フィリピンでも旧正月(Chinese New Year)が祝われるのは、何故? | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

フィリピンでも旧正月(Chinese New Year)が祝われるのは、何故?

ハッピーニューイヤー!
1月27日から、本日2月2日まで中国では旧正月

台湾・香港・シンガポールなど中華系の国が旧正月を祝うのは
分かりますが・・・
フィリピンも1月28日はChinese New Yearで祝日




「ただ、休日を増やしたいからかなーフィリピン人らしいなー」と
思っていましたが、1月28日SMモールに行くと、

あら、Chinese New Year仕様にデコレーションされて、
きちんと祝われてるではないですか!
Chinese_SMSucat.jpg

今年の干支、酉(とり)も飾られていました。
Chinese_SMSucat2.jpg

フィリピン人に聞くと、Chinese New Yearも1月1日の
年越しほどではないけど、祝うよ!とのこと。


フィリピン人のChinese New Yearの定番はコレ!
Chinese_Mochi.jpg
ティコイ(TIKOY)です。

タガログ語なのか、中国語なのか、分かりませんが、
いわゆるお餅。
日本のお正月は1月1日ですが、お餅を食べる習慣は
古くに中国から来ているのかもしれませんね。

日本ではきなこやサトウ醤油をつけてたべるのが定番ですが、
フィリピンではカットしたら生卵につけて、フライパンで焼きます

Chinese_Mochi2.jpg
初めは「まじかっ!ちょっと無理。」と思いましたが、
これが意外に美味しいんです!*


そして、人だかりが出来ていたのは、煌びやかな中国の置物コーナー
Chinese_Gold.jpg
金色の鯉、酉(とり)、招き猫、台湾の博物館で見かけた白菜
など色んな金運のつきそうな置物が売られていました。

Chinese_Fusui.jpg
実はこれ、Chinese New Yearにだけ特設されているわけ
ではなく、SMモールには常設で中国の置物売りコーナーや
ショップがあるんです。

実は日本人以上に風水好きが多かったりするのが、フィリピン。
お金持ちの友人の家に行くと、こういった置物が置かれている
ことがよくあります。
(私も一つ買おうかしら)


さて、翌日、別のSMモールに行きました。
祝日に設定されている1月28日だけChinese New Year気分
なのかと思いきや、
Chinese_SMBF.jpg
ここでもまだデコレーションされていました。

特設舞台まであり、何だろう?と近づいてみると・・・
Chinese_SMBFstage.jpg

 

犬と猫のファッションショー!!!

Chinese_Dog.jpg

 

って、Chinese New Yearに全然関係なくない?!

戌(いぬ)年・・・でもないし!

 

でも、アラブ人の服を着て帽子をかぶったにゃんことか

フリフリのドレスを着たわんこが大勢いて、

可愛すぎて癒されました。

 

私も結局、Chinese New Year ズンバーパーティーと名づけられた

名前だけで中国にも正月にも関係ないズンバ(ダンス)パーティーで

2時間踊って、Chinese New Yearを楽しませていただいたのでした。

 

フィリピンいちのお金持ちはSMモールのオーナー

ヘンリーシー氏ですが、彼は中華系フィリピン人なので、

SMモールではChinese New Yearが盛大に祝われているのかもしれません。

 

だとすると、彼のフィリピンへの影響は本当に大きいですね。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク