フィリピンでの年越しはとにかく賑やか!変わった伝統的年越し3つ | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

フィリピンでの年越しはとにかく賑やか!変わった伝統的年越し3つ

新年明けましておめでとうございます。

フィリピン・マニラからレッチェフランです。

読者の皆様に愛されるブログを書いていきたいと

思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

あ~この「明けましておめでとうございます」の穏やかで

静かで、丁寧で、ちょびっと崇高な感じがとてもとても恋しい。

ポストを開けると懐かしい友人からの年賀状が届いて、

思い出にふけり、今年の抱負を考えるあの日本の年越し。

 

フィリピンで3回目の年越しを迎えましたが、

この賑やかすぎるフィリピンの年越しにまだまだ慣れない私です。

 

本日はフィリピンの変わった年越しの文化3つをご紹介します!*

【丸いフルーツを食べる】

年末にマーケットやスーパーに行くと、みかん、りんご、

ぶどうと丸いフルーツが山ほど並んでいます。

NewYear_Fruit.jpg

 

丸いフルーツはお金を意味すると言われており、

丸いフルーツを食べることで金運を呼んでいるそうです。

それを聞いて私も、近くの木から八朔(こちらだとスーハ)を

たくさんもぎ取ってきて、お金持ちになっている私を想像して

にんまりしながら食べました。

他に、パンシットというフィリピンの焼きそばも

食べると長生きできるといわれており、年越しによく食べられます。

 

 

【ジャンプする】

年越しにジャンプすることで身長が伸びると言われており、

子供達は揃って12回跳びます。

マサイ族か!

フィリピン人は男性平均身長162cm、女性150 cmと

身長が低いと言われる東南アジア人の中でも

ベトナム人に次ぎ、2番目に背が低いそうです。

残念ながら、あまりこの年越しジャンプの効果はないようですね。

でも、それに気づかず(?)この伝統ジャンプを続けている

純粋無垢なフィリピン人を少しいとおしく思います。

 

 

【爆音をつくる】

普段から賑やかなフィリピン人ですが、

年越しはその本領を発揮し、賑やかを通りこしてうるさいほどです。

中国からきた慣わしだそうですが、年越しには爆音をつくることで、

邪気を追い払えると信じられています。

 

大晦日のお昼頃から子供達がトランペットを吹いて

「プープー」と大音量で合唱を始めます。

NewYear_Trumpet.jpg

 

夜ご飯の時間19時くらいになると、爆音で音楽をならし、

ほろ酔いの大人たちが踊りまくり、

23時50分ごろから各家庭から花火が打ちあげられ、

爆竹がならされ、空襲が始まったのかと思うほどの

けむりと爆音に包まれます。

 

酔っ払って花火を打ち上げるので、1月1日は1年間

で一番病院が忙しい日といわれており、指を失った

人や怪我をした人で溢れます。

 

あまりにうるさいので、大音量が苦手な私は

2年連続で窓を締め切り、部屋にこもってしまいました。

今年は年越しに雨が降ったのでこの爆音を免れられるかと

思いましたが、フィリピン人にとって雨など敵ではないようです。

 

勇気がある方はフィリピンの戦争が始まったような

年越しを経験してみるのもいいかもしれません!*

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク