ピクニック日和には「Rizal Park」へ行こう! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

ピクニック日和には「Rizal Park」へ行こう!

メトロマニラの中でも、歴史が感じられるのは、マニラ市。

マニラ市の中心にあるRizal Park(リサール公園)は、

市民の憩いの場となっています。

 

リサール公園(Rizal Park)はフィリピンの国民英雄

ホセ・リサール(Jose Rizal)の名にちなんでつけられました。

Rizal_Hero.jpg

(リサール公園内、ホセ・リサールの像)

 

ホセ・リサールは1861年生まれ。

スペイン植民地時代だった当時に、ヨーロッパ各地に

留学をし、母国であるフィリピンに帰国後、フィリピン

独立運動に取り組んだとして知られています。

意思、著作家、画家、学者として活躍しながら、

フィリピン独立革命に励むも、1896年12月30日、

35歳の若さにしてフィリピン国民が集まった場で

当時の政府の指揮により、処刑されました。

 

12月30日は今でも、リサール国民英雄の日(Rizal Day)と

して国民祝日に設定されています。

 

ホセ・リサールとともにスペインからの独立運動に

励んだもう一人の国民英雄、アンドレ・ボニファシオの生誕記念日

として祝日に設定されているボニファシオデー(Bonifacio Day)

11月30日にリサール公園に行ってきました!

Rizal_Picnic.jpg

 

芝生が広がる公園内では、家族連れ、カップルが

ピクニックを楽しんでいました。

子供達の楽しそうな声がキャッキャと聞こえてきます。

 

【リサール公園の見所】

1.カレッサ

Rizal_Caressa.jpg

木で作られた馬車で公園内を案内してくれます。

日本ではなかなか体験できないので、良い思い出になる

と思います!*

 

2.子供の遊び場 (Children's Play Ground)

Rizal_Children.jpg

お子様連れ必見。

長~い滑り台や色んな遊具がある子供の遊び場。

入場料は一人10ペソ(=約22円)です。

 

3.日本庭園と中国庭園

Rizal_Japanese.jpg

日本庭園・中国庭園ともに入場料は一人あたり

10ペソ(=約22円)です。

 

日本庭園の中に入ると、竹・池・橋・真っ赤な鳥居と

日本を思い出す落ち着きのある空間になっていました。

Rizal_Japanese inside.jpg

人が多くにぎやかなリサール公園ピクニック用芝生ではなく、

静かで落ち着ける場所を好むカップルがプライベートな

ピクニックを楽しんでいました。

 

Rizal_Chinese.jpg

中国庭園の方は家族連れや大きなグループが多かったです。

 

 

 

 

夕刻頃になるとリサール公園の中心にある噴水から綺麗な

夕焼けが臨め、偉大なるフィリピンの大地を感じられました。

Rizal_Park.jpg

 

晴れたお昼には地元フィリピン人に混じってピクニックを

楽しむのもありかもしれません。*

ん。*

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク