癒しの女子旅 ボホール島一日観光

閉じる
セブ島旅行専門店 セブ王
  1. ホーム  > 
  2. セブ充実のオプショナルツアー検索  > 
  3. 癒しの女子旅 ボホール島一日観光

参加されたお客様の平均満足度

★ ★ ★ ★ ★ 4.4

がんばる女子に必要な癒しが
ボホール島には揃ってます!

フィリピンといえば発展をし続ける首都マニラや、日本から気軽に行けるビーチリゾートとして人気のセブ島が有名ですが、セブ島の隣りにあるボホール島にはマニラやセブ島では見られない動物や自然が作り上げた不思議な景色、素朴な村の風景が残っていて、なぜか時間がゆっくりと流れているように感じられる島。ふだんお仕事を頑張っている女子も、セブ島のビーチで遊び疲れた女子も、この大自然の中でのんびり過ごせば皆さんきっと癒されるはず。心をリフレッシュするツアーに出かけましょう!

ゆりさんはなさん画像

RECOMMEND SPOT

世界で一番ちっちゃなメガネザル
「ターシャ保護観察区」

  • ターシャ保護観察区画像
  • ターシャ保護観察区画像
  • ターシャ保護観察区画像

世界一小さなメガネザルと言われている「ターシャ」は体長10〜12cm、体重約120g、クリっとした大きな目に大きな耳が特徴です。一見ぬいぐるみと間違えてしまいそうなほど愛くるしい姿はまさにマスコット的存在。映画「グレムリン」に登場するギズモや「スターウォーズ」のヨーダのモデルとなったというのもうなずけます。
ターシャのなかでも目が大きく、ピンとした耳が特徴の「フィリピン・ターシャ」は、ここボホール島にしか生息していない貴重種。とっても繊細なので驚かせないように気を付けましょう。

はなのおすすめ

ターシャと一緒に記念撮影画像

ビックリ!

初めて見たターシャの小ささにまずビックリ!おもちゃかぬいぐるみに見えちゃうけど、目が動いたりあくびをしたり…ずっと見ていられるかわいさでした。それと保護観察区は緑が生い茂っているからマイナスイオンが出ているのか、歩いているだけでもなんだかスッキリしました。

ゆりのおすすめ

ターシャと一緒に記念撮影画像

かわいい!

私は動物が大好きなので、ボホール島に行くなら絶対にターシャに会いたい!と思っていました。念願叶って嬉しかったです。首をキョロキョロしたり、あくびをする姿はとてもかわいかった!現在は絶滅の危機にあるということで、ガイドさんのお話も興味深いものでした。

真っ白な砂の
ビーチと空と海を独占!
「アロナビーチ」

  • アロナビーチ画像
  • アロナビーチ画像
  • アロナビーチ画像

ボホール島は島の半分が大理石で覆われ全体的に丘の多い地形のため、リゾートホテルやレストランはボホール島の南にあるパングラオ島に集中しています。このパングラオ島にある「アロナビーチ」は、1.5kmにも渡って真っ白なパウダーサンドの砂浜が続く、美しいビーチ。水もキレイなのでシュノーケリングでも海ガメに遭遇することがあるほど!泳ぐのはちょっと疲れるなぁという方は、欧米の旅行者のように浜辺で読書や昼寝をしたり、カフェから海を眺めたり…ちょっと贅沢な時間の使い方をしてみてはいかがですか?

はなのおすすめ

アロナビーチ画像

のんびり〜

アロナビーチではアクティビティを楽しんでいる人もいるけど、ビーチの木陰で読書をしている人を見かけて、私ものんびり過ごそう!と本格的なハンモックに恐る恐る乗って、ゆらゆら〜。慣れるととても心地よかったです。日本ではビーチでハンモックはなかなかできないので、いい経験でした。

ゆりのおすすめ

アロナビーチ画像

SNS映え!

アロナビーチは本当に砂が白くてサラサラでした!SNS映えするはず!海もキレイでインスタにアップする写真をいろいろと撮っているうちに、あっという間に時間が過ぎちゃいました。ビーチ沿いにはカフェや飲食店の他に雑貨屋さんもあって、ここでいくつかお土産を買いました。

森林の中はまるで
映画のワンシーン!
「ロボック川クルーズ」

  • ロボック川クルーズ画像
  • ロボック川クルーズ画像
  • ロボック川クルーズ画像

クルーズの拠点となるのはロボック村です。日本の屋形船に似た船に乗り込み、ヤシの木々が生い茂る中を約2km、上流のブサイ滝に向けて出発します。途中川沿いの村に立ち寄り子供たちのダンスやおばあさんの楽器演奏などを観賞、地元の人々とふれ合いの時間を組み込んでいます。また船の上ではフィリピン料理のビュッフェを楽しめます。鶏肉や豚肉を串焼きにした屋台料理から家庭料理の代名詞ともいえるシニガン、フィリピン風焼きそば、マンゴーやマンゴスチンなど種類豊富にご用意します。

はなのおすすめ

子どもたちのダンス画像

地元の人と一緒に!

クルーズはどんな船で行くんだろう…とちょっと不安だったんですが、とてもしっかりした船で一安心!川の幅が広いから大きめの船で揺れも少なくて良かったです。途中、地元の子供たちやおばあちゃんが踊りや歌を披露してくれた時に人懐っこい笑顔を向けてもらって、交流できた実感がありました!

ゆりのおすすめ

ビュッフェ画像

とても充実!

いつもの旅行だと現地の人と言えばドライバーさんかホテルスタッフの方くらいしか関わりがないけど、地元の村を訪ねることができたのはオプショナルツアーだったから。バンブーダンスは間違えると足に竹竿があたって痛い!ので、かなり真剣になっちゃいました。でも楽しかった!!

数えきれないほどの山がポコポコ!
「チョコレートヒルズ」

  • チョコレートヒルズ画像
  • チョコレートヒルズ画像
  • チョコレートヒルズ画像

ボホール島で一番有名な観光スポットです。島の中心あたりに広がる、無数の山。ヤシの木のジャングルから間を割ってポコポコ突き出てきたような山は1,200個以上ある本当に不思議な場所。いつ頃、どのようにして形成されたのかについてもいくつか仮説はありますが根拠が乏しく、いまだにハッキリとは判明していないそうです。「チョコレートヒルズ」という名前は、秋になって山々の木が枯れるとチョコレートが並んでいるように見えるところから付けられました。島のシンボルであり、自然の魅力の象徴として、ボホール州の旗にも描かれています。

はなのおすすめ

チョコレートヒルズ画像

幻想的な風景

私たちが行った時にはちょうど雨が降り始めて、霧がかかり出したのでとても幻想的な景色でした。でもやっぱり、晴れた日に遠くまで見渡してみたいのでもう1回来たいなぁ〜と思います。展望台までの階段が、地味に厳しかったので、ちょっと足は鍛えようかな(笑)

ゆりのおすすめ

チョコレートヒルズ画像

不思議な風景

チョコレートヒルズでは、自然の神秘を感じました。1,200個以上の山がなぜできたのか理由が分からないなんて、地球上にはまだ解明されていない不思議なことがまだまだたくさんあるんだなーと思いました。高さは30mくらいのようですが、数が多いと圧巻でした。

サスティナブルな島で
オーガニック三昧!
「ボホール・ビー・ファーム」

  • ボホール・ビー・ファーム画像
  • ボホール・ビー・ファーム画像
  • ボホール・ビー・ファーム画像

チョコレートヒルズを見学したあと、帰りの船の時間まで余裕があればカフェに立ち寄ってひと休み。ここは直営農場で栽培している無農薬野菜やハーブを使用することでボホール島では有名な「ボホール・ビー・ファーム・リゾート」が手がけるカフェで自社のはちみつやハーブを使ったお土産物も販売しています。お店自慢のはちみつはもちろん、リップクリームや石けんも人気とのこと。このあとは帰るのみなので、ここでお土産を見繕うのもアリ!また、カフェで食べることができるアイスクリームもおすすすめです。はちみつのほんのりした甘さとフルーツの爽やかさの相性が抜群です。

はなのおすすめ

ショッピング画像

お買い物もバッチリ!

セブにもオーガニックコスメのブランドがあるけど、ボホール島で出会うとは思っていなかったので、けっこう本気でお買い物しちゃいました!友達へのお土産のほかに自分用にもいくつか。お試しで買った「はちみつアボカドバター」がとっても美味しくて、やみつきです。もっとたくさん買えば良かったー!!

ゆりのおすすめ

美味しいアイス画像

美味しいアイス発見!

材料にこだわっているだけあって、このカフェで食べたアイスがすごく美味しかったです!ふわっとしたはちみつの甘さが絶妙☆フルーツの味は本物そのまま!って感じで素材そのものの味を大切にしていることが分かります。アイス屋さんとしてセブ島のアヤラセンターやSMシティにも出店しているようなので、セブでも食べたい!

ページトップへ

ボホール島一日観光を申し込む

BOHOL ONEDAY TRIP

ツアーの流れ

  • 5:30

    5:30〜7:00

    ホテル出発

    ご宿泊ホテルロビーにガイドがお迎えにまいります。同じツアーに参加する他のお客様のホテルも回りますので、ご宿泊ホテルにより、集合時間は異なります。また、セブ島の通勤時間帯にあたるため、渋滞を考慮して早めのご出発となります。

    空港前画像

  • 8:00

    8:00

    セブ港出発

    同行する他のお客様と一緒に、ボホール島へ向けて出発!出発までの待合所には売店があり、飲み物やスナック菓子、サンドイッチ類が販売されています。船内はエアコンがきつい場所もあるので、羽織るものを各自ご持参ください。

    セブ港画像

  • 10:00

    10:00

    タグビララン港
    到着

    フィリピンの海は波が比較的穏やかなので、天候が荒れなければ揺れは小さいです。ボホール島のタグビララン港に到着すると、ターミナル出口でお客様のお名前の紙を持った現地ガイドがお待ちしています。

    現地ガイドお迎え画像

  • 10:30

    10:30

    血盟同盟記念碑

    到着後、最初に血盟同盟記念碑へご案内します。フィリピンとスペインが友好条約を結んだことを記念して建てられた銅像です。ワインに血を混ぜて祝杯を挙げたため「血盟」というのだとか。銅像の背後には青い海が広がっています。

    血盟同盟記念碑画像

  • 10:45

    10:45

    バラクヨン教会

    続いてもボホール島の歴史が感じられるところへ。なんと珊瑚を切り出し、それを卵白で固めて造ったという「バラクヨン教会」を訪れます。2013年の大地震で大きな打撃を受けましたが、かなり修繕は進んでいるようです。

    バラクヨン教会画像

  • 11:45

    11:45

    ロボック川クルーズ
    (ランチ付)

    教会から船着き場へ移動し、リバークルーズへ。左右にはヤシの木をはじめとした南国の植物が生い茂っていて、まさにジャングルクルーズ!船内ではビュッフェ形式のランチをお召し上がりいただきます。

    ビュッフェ形式のランチ画像

  • 13:30

    13:30

    ターシャ
    保護観察区

    クルーズの後はターシャ保護観察区を訪問します。ここでは動物園のようにガラスの向こうにいるターシャを見るのではなく、森の中を歩いて木々の上にいるターシャを観察。スタッフさんがこっそり居場所を教えてくれます。

    ターシャ画像

  • 15:30

    15:30

    チョコレート
    ヒルズ

    ターシャの後は日本人には同じくらい人気のある景勝地、チョコレートヒルズへ。高さ30〜50mの小山が視界の一面に広がる、不思議な光景です。これがどうやってできたか分からない…というところにも地球の神秘を感じます。

    チョコレートヒルズ画像

  • 15:00

    17:00/17:30

    タグビララン港
    出発

    夕方の渋滞も考慮して、早めに船乗り場へ移動します。時間に余裕があるようなら途中でカフェや土産物屋に寄ることも可能な場合があるので、ご相談ください。さすがに疲れてウトウトしているうちに、ボホール島は小さくなっていきます。

    現地ガイドと一緒に画像

  • 19:30

    19:30

    セブ港到着

    港に到着後、解散となります。丸一日、早朝からお疲れ様でした!セブ王のツアーは送迎つきのため、疲れた体でタクシーを探す必要はありません。往路と同じように港からホテルまでお送りしてツアー終了となります。

    セブ港到着画像

ページトップへ

Q&A

ボホール島一日観光ツアーで
よくある質問をまとめました

ボホール島の詳しい情報は
こちら

お客様からの口コミ情報

  • MKIzawaさんより

    チョコレートヒルズ画像

    セブ、マクタンにはない
    自然あふれる島☆

    チョコレートヒルズの眺めは日本にはなく、とても珍しい。神秘的で良かったです。バクラヨン教会の中の壁画も綺麗。ロボック川クルーズでのランチはおいしかったです。ターシャが小さくて近くで見れなかったのが少し残念でした。

    READ MORE

  • みなみのさんより

    ターシャ画像

    1日かけて遊ぶ価値あり

    川下りをしながらのフィリピン料理。木々が生い茂った景色はジャングルのようでワクワクしました。ターシャというお猿さんは写真で見ていたよりも小柄で赤ちゃんのようで非常にかわいく、子供も大興奮。チョコレートヒルズの…

    READ MORE

  • miwaさんより

    遊覧船画像

    ボホール丸ごと
    満喫できました!

    一番興奮したのはターシャ!手の平に乗るくらい小さくて目がまんまるで可愛かったです。ジャングルの中で木の上で寝ていて見つけた時は感動しました。写真はフラッシュ厳禁だそうです。やっぱり動物を見るのは自然も感じられ…

    READ MORE

ボホール島一日観光の口コミを
もっと見る

ボホール島一日観光を申し込む

ページトップへ

ご予約・お問い合わせはこちら セブ島旅行専門店 セブ王
東京支店03-3526-7090
名古屋支店052-238-1698
大阪支店06-6533-3318

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員