【レポ】セブ島旅行専門店スタッフが本音で語るセブ島とは。

閉じる
セブ島旅行専門店 セブ王
  1. ホーム > 
  2. セブ王研修レポート > 
  3. 【レポ】セブ島旅行専門店スタッフが本音で語るセブ島とは。

スタッフ研修レポート

 
 

【レポ】セブ島旅行専門店スタッフが本音で語るセブ島とは。

大阪支店スタッフ (TK) 2020年6月

 

セブ島(フィリピン)の魅力とは、何故セブ島を勧めるのか?

私が思うセブ島の魅力は日本からのアクセスのし易さです。フライト時間は約4時間半、時差は1時間と移動の負担も少なく手軽に行くことのできるリゾート地だと思います。また、フィリピンの海は透明度が高く、シュノーケリングやダイビングが人気です。セブ島の隣には自然豊かなボホール島もあり、透き通った海や色鮮やかな魚たち、広大な自然を目的にセブ島へ行かれる方は多く、たくさんの自然を存分に感じ日頃の疲れをリフレッシュすることができるのが魅力的です。
主要都市からセブ島までは直行便が就航しており、関空からのフライトは午後便のため、遠方からのお客様も前泊は不要な場合が多く、時間に余裕をもって空港までの移動ができると思います。旅慣れていない方、時間を有効に使いたい方等様々なニーズの旅行客にお勧めできます。
また、セブ島での公用語は英語なので現地でのコミュニケーションも取りやすく言葉の不安も少ないとか思います。豊かな自然を気軽に楽しむことのできるセブ島は家族旅行・友達との旅行・カップル旅行等どんなジャンルのグループにもお勧めできる旅行先です。

セブ島への旅行を選んだ理由、セブ島専門店の旅行会社を選んだ理由

セブ島は短時間で気軽に行くことのできるビーチリゾートです。普段仕事をしていて中々希望通りに休みが取れなかったり、友達や家族と予定が合わなかったりで旅行の計画は難航しがちですが、セブ島なら3連休があれば行くことが出来ます(理想の滞在日数は4日間以上です!)。日程の調整がしやすく、気軽に旅行の計画を立てることができ、物価も比較的安いため手ごろな値段で楽しい海外旅行ができるので、学生時代から社会人になった今でも友達との旅行を計画するときはいつも候補に挙がる旅行先です。

また、就活中はもともと旅行が好きだったので旅行会社を中心に就職活動を行っていました。主に世界各国の方面を取り扱う会社が多い中、特定方面の専門店というのはほとんど見かけませんでした。私の性格上、たくさんの国の知識を広く学び数ある国の中からお客様に旅行先をご案内するというよりは、1つの国に焦点を置いて深い知識を身に着けお客様の希望に沿ったご提案ができる専門店の方が、自信をもって仕事をすることが出来るのではないかと思い、また私が好きなビーチリゾートの取り扱いでもあったためこの会社を受けることにしました。

セブ島と多方面の違い、良い点、悪い点

いい点:
・英語圏なので現地の人と比較的コミュニケーションがとりやすい。
・フライト時間が短い。
・物価が安い
・海の透明度が高い。

悪い点:
・親が同行しない場合の子供の入国が厳しい。
・一部近づいてはいけない地域がある。
・関空発セブ島行きのフィリピン航空直行便の座席にはモニターが付いてない。

セブ島で興味のあるホテル、泊まってみたいホテル 5つ 理由

・デュシタニマクタンセブリゾート…以前マニラにあるデュシタニホテルへ宿泊したことがあり、コンパクトながら清潔感のある内装と豪華なホテルの雰囲気がとても好印象だったので、新しくできたセブ島のホテルにも泊まってみたい。メインの大きなインフィニティプールもとても素敵で興味があります。

・プランテーションベイリゾート…広いホテルの敷地内には大きなプールやゲームコーナー、アクティビティゾーンなどが盛りだくさんにあるので、いつか子供ができた時に、家族でゆっくり滞在してみたい。お部屋から直接プールにアクセスできるウォーターエッジのお部屋はリゾートホテルならではでとても魅力的です。

・ブルーウォーターマリバゴ…リゾート感あふれるホテルの雰囲気が好みで興味があります。シンプルなお部屋の内装も南国感があって素敵です。ホテルの周辺にはレストランなどが徒歩圏内にあるので滞在中の食事も問題なしだと思う。このクオリティで比較的リーズナブルな宿泊代金も魅力的です。ホテル代を抑えた分、ホテル内のスパなどで思う存分リラックスしてみたいです。

・バイホテル...セブシティには滞在したことがなく、興味があるのでセブシティの中でも新しく洗練された雰囲気のあるバイホテルを拠点にショッピングやカジノなどで遊んでみたいです。上層階にあるプールは夜にライトアップされるらしく、セブシティの夜景を見ながら友達とナイトプールでゆっくりした時間を過ごすのも憧れです。

・シャングリラマクタン…高級感のある大型リゾートホテルは一度宿泊してみたい憧れのホテルです。プライベートビーチは海洋保護区ということで他のホテルのビーチよりも透明度が高くきれいなところも魅力的。日本語スタッフもいるので滞在中も安心して過ごすことが出来そう。

セブ島で興味のオプショナル、行ってみたい観光地 3つ 理由

・ジンベイザメウォッチングツアー…ジンベイザメと一緒に泳ぐのは少し怖そうだけど、間近で見ることが出来るというのは他で中々ないので一生に一度は体験してみたい。

・カワサンフォールトレッキング&スイムツアー…自然の中を滝までトレッキングし、到着した先の滝つぼでは泳ぐこともできるという「プチ冒険体験」のようなアクティビティはとても興味があります。これこそ非日常!思い出に残るいい体験が出来そうです。

・アイランドホッピング…セブ島といえばのシュノーケリングを透明度の高い離島の海で体験してみたい。熱帯魚を見たり、白い砂浜のビーチで黄昏たり、きれいな写真を撮って思い出に残すのはとても楽しそう。

セブ島で興味や気になるお店やスポット(やってみたいことでも可)

・ボホール島でのバギー…以前テレビで見たことがあり楽しそうだったので興味があります。バギーは免許不要らしく、有名なチョコレートヒルの傍を走るので観光もできて一石二鳥。でこぼこ道を豪快に走ってみたいです。

・スガボメルカド(ナイトマーケット)…セブシティにあるナイトマーケットで現地の食を食べ歩きしてみたい。屋台数も多く色んな種類の料理が楽しめそう。現地の方にも人気で人も多いみたいなのでにぎやかな雰囲気も併せて楽しみたい。

・短期留学…最近人気のセブ島への留学。費用も他の国に比べると比較的安く、短期で受けられる授業もあり長期の休みがとれなくても一週間程度のお休みがあれば留学の体験できるので魅力的です。英語の勉強に一度行ってみたい。

セブ島に行ってみて困った事、これがあれば事前に用意しとけばよかったとか。

・初めてフィリピンへ行ったとき、事前に日本でいくらか両替をして現地へ行ったのですが、実際に行ってみると日本で両替をするよりも現地でした方がレートがよかったのでそれ以来は現地で両替をするようにしています。また帰国時に現地通貨が余った場合の日本円への両替は現地でも日本でもレートがよくないので、あらかじめ少なめに両替をするなりクレジットカードと併用するなりして出来るだけ現金が余らないように気を付けています。

・ラッシュアワーや主要道路では渋滞がひどく、全然車が進まないことがあります。通常の移動の所要時間よりも大幅に時間がかかる場合もあるので、時間には余裕をもって移動することをおすすめします。

・乾季の時期でもたまにスコールが降ることがあります。スコールは時に激しくバケツをひっくり返したような雨が降るときもあるので、万が一に備えて折り畳み傘があると安心だと思います。

他、フィリピン、セブ島について書きたい事、いいたいこと

フィリピンには有名なマニラ・セブ島の他にもエルニドやボホール島・ボラカイ島など自然豊かな島が沢山あります。これらはまだまだメジャーな旅行先ではありませんが、他のビーチリゾートを行き尽くした方や少しマニアックな旅行先を探されている方には是非お勧めです。フィリピンでは近年新しいホテルが続々と誕生し、これから観光地としてさらに成長していく国になると思います。私も微力ながら、旅行を計画されているお客様へフィリピン・セブ島の魅力を伝え、これからのフィリピンの観光業を一緒に盛り上げられたらと思っています。

 
ご予約・お問い合わせはこちら セブ島旅行専門店 セブ王
東京支店03-3526-7090
名古屋支店052-238-1698
大阪支店06-6533-3318

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員