セントレアから直行便で行くぞ!フィリピン航空セブ島直行便レポート

閉じる
セブ島旅行専門店 セブ王
  1. ホーム > 
  2. セブ王研修レポート > 
  3. セントレアから直行便で行くぞ!フィリピン航空セブ島直行便レポート

スタッフ研修レポート

 
 

セントレアから直行便で行くぞ!
フィリピン航空セブ島直行便レポート

名古屋支店スタッフ (ND) 2019年4月

 

〜数少ないセントレアからビーチリゾート直行便、2019年春 待望の毎日運航を開始しました!〜

セントレア/セブ直行便レポート フィリピン航空機材セントレア/セブ直行便レポート フィリピン航空機材

突然ではございますが皆様、名古屋から直行便で行けるビーチリゾートと言えばどちらを思い浮かべますか?
★国内線…沖縄(那覇、石垣、宮古)
★国際線…グアム、ハワイ、セブ島
合計4方面、6路線のみとなっております。 ※2019年4月現在
実は意外に少ないのをご存知でしたでしょうか??

そんな中、この春セントレアから数少ないビーチリゾート直行便が増便されました。
行先はセブ島!セントレアから東南アジアビーチ唯一の直行便です。
運航当初は週3便での運航でしたが、徐々に増便され、待望の毎日運航が開始されました。

そんな便利な路線を実体験してきましたので、是非ご参考になさってくださいませ。


フィリピン航空セブ島直行便出発は午後の15:30となっております。
私は午前中会社に出勤し、午後からセントレアへ移動しました。
午後半休を取れば参加できるスケジュールですし、セントレアが遠い方もこれなら安心です。
まずは名鉄ミュースカイに乗って、セントレアへ。
午前中の便ですと、ミュースカイも混雑し、当日購入だと満席という事も多いですが、ピーク時間を過ぎており混雑していないため、何ら問題なくミューチケットを購入完了。

セントレア/セブ直行便レポート ミュースカイセントレア/セブ直行便レポート ミュースカイ

ただ、インバウンドと各航空会社発着便増便の影響か、昼間でも結構な乗車率。
私が学生の頃、昼間は空気ばかり運んでいたミュースカイも、時代にあわせて変化していますね。笑

無事にセントレアへ到着、早々にチェックインを済ませて身軽になろう♪♪
フィリピン航空のカウンターは国内線ターミナル側の「J」で実施されていました。

セントレア/セブ直行便レポート フィリピン航空のカウンターセントレア/セブ直行便レポート フィリピン航空のカウンター

セントレア/セブ直行便レポート ビジネス専用区画とエコノミーセントレア/セブ直行便レポート ビジネス専用区画とエコノミー

カウンターは大きくわけて2箇所、ビジネス専用区画とエコノミーに分けられておりました。

いつもひやひやするチェックイン、それは荷物の重さ。大きなスーツケースを“パンパン”に入れると、20KGを少し超えるイメージです。

セントレア/セブ直行便レポート カウンターセントレア/セブ直行便レポート カウンター

フィリピン航空の受託手荷物許容量(俗にいうスーツケース類)は、アジア圏では珍しい個数制を採用しており、お一人様2点まで無料。1つの重さは23kgまでなので、最大合計46kgまで無料となります。よほど荷物が多くない限り、問題ない重量サービスかと思います。

午後のすいている時間帯という事もあり、空港到着から出国手続きまでは20分程度です。
ただ、インバウンドの影響もあり、保安検査場が大混雑、という事もありますので、やはり油断は禁物。余裕をもって出発手続きを行ってくださいませ。

セントレア/セブ直行便レポート 保安検査場へセントレア/セブ直行便レポート 保安検査場へ

いよいよ搭乗開始、機内へ向かいましょう!

セントレア/セブ直行便レポート 搭乗口セントレア/セブ直行便レポート 搭乗口

セントレア/セブ直行便レポート 搭乗口セントレア/セブ直行便レポート 搭乗口

今回搭乗する機材はエアバス「A320」型機。140人程度の比較的小さな機材となります。
そのため、ボーディングブリッジも1本のみの接続です。

セントレア/セブ直行便レポート ボーディングブリッジセントレア/セブ直行便レポート ボーディングブリッジ

機体の外には「4 STAR AIRLINE」のマークが。これは英国スカイトラックス社が航空会社格付けを行っており、フィリピン航空は5段階中の4スターエアラインです。

セントレア/セブ直行便レポート 「4 STAR AIRLINE」のマークセントレア/セブ直行便レポート 「4 STAR AIRLINE」のマーク

機内に入ると先ず目に飛び込んでくるのはビジネスクラス。座席生地はファブリックタイプ。
小型機のため、2-2配列で、フルフラットにはならないタイプ。
バックシェルもないですが、短距離路線であるため致し方ないかもしれないですね。

セントレア/セブ直行便レポート ビジネスクラス シートセントレア/セブ直行便レポート ビジネスクラス シート

セントレア/セブ直行便レポート ビジネスクラス シートセントレア/セブ直行便レポート ビジネスクラス シート

座席の間隔は正直広くはありません。横幅はゆったりしておりますが、前後間隔が狭くなっております。
またこの機材のシートはビジネスクラスに限って、全席パーソナルモニターが装備されておりました。

セントレア/セブ直行便レポート ビジネスクラス シートセントレア/セブ直行便レポート ビジネスクラス シート

セントレア/セブ直行便レポート ビジネスクラス パーソナルモニターセントレア/セブ直行便レポート ビジネスクラス パーソナルモニター

続いてエコノミークラス、3-3配列で並んでおります。座席生地は合皮(ビニール)タイプ。
正直座席間隔はかなり狭くなっております。

セントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シートセントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シート

セントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シートセントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シート

座った視線はこんな感じ。パーソナルモニターはありませんが、頭上に共用モニターは設置されています。

セントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シートセントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シート

セントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス 共用モニターセントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス 共用モニター

足元が正直辛いですね… 横から見るとこんな感じです。

セントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シートセントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シート

セントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シートセントレア/セブ直行便レポート エコノミークラス シート

また同じエコノミークラスでも、フィリピン航空では有料席指定サービスを実施しています。
具体的には、エコノミークラス前方区画はチョイスエコノミーシートとして、販売しております。
具体的な座席番号はA320型機の場合、21・22・31・32列目と非常口座席となります。

セントレア/セブ直行便レポート 有料席セントレア/セブ直行便レポート 有料席

該当シートのヘッドレストには、専用の区画である旨が記載されております。

セントレア/セブ直行便レポート 専用の区画記載セントレア/セブ直行便レポート 専用の区画記載

ビジネスクラスの次の列、21列目だけはシート間隔が他のエコノミーに比べて広くなっています。
通常エコノミーが窓約1つ分に対して、窓2つ分と、ぱっと見でも広さの違いがわかります。

セントレア/セブ直行便レポート 有料席セントレア/セブ直行便レポート 有料席

セントレア/セブ直行便レポート 有料席セントレア/セブ直行便レポート 有料席

着席するとこんな感じ。通常エコノミーは足が前方席に当たってしまいましたが、今回はかなり余裕があります。またビジネスの足元も空いているので、足を十分伸ばせます。

セントレア/セブ直行便レポート 有料席セントレア/セブ直行便レポート 有料席

セントレア/セブ直行便レポート 有料席セントレア/セブ直行便レポート 有料席

有料座席サービス、価格は余分にかかってしまいますが、身長170cm以上の方でしたら、特におすすめです!
*正直、私は5時間のフライト、辛かったです…

さて、その他のサービスのところをご紹介します。

ヘッドホンは各席に配備されており、オーディオサービスが実施されております。(搭乗率によっては着席後に配布の時もあります)
その他エンターテインメントとしてはこの機材の場合、頭上の共用モニターのみとなります。

セントレア/セブ直行便レポート ヘッドホンセントレア/セブ直行便レポート ヘッドホン

セントレア/セブ直行便レポート 共用モニターセントレア/セブ直行便レポート 共用モニター

フィリピン航空で実施されている機内Wi-Fiを利用した「MY PAL PLAYER」はこの機材は非対応でした。
機内誌も日本語案内がないため、その日の新聞ぐらいしか読み物はありません。
本やオーディオなどをお持ちされることをおすすめします…

離陸後には機内サービスとして、ドリンクと機内食が提供されます。
他航空会社にあるようなメニュー表はなく、各座席にCAさんから要望を伺うパターンです。
一応下記のように、選択できる機内食は写真で見れますが、一瞬なので、ゆっくり検討は難しいです。

セントレア/セブ直行便レポート 機内食の写真セントレア/セブ直行便レポート 機内食の写真

機内食は和食と洋食からチョイスできます。今回は和食を選択。とりつくねの幕の内弁当風でした。

セントレア/セブ直行便レポート 機内食セントレア/セブ直行便レポート 機内食

セントレア/セブ直行便レポート 機内食セントレア/セブ直行便レポート 機内食

なお機内アナウンスは英語と日本語が流れます。
日本路線には日本人客室乗務員もおりますので、言葉が心配の方も安心できます。

またフィリピン入国の際に必要な入国カードと税関申告書は機内で配布されます。
ペンを1本持ってくると安心です。

セントレア/セブ直行便レポート 入国カードと税関申告書セントレア/セブ直行便レポート 入国カードと税関申告書

気づけば夕暮れ時でした。なかなか見れないロマンティックな光景です。

セントレア/セブ直行便レポート 窓からの夕景セントレア/セブ直行便レポート 窓からの夕景

セントレアを出発して約5時間でセブ島へ到着です。
セブ島は現地時間午後7時となります。遅すぎない到着時間も魅力のひとつです。

セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港

マクタンセブ空港の国際線ターミナルビルはオープン間もないため、本当にきれいです。
到着案内に沿って移動します。一部日本語表記もされていますので、迷う事はなく安心できます。

セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港

セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港

入国審査 → 荷物受け取り → 税関検査の順に進み出口へ向かいます。
全体的にコンパクトな造りのため、迷うことはないと思います。

セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港

セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港セントレア/セブ直行便レポート マクタンセブ空港

セントレアから、そして東京成田・大阪関西からもセブを直行便で結ぶフィリピン航空。
やはり直行便で行けるというのは最大限の魅力です。
南国ビーチではどうしても荷物が多くなりがちですが、それも心配無用。
またフィリピンのおもてなしも十分感じる事ができ、安心して空の旅を楽しめます。

セブ島お越しの際は是非、直行便フィリピン航空を、また他のビーチと迷われている方、是非セブ島を検討の候補に追加お願いいたします!

 
ご予約・お問い合わせはこちら セブ島旅行専門店 セブ王
東京支店03-3526-7090
名古屋支店052-238-1698
大阪支店06-6533-3318

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員