キリスト教の洗礼行事でゴッドマザーになってきました!* | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

キリスト教の洗礼行事でゴッドマザーになってきました!*

メリークリスマス!*

クリスマスが1週間後に近づいてきて、

街はすっかりクリスマス気分で、

ショッピングモールは行列が出来ています。

 

今年7月、フィリピン人の友人にめでたく子供が生まれ、

4~5ヶ月でキリスト教カトリック派の洗礼を受けるので、

ゴッドマザーになって!と言われました。

 

「ゴッドマザー?!」

 

何だかすごい響き!だけど、大切な友達だから、やります!

とあまり訳も分からず引き受け、ついにやってきた昨日。

もっとフィリピンを知ることが出来た気がするので、ご紹介します。

 

 

 

国民の90%以上がキリスト教徒と言われるフィリピンでは、

キリスト教同士のカップルに出来た子供は赤ちゃんのうちに

洗礼を受けさせるのが、常識となっているそうです。

 

この洗礼行事を英語ではBaptismal (バプティズマル)
タガログ語でBinyag(ビニャグ)といい、教会で行われます。

 

そして、子供が洗礼を受ける時には仲の良い友人に

ゴッドファザー・ゴッドマザー(タガログ語で男性はニノン、

女性はニナン)になってもらいます。

 

私のゴッドマザーデビューは、マニラより1時間半ほど南に下った

カビテ州ダスマリニャスにある教会でした。

TJ_Church.jpg

 

何とも深い歴史が感じられる風貌です。

 

朝8時。

教会には、白い服を着た赤ちゃんたち(10組ほど)と

その両親、ゴッドファザー・ゴッドマザーが集まり、

席に座っていました。

 

ゴッドファザー・マザーは一人の子供につき、

3~5ペア(合計6~10人)が平均と言われているようです。

 

神聖な雰囲気の中、牧師さんが、神様が与えた

赤ちゃんへの命の尊さ、ゴッドファザー・マザーの責任について

を1時間ほど語ったあと、赤ちゃん一人ずつ前に出て、洗礼を受けます。

 

TJ_Baptismal.jpg

私のゴッド・チャイルドとなった友人の子供はすっかり

眠ってしまっていましたが・・・

頭に牧師さんが聖水をかけます。

(起きない・・・)

 

その後、ゴッドファザー・マザーはキャンドルを持って

お祈りをし、ゴッドファザー代表とゴッドマザー代表の

二人が赤ちゃんに白い服を着せます。

 

 

 

 

TJ_Cloth.jpg

これで、赤ちゃんもすっかりキリスト教徒!

 

大人になってから、自分の意思で宗教を変えることは可能

だそうですが、言葉も話さない赤ちゃんの頃に親が宗教を決める

というのは日本人にはあまりないおもしろい感覚だなぁと

思いました。

 

TJ_Family.jpgのサムネイル画像

クリスマスには、ゴッドファザー・マザーのもとを子供が

毎年訪れ、お年玉のような感覚でお金をあげるのが慣習に

なっていますが、

金銭・物のプレゼントよりも大切なゴッドファザー・マザーの

責任は、子供に知恵や良識を与えることだと牧師さんは

おっしゃっていました。

 

第二の母として、健康的で幸せな子に育つように、

努めたいと思いますので、よろしくね、赤ちゃん。

 

 

教会での洗礼行事のあとは、お食事パーティー!

TJ1.jpg

自宅でするパターンも多いようですが、今回は豪華に

レストランでお食事!

 

ゴッドファザー・マザー以外の友人や親戚も大勢集まり、

赤ちゃんの洗礼を祝いました。

 

 

TJ_Food.jpg

こんなに多くの人に祝ってもらえて、幸せな赤ちゃんですね!

 

フィリピンの文化の節々にキリスト教の影響がありますが、

また新しい文化を知れた貴重な経験になりました。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク