ダイビングスポットの多い美しいボホール島にある「ブルーウォーター パングラオ ビーチ リゾート」

閉じる
セブ島旅行専門店 セブ王
  1. ホーム > 
  2. セブ王研修レポート > 
  3. ダイビングスポットの多い美しいボホール島にある「ブルーウォーター パングラオ ビーチ リゾート」

スタッフ研修レポート

 
 

ダイビングスポットの多い美しいボホール島にある「ブルーウォーター パングラオ ビーチ リゾート」

(CC) 2022年6月

 

タグビララン国内空港から車で約15分ほどの場所にあります。

入口には検温と消毒液が設置され、ソーシャルディスタンスや感染対策の看板が置かれています。

今回、プレミアデラックスのお部屋に泊まらせていただきました。
フィリピンのお菓子詰め合わせのウェルカムスイーツが用意され、甘い香りが漂います。

ベッドメイキングがリゾートらしさを演出し、アメニティとして消毒液とマスクが置かれています。またビーチサンダルもついていて持って帰ることもできます。

天窓付きのバスルームは太陽光が入るため明るく、独立したバスタブとシャワーが付いています。

またチェックイン前にお部屋の消毒換気済みであることも安心して泊まっていただけます。
現在QRコードから食事のオーダーもできるため、レストランで密を避けて食事をとることもできます。

プールは2種類あり、メインプールは20時まで開いており、レストラン前にあるプールは22時までオープンしていました。

夕食は、新鮮な地元産品で作られたエキゾチックな風味を特徴とした各国料理と本格的なフィリピン料理をいただきました。

デザートにはフィリピン本場のハロハロがでてきました!
フィリピンでは国民的なデザートで、フィリピン語で “混ぜこぜ” を意味します!

朝食をいただいたアプラヤ レストランは広々としていて隣の人たちと十分な距離が保てるため、ソーシャルディスタンスもきちんと確保されます。

ヴィラタイプのお部屋もあり、ホテル棟とわかれています。

また今回スパもお部屋で受けさせていただきました。
スパはお部屋での施術となっていて予約制でした。

ブルーウォーターでは“ AMUMA ”という概念を大事にしています。

ビサヤ語で思いやりやお世話をすることを意味しています。
スタッフの方は気さくで親切な方が多く、フィリピンの方々の人柄の良さが感じられました。

宿泊している間に体調が悪くなった場合、看護師がホテルまで来て熱があればそのまま病院へ向かいます。

医者の判断でPCRを受けるかどうか判断されます。もしくは赤十字の方に来て貰うことも可能だそうです。

万が一PCR検査の結果が陽性だった場合、部屋からでれず隔離の処置をとらせていただきます。(※陽性者が客室を利用する場合、両サイドのお部屋は空き部屋にします。)

陽性結果がでた日を1日目とカウントし、隔離から6日目が経ったあともう一度PCR検査を受けていただきます。その結果が陰性だった場合はそのままホテルから出ることができます。
最低5日間の隔離はiata政府によって義務付けられています。

ボホール島の感染レベル(5/23時点)は2(重症になった場合、病人を施設を受け入れる場所がない)ですが、感染対策もしっかりと行われコロナに感染した時の対応も整っているため、安心して宿泊していただけます。

ボホール島はダイビングスポットたくさんあり、人口のビーチではなく自然のビーチなのでより透明感を感じられます。
緑も多く、自然を感じられヒーリングアイランドと言っても過言ではありません。
観光客もセブ島や本島に比べて少なく、こじんまりとしているためゆっくり過ごすことができハネムーンや女子旅にも最適です。

 
ご予約・お問い合わせはこちら セブ島旅行専門店 セブ王
東京支店03-3526-7090
名古屋支店052-930-5952
大阪支店06-6533-3318

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員