1. ホーム  >  
  2. シャングリ・ラ・マクタン  >  
  3. シャングリ・ラ・マクタンの楽しみ方

シャングリ・ラ・マクタンの楽しみ方

シャングリ・ラ・マクタン画像

ホテル前の海は海洋保護区。キッズクラブ&プールも充実しているため、綺麗な海を楽しみたいゲスト、またファミリーにオススメ!

マクタン島のリゾートエリア北部、全長350mの白砂のプライベートビーチに面して建つ、セブ随一の国際級大型リゾートホテル。細部まで行き届いたサービスとリゾート全体に醸し出している豪華な雰囲気が魅力。日本人スタッフが駐在しているほか、客室のホテル施設案内やプールサイドのアクティビティメニューなども日本語版を常備しているので安心です。

客室はスーペリアからスイートまで計12カテゴリーに分かれている。2012年6月には客室の改装を終え、よりラグジュアリーな空間に生まれ変わった。メインウィングの海側に設けられたオーシャンウィングには専用のエントランスやレセプションがある他、同棟の上階に設けられた「オーシャンクラブ」に滞在すると、専用ラウンジでドリンクや朝食が無料で楽しめるという特典がある。
広大な敷地内にはバラエティ豊かな4つのレストランと5つのバーがあるので、滞在中に食事に困ることはない。また敷地内でマリーンスポーツやダイビングが楽しめ、更にミニゴルフやテニスコート、ジムなどの施設もある。

※2016年8月5日〜2015年8月8日はセブ・トライアスロン大会開催のため、該当期間にかかる宿泊はお受けできません。
※上記内容は2016年2月現在のものです。

シャングリ・ラ・マクタン画像

私たちの1日 参加形態:30代の夫婦、8歳の息子と5歳の娘を連れて家族旅行

【プロフィール】ハネムーンで一度訪れたことがあるセブ島。その時の写真を見つけた子供たちから、「行ってみたい!」という声が・・・まだ小さいので海外に連れて行くのは心配でしたが、セキュリティ面やキッズクラブが充実している「シャングリ・ラ・マクタン」での滞在なら安心かなという話になり、家族4人でセブ島へ来ることにしました。想像していた以上に子供向けのアスレチック等が多く、子供たちも飽きることなく滞在する事ができました。

スケジュール表

9:00

レストラン「タイズ」画像

9:00

日本食も充実!朝食はレストラン「タイズ」へ

朝食会場となっているレストラン「タイズ」へ。
いつも朝はなかなか起きられない子供たちですが、昨日の朝食がとても気に入ったらしく、「朝ごはんを食べに行くよー」と声をかけたら驚くほど目覚めよく起きてくれました(笑)近年は日本人の利用者が増加しているとの事で、日本食が充実している点には、子供もまだ小さいので正直大助かり。長男のマサトシは「お母さん、今日も納豆があるよ!」と満面の笑みを浮かべて報告してくれました。

11:00

キッズプール画像

11:00

キッズプールでのびのびと

昨日は一日観光で外に出ていた為、今日はホテルで過ごすことにしました。到着した時から子供たちがずっと入りたいと言っていたプールへまず行く事に。キッズプールには子供用のスライダーやブランコなどのアスレチックが用意されていて、凄く魅力的に思えたのでしょうね。子供が歩けるように浅くなっているところが多く、到着すると目を輝かせていました。直ぐに駆け出そうとしたマサトシを、すかさず長女のチサトが「危ないから走っちゃダメ」と手をつないで仲良く歩いていきます。流石お姉ちゃん!頼りになります。

13:00

客室画像

13:00

昼食はお部屋で宅配ピザ?!

満足のいくまでプールで遊び終わったころには、すっかりお昼の時間になっていました。食事のリクエストを聞くと、チサトがすかさず「ピザが食べたい!」と一言。え、ピザ?話を聞くと、ホテルに到着した日にピザの箱を持ったお客さんを見かけたのだとか。スタッフの方へ確認したところ、地中海料理レストラン「アクア」にはピザ窯があり、そこでテイクアウトも出来るようです。お昼はそこでピザを2種類ほど選び、あとはルームサービスを取る事にして、今日は自分たちの部屋で食べる事にしました。

15:00

スパ画像

15:00

子供はキッズクラブで大はしゃぎ大人はスパでリラックス

午後からはプールと同じく希望を貰っていたキッズクラブへ、子供たちを送りました。随時スタッフの方が見て下さるとの事で、安心して預けられます。子供たちが大きなアスレチックに夢中になっている間は、私と夫はホテル併設の「CHIスパ」へ行く事にしました。
「CHIスパ」は「気」を取り入れることで自然治癒力が増し、心身ともに健康でいられるという中国古来の考え方を基本にした独自のメニューが有名です。全室ヴィラタイプで、各ヴィラ棟で施術が行われているとの事。まるでスパ施設自体が一つのリゾートのような印象を受けます。
折角フィリピンのセブ島に来たので、施術は“フィリピン・ヒロット・マッサージ”にしました。1時間半程の施術で心身ともにすっきりです♪

19:00

ビュッフェ画像

19:00

屋外にてビュッフェディナーカルチャーショーを楽しみながら

キッズクラブではしゃぎ過ぎたからか、子供たちもお腹がペコペコ。今日はプール脇の敷地にてビュッフェスタイルの夕食にしました。内容は日替わりらしく、この日はフィリピン料理です。敷地にはステージがあり、毎晩フィリピンカルチャーかハワイアンが曜日別で行われているのだとか。今日はフィリピンカルチャーショーで、綺麗な衣装や聞きなれない音楽に子供たちは興味津々。私も夫も思わず食事の手を止めて見入ってしまいました。子供たちにとって、この旅行での一番の思い出になったようです。

ページトップへ

東京支店:03-3526-7090 名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク