タイ料理レストラン「Soi」で舌試し! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

タイ料理レストラン「Soi」で舌試し!

マガンダン ハポーン!

最近、南メトロマニラの中心として発展しつつあるアラバンへ

たまには南へ出るぞとお出かけしてきました。*

日系製造業の企業が多くあるラグーナで働く日本人駐在員なども
ラグーナまで高速で一本という立地的利点とお洒落なイメージから
かつての中心地マカティからアラバンへ移り住む人も増えているようです。

そのお洒落なイメージを作り出す中心となっているショッピングモールが
Alabang Town Center (アラバン・タウン・センター)!*

Soi_AlabangTownCenter.jpg

衣服や靴ブランド・電化製品・日用品などはもちろん、レストランも充実しています。

今日は、せっかくアラバンまで来たし、いつもと違うものをと、
レストランを見渡しながら歩いていると・・・

「コップクンカー」

と聞き慣れない英語でもタガログ語でも日本語でもない言葉で

呼び込みをしているレストランが!

フィリピンに限らず東南アジア好き!

という方は分かったかもしれませんが、タイ語です。

タイ語で呼び込みをするタイ料理レストランの名前は

「Soi -Fine Thai Cuisine-」

Soi_Inside.JPG

店内のデザインも紫に鏡貼りと何だかエキゾチック。
わくわくします。

メニューを開くと・・・

Soi_Spicy.JPG

そうだった!


タイへはバンコクとプーケット島に2度行ったことがありますが、
どこで食べても激辛だったんだ!


でも、フィリピンも辛いものは多いし、舌も慣れたはず。
Beef in red curry (ビーフレッドカレー)をオーダーしました。

198ペソ(=約450円)

オーダーを終えるとおつまみが出てきました。

Soi_Snacks.JPG


こういうちょっとしたサプライズって嬉しいよね。

とピーナッツを口に運ぶと・・・
辛――――――――――っい。

既にヒーヒー言って、思わず甘いコーヒー(Thai Coffee Cream)をオーダーしました。

98ペソ(=約230円)

Soi_Coffee.JPG
何だかコーヒーすらエキゾチックな味がします。

さて、メイン料理。

Soi_Curry.JPG

牛肉+おくら、茄子、赤ピーマンと野菜たっぷりで美味しそう~!

ですが、やっぱり初心者には、辛すぎました。


タイ料理の辛さはフィリピン料理の辛さなんて比じゃないのだと
気づいたランチタイムでした。

辛いもの好きな方にはたまらなく刺激的で良い感じだと思います。
舌試しに是非Soiへ!


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク