【マカティ】フィリピンでたこ焼き「HOKKAIDO TAKOYAKI」 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【マカティ】フィリピンでたこ焼き「HOKKAIDO TAKOYAKI」

先日、フィリピンで「たこ焼き」を食べました!


日本でも食べられるたこ焼きですが、フィリピンでは一味違っています。


よく言われるのが「タコ無し」であることです。笑


たこ焼きの由来が、中身のタコにあることに気づいていないことが多いです。


そのため、フィリピン発のたこ焼き屋さんでは、しばしばタコ無しのたこ焼きを見かけることがあります笑


今回は、その逆で、日本では入っていない具が入っている面白いお店をご紹介します!


「HOKKAIDO TAKOYAKI

hokkaidotakoyaki2.jpg


現在、メトロマニラに3店舗を構えるたこ焼き屋さんです。


hokkaidotakoyaki1.jpg


今回、僕はSMマカティの地下1階の店舗に行ってきました。


hokkaidotakoyaki3.jpg


面白いのが、具がちょっと変わっているところ。


オリジナルは、日本と同じのタコです。


その他「ベーコンとチーズ」や「ホタテ」「カニとモッツァレラ」があります。


日本人からすると、ちょっと驚きますよね?笑


hokkaidotakoyaki5.jpg


具についてもですが、どんな仕上がりになるかもビジュアル確認することができます。


hokkaidotakoyaki4.jpg


料金もリーズナブルで、6個入りでP119(約260円)、9個入りでP159(約350円)、12個入りでP199(435円)。


日本よりも安価に食べれます!


hokkaidotakoyaki7.jpg


hokkaidotakoyaki6.jpg


日本で見るのと同じ器具で、同じ要領で焼いていきます。


hokkaidotakoyaki8.jpg


僕は、6個入りのオリジナル味を食べました!


hokkaidotakoyaki10.jpg


見た目は、日本のものより丸みはなかった(丸くすることにこだわっていない様子)ですが、味は変なローカライズ化がされていなく、日本に近いもので美味しかったです!


hokkaidotakoyaki9.jpg


具もしっかりと入っていました!


・所在地

SMマカティの地下1階




ぜひ、日本にはない具を試してみてはいかがでしょうか?


TAKUSEKI@tac_uitl])


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: TAKUSEKI(たくせき)
新卒で公務員を経験ののち、IT企業に転職。その後フリーランスとして独立。 東南アジアの勢いを見たくて、知人が住んでいたフィリピン・マニラに移住。
マニラの都市マカティを中心に、日本とフィリピンの間でノマドワークをしながら、WEB領域で活動しています。
趣味は、食べ歩きとブログ、デザイン、プログラミング。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク