毎週水曜日はバクラランデー*バクララン教会へ行ってきました! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

毎週水曜日はバクラランデー*バクララン教会へ行ってきました!

先日ご紹介したマニラ最大級の巨大マーケットバクララン

の端にフィリピンでもっとも大きい教会のひとつ

バクララン教会(Baclaran Church)があります。

BaclaranChurch_0.jpg

マニラのメイン通りEDSAやMOA(モールオブアジア)にも

近いので、公共交通機関ジプニー・バス・UVを含め、

普段から車の交通量が非常に多いバクラランですが、

水曜日は特に渋滞しています。

 

その理由は、毎週水曜日にこのバクララン教会で行われるミサ!*

 

 

ほとんどのキリスト教カトリック教会では、

日曜日にミサが行われますが、バクララン教会では、

日曜日に9回、水曜日に13回と水曜日の方がミサが

多く行われています。

 

仏教徒の私は、これまで水曜日は出来るだけバクラランを

避けて通っていましたが、ずっと気になっていたので、

本日、思い切って水曜日のミサの時間帯に

バクララン教会に突入してみました!

 

BaclaranChurch_1.jpg

門を入ると、教会まで続く広い道の脇に緑の木々が

綺麗に並んでいて、バクラランマーケットの混沌と喧騒を

忘れさせる雰囲気でした。

 

30mほど歩くと、教会の手前、右側に

BaclaranChurch_2.jpg

キャンドルを灯す場所がありました。

キャンドルは、この世を照らす光=キリスト教徒にとっての

イエス・キリストの存在、そして自らの命を削って光を灯す

イエス・キリストの生き方の象徴と信じられており、

キャンドルを灯し、イエス・キリストへの崇敬、信心をあらわした後、

教会内で行われるミサに参加します。

 

奥にイエス・キリストの像が飾られているのはそのためだそうです。

 

教会の入り口にも、

BaclaranChurch_3.jpg

ひざから血を流し、十字架に打たれたイエス・キリストの像があり、

人々が花のお供えとともにお祈りを捧げていました。

 

 

教会の中に入ろうとすると、

BaclaranChurch_4.jpg

とても前に進めないほど人で溢れていました。

 

何とバクララン教会の収容人数は、座席2000人と立ち9000人

教会の外まで、人が溢れていたことを考えると、

1万2千人近くの人が同時にこの教会に同時にいて、お祈りを

捧げていたことになります。

 

ヨーロッパやアメリカでもミサに参加しない若いキリスト教徒が

増えていると言われる中、

フィリピン人のキリスト教徒は熱心で感心します。

BaclaranChurch_5.jpg

人が多くて、前が見えないので、教会の中にたくさん

テレビが設置されており、壇上で話す牧師さんのスピーチの

姿が生映像で映されていました。

 

 

ミサは時間によって英語とタガログ語の両方で行われています。

BaclaranChurch_Schedule.png

 

英語が分かる方は、英語の時間帯に行ってみると内容も

分かっていいと思います。

 

フィリピンとフィリピン人を知るためには、

キリスト教の教えを知ることは必須とも言えるほど、

キリスト教は人々の生活・考えに根付いています。

 

好きになったフィリピンをもっと知るために、

是非、バクラランデーの水曜日にバクララン教会で

キリスト教のミサに参加してみてください。

 

キリスト教徒でなくても、入場を拒まれることはありませんが、

服装は露出控えめな服装で行くようにしましょう!

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク