビーチ沿いではありますが高低差があるのでお部屋のカテゴリ―によってはこのような高台から見下ろすような風景を楽しむことが出来ます。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像15

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像16

デュプレックススイートで一回にリビングとキッチン2階にベッドルーム、バルコニーにはジャグジーと揃ったお部屋です。
長期滞在もできるタイプになっています。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像17

ホテルからそのままビーチにつながっており、バーやリラックスチェアなど並んでいるので、
海で遊んだり休憩したり好きな時間を過ごすことが出来ます。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像18

ビーチウェディングの準備中でした。この時間は曇ってしまっていますが、白砂にセッテイングされた会場は青空やサンセットであれば映えそうだなとしみじみ感じます。このビーチはプライベートビーチではないので、いろいろな人にお祝いされるかも。

そしてお隣のリンドボラカイに移動します。
セブ島研修レポート ボラカイ編の画像19

ホテル棟が周りを囲むよう建っていますが、プールが変わった形になっています。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像20

見せていただいたお部屋は記念日のファミリーのお部屋だったようで、お祝いの飾りつけとスイーツが置いてありました。
こういったサプライズもうれしい思い出の一つになります。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像21

ビーチから進むとレストランにつながるのですが、まっすぐに海が見える位置になります。
こちらも海で遊んだり休憩したい思い思いの時間を過ごすことが出来るのではないでしょうか。
この日は夕日が見れなかったので残念…

番外編でこの日ランチビュッフェを提供してもらったアルタビスタでの施設の視察。
こちらはビーチ沿いではありませんが今まで見たものと変わって高台で緑を眺めることのできるホテルです。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像22

大きなプールはインフィニティで目の前に緑の木々が広がります。少し違ったホテルステイが期待できます。
ボラカイで一番きれいなプカビーチまでも車で3分程なので、海も山も両方楽しむことが出来るのではないでしょうか。




〜アクティビィティ編〜
セブ島研修レポート ボラカイ編の画像23

ボラカイ島でアクティビティといえばマリンスポーツが挙げられます。
今回はアイランドホッピングに参加しました。ビーチでは様々なアトラクションがあり、ダイビングやシュノーケルをはじめ、バナナボートやパラセーリングもあちこちで行われています。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像24

船に乗り込み到着したのは島の一番南側に位置するクリスタルコーブと言われる無人島です。この名の由来はこのあと分かりますが、天気が良ければ絶景というポイントがたくさんあります。
アイランドホッピングで人気の場所のため大小様々な船に国籍の人々が訪れます。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像25

ビーチから少し歩いて高台まで登っていくと…

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像26

海が見渡せるところに出てきます。波打ち際で迫力はありますが、これで終わりではありません。
この島のメインはこの岩の下にあります。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像27

急な螺旋階段が見えます。頭上に気を付けながらゆっくりと降りていくときれいな景色が目に入ります。
階段は一つしかありませんので、上る人と下る人は監視員の指示に従い順番に進んでいきます。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像28

階段の下には広い空間が広がり洞窟のようになっています。海底の白砂に光が反射し青く光って見えます。
晴天であればより青さ際立つ景色を見ることができると思います。
波しぶきが上がってくるので海が荒れていると訪れるのが難しい場所になります。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像29

クリスタルコーブの後は北上しながら途中でシュノーケリングタイム。ただしこの日は天候が悪く海が荒れていたのでなかなかハードなものに…ただしガイドさんが魚に餌付けをしたり海の中は魚がたくさん泳いでいました。
次は是非ダイビングで潜りたいと思う瞬間でした。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像30

シュノーケリングの後船を走らせること10分到着しましたプカビーチ。
ボラカイで一番美しいと言われるこちらのビーチは白砂が数百メートルにわたって続きます。
そして曇天だった空も上陸したタイミングで少し晴れ間が出てきました。
人も少なくキレイなビーチなので、海水浴にも海を見て過ごすのもお勧めの場所です。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像31

今回のアイランドホッピングはこちらのビーチで食事をとり終了となりました。
ビーチバレーをしたり、海で遊んだり、日陰で休憩したりとやっとこの半日で天候が良くなったランチライムは皆思い思いの時間を過ごしました。





〜ボラカイ街並み編〜
セブ島研修レポート ボラカイ編の画像32

ボラカイ島内はタクシーは走っていません。
移動する場合はトライシクルというバイクの横に荷台が付いた三輪タクシーが主流となります。
1台に4,5人乗ることができ、乗り合いになります。相場は200円程度のようです。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像33

こちらは島内で一番の盛り上がりを見せるディーモールです。
通りからビーチまで抜ける道の両側には多くのお店が立ち並び雑貨屋、お土産屋をはじめ、飲食店も数多くあります。
ビーチに出るとそこからはビーチ沿いに数百メートルにわたりバーやクラブがクラブミュージックがにぎやかな夜の街を演出します。
日付が変わるような時間帯でもこのディーモールは眠らない町で観光客で溢れていました。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像34

夕方の時間だとこの人だかりです。マッサージやネイル、ボディペイントなど格安で受けられるお店もたくさんあり、アクティビティなどはビーチで呼び込みをしていることが多いので、離島価格だと思われがちですが滞在中の費用もお安く抑えることができるかも。

セブ島研修レポート ボラカイ編の画像35


ボラカイ島はまだまだ日本人には知られていないビーチリゾートです。
ショッピングやアクティビティも満喫できれいな海を楽しむことができました。
フィリピンは数多くの島から成り立ち、それぞれ特徴が違います。今回セブやマニラとは全く違う雰囲気だとつくづく思いました。
是非これからこの魅力を知ってもらえるよう今回の研修を活かしていきたいです。

≫「マニラ編 」はコチラ

 

ページトップ

東京支店:03-3526-7090 名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク