【レポ】セブ島旅行専門店スタッフが本音で語るセブ島とは。

閉じる
セブ島旅行専門店 セブ王
  1. ホーム > 
  2. セブ王研修レポート > 
  3. 【レポ】セブ島旅行専門店スタッフが本音で語るセブ島とは。

スタッフ研修レポート

 
 

【レポ】セブ島旅行専門店スタッフが本音で語るセブ島とは。

名古屋支店スタッフ () 2020年6月

 

セブ島(フィリピン)の魅力とは、何故セブ島を勧めるのか?

セブの最大の魅力は「気軽に行って楽しめる」ことです。各地主要空港から直行便で約4時間半と気軽に行けて、物価もお値打ちなので旅費がリーズナブルで気軽に楽しめます。またセブは旅行者の好みに合わせて多種多様な過ごし方ができるので、どなたにも自信を持ってオススメできます。

リゾートでのんびり過ごしたいという方はマクタン島(空港のある島)にあるリゾートホテルで綺麗な海やプール施設を満喫できます。最初に話したように物価が日本と比べてリーズナブルですので、ラグジュアリーホテルにも他の国と比べてお手頃な料金で宿泊できるのも嬉しいですね。

海外旅行と言えば観光という方も勿論楽しめます。セブシティにはスペイン統治時代の名残でもある「マゼラン・クロス」「サント・ニーニョ教会堂」「フォート・サン・ペドロ要塞」など歴史の名所もありますので、街歩きが楽しめます。またSMモールやアヤラモールなど大型のショッピングモールもありますので、街歩きを楽しみながらお買い物も楽しめます。また観光中のお食事もご安心ください。フィリピン料理はもちろんスペイン料理や韓国料理、中国料理、イタリアン、数は少ないですが日本食レストランもあります。フィリピン人の味覚の好みは日本人に近いと言われており、食事の不安もございません。このように観光もしっかり満喫できます。

マリンアクティビティを楽しみたいという方にも非常におススメです。セブは海が他のリゾートを比べて綺麗ですので、シュノーケリングスポットでは非常にたくさんの魚が見れます。ナルスアン島でアイランドピクニックやボホール島観光、ジンベイザメウォッチングツアーなど非常にたくさんのアクティビティ体験が楽しめます。

セブ島への旅行を選んだ理由、セブ島専門店の旅行会社を選んだ理由

セブ島は少ない予算・日数で行ける最も身近なアジアリゾートだからです。短い連休で行けるので、忙しくて中々海外に行けない人もご検討頂けると思います。またハワイやグアム程メジャーな方面では無いことから一般の旅行会社では商品や案内が不十分であることがあります。セブ王では出発まではセブの専門スタッフが、滞在中は現地のパラダイスセブスタッフ(日本人もおります)がしっかり案内してくれるので安心です。滞在中は現地のスタッフに繋がる携帯電話も無料で貸し出しますので、安心快適なリゾートライフを満喫できます。

セブ島と多方面の違い、良い点、悪い点

日本人に馴染みが深いハワイやグアムと 比較するとまた違った魅力があります。
良い点はやはり物価が安いことでしょうか。人気リゾートは比較的にどこも物価が高いので、宿泊費用や食費に沢山お金がかかります。物価の安いセブでしたら他のリゾートよりもお値打ちに憧れのラグジュアリーホテルに宿泊したり美味しい食事を楽しむこともできます。
悪い点としては他のリゾートと比べてホテルの予約確保が難しいことです。人気急上昇中のセブはその需要にホテルの数が足りていません。ですので予約をしようとしても満室で予約ができないということが多々あります。その為他のリゾートと比べて早めに予約をする必要があります。

セブ島で興味のあるホテル、泊まってみたいホテル 5つ 理由

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク・・・・・立地・設備どれをとってもハイレベルなので選びました。敷地内にウォータースライダーや波のあるプールなど非常に施設が充実したウォーターパークがあり、子供はもちろん大人も楽しむことができます。特にスライダーは迫力があって、私は大の大人ですが童心に帰って6回くらい連続で乗ってしまいました。ルームタイプはスイートタイプやヴィラタイプのお部屋もあるのでハネムーンや家族旅行等どんな旅行でもぴったりです。立地も周りに飲食店やスーパーがあるので大変過ごしやすいのも嬉しいですね。プライベートビーチが少し手狭に感じますが、現在ビーチ拡大に着手しておりますので完成が楽しみです。

プランテーション ベイ リゾート&スパ・・・・・セブに限らず多くのリゾートを見渡してもトップクラスに大きいラグーンが気に入っています。その大きなラグーンと敷地面積はまさに南国リゾートで、その雰囲気を楽しみたいです。泊まりたいお部屋は「ラグーンサイド」です。基本となるお部屋は「プールサイドルーム」になりますが、ラグーンから少し離れるのが個人的には残念です。少し予算は上がりますがラグーンの近くにある「ラグーンサイド」「ラグーンビュー」へ泊りたいですね。またハネムーンやカップルのお客様には「ウォーターエッジ」のお部屋がおすすめです。17歳以下のお客様は宿泊できない特別なお部屋となっておりまして、ラグーンへは数秒で直接アクセスできる特等席となっております。記念の旅行などでは是非ご利用になってください。

ブルーウォーター マリバゴ ビーチ リゾート・・・・男同士の旅行等予算が少ないときはここですね。セブのホテルの中でもコストパフォーマンスが非常に高いホテルです。比較的お値打ちでありながら、プール施設も充実しておりプライベートビーチも広めです。立地も良くて周りには飲食店やスーパーマーケットもあるので滞在に非常に便利です。泊まりたいお部屋は「アムマ・スパスイート」です。基本のデラックスルームから僅かな追加代金で利用ができて、お部屋もデラックスルームより広くなり、お部屋の雰囲気もアジアンテイストでお洒落だと思います。

ウォーターフロント セブシティ ホテル・・・・・個人的にはセブシティに宿泊するのであればこちらのホテルに泊まりたいです。セブシティの中心部にありますが、ホテル敷地内にはヤシの木に囲まれたプールがあり南国リゾートを満喫できます。レストランは和食、イタリアン、中華、プールバー、24時間オープンしているカフェなどが揃っており、観光から帰ってきても食事の選択肢は広いです。
ホテル内に24時間営業のカジノもあるので、まだ日本ではできない大人の遊びがしてみたいです。
アヤラセンターとSMシティという大型ショッピングモールへの無料シャトルをホテルが運行しているので、沢山お買い物できるのも良いですね。

シャングリ・ラ マクタン・・・・・マクタン島で高級リゾートといえばここですね、非常に憧れています。飲食店の種類、お部屋の設備、敷地の広さどれをとってもマクタン島トップクラスです。ホテルの前のプライベートビーチは海洋保護区になっているため、非常に海が綺麗でたくさんの魚を見ることができます。ビーチは非常に広く開放的でビーチバーもあるので、ここに泊まって一日中海を眺めながらお酒を楽しみたいです。

セブ島で興味のオプショナル、行ってみたい観光地 3つ 理由

ボホール島一日観光・・・・・ボホール島というセブ島の南東にあるフィリピンの中では10番目に大きい島を観光できるツアーです。展望台からの景色が絶景の「チョコレートヒルズ」や世界最小のメガネザル「ターシャ」など見どころは満載です。またセブ王ではこちらのツアーを出発45日前までにお申し込み頂ければ特別料金でご案内可能です。お申し込みはお早めがおすすめです。

アイランドホッピング(アイランドピクニック)・・・・・・サンクチュアリーと呼ばれる珊瑚の海洋保護地区でシュノーケリングができて、綺麗な熱帯魚のすぐそばを泳げます。波が少ないエリアで、ライフジャケットを使いますので泳ぎが苦手な方も安心してご参加頂けます。エメラルドグリーンの綺麗な海を是非ご覧になってください。シュノーケリングの後は、近くの島でバーベキューランチになります。新鮮なシーフードやお肉のBBQやセブ名産マンゴーやバナナ、完熟のパイナップルなどのデザートもお楽しみいただけます。食事後は島の自由散策もできますので、南の島でのピクニックを思う存分楽しんでください。

ジンベイザメ ウォッチングツアー&スミロン島上陸・・・・・日本では美ら海水族館や海遊館等で見れる海のアイドル「ジンベイザメ」と一緒に泳げるツアーです。ハワイやグアム、バリ島など他のリゾートではできない貴重な体験ができます。その後海洋保護区に指定されたスミロン島のコバルトブルーの海でシュノーケリングができます。カラフルなサンゴや人気のクマノミ(ニモ)も生息しているとても綺麗な海です!

セブ島で興味や気になるお店やスポット(やってみたいことでも可)

2019年に新しくセブシティにオープンしたセブオーシャンパークに行ってみたいです。魚が沢山見れる水槽トンネル「360度アクアトンネル」や魚が間近に見える大きな水槽「BIGアクアリウム」など見どころ満載です。展示水槽で海中散歩もできるので、より近いところで自然を感じれます。個人的にはワニと水中デートがしてみたいです。

セブ島に行ってみて困った事、これがあれば事前に用意しとけばよかったとか。

アイランドホッピングのツアーに参加した際に三半規管が弱い私は船酔いをしてしましました。参加前に現地で酔い止めを買うことも検討しましたが、普段使わない海外の薬の使用が少し不安で購入できませんでした。船の移動や車の渋滞が多いセブ島では、乗り物酔いをしやすい方は体調を崩してしまう恐れがあるので、日本から常備薬のご持参をオススメします。

 
ご予約・お問い合わせはこちら セブ島旅行専門店 セブ王
東京支店03-3526-7090
名古屋支店052-238-1698
大阪支店06-6533-3318

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員