新鮮シーフードを食べられるオイスターベイに行ってみた。 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

新鮮シーフードを食べられるオイスターベイに行ってみた。

フィリピン・セブではバーベキューや鶏肉・豚肉料理が有名ですが、ローカルではあまりシーフードを食べることはできません。また、セブは海のイメージが強いですが、新鮮でおいしいシーフードを食べられるお店を見つけるのはそう簡単ではありません。

そんななかセブのマンダウエ市にあるジーフードレストランのオイスターバーは手ごろな値段で新鮮なシーフードが食べられるお店として有名で現地の人々にも人気となっています。

今回はこのお店を紹介したいと思います。

 



 

オイスターベイはセブ市内からマクタン島に向かう途中、マンダウエ市にあるブリッジタウンスクエアー内にあります。

 

IMG_1012

 

新鮮なシーフードを手ごろな値段で食べることができるので、地元の人や、セブに住む外国人、観光客まで幅広い人々に人気のあるレストランです。週末は大変賑わいますので良い席で食事をしたい場合は予約をする事をお勧め致します。

私が行った時もほぼ満席の状態でしたが、あまり待つことなく料理が次々と出てきました。店員さんも気さくでフレンドリーな方が多いので楽しく落ち着いて食事を楽しめます。

 

IMG_1013

 

お店は雰囲気が良く、庭にはホワイトサンドが敷き詰められ、庭にある水辺にはサメが飼われています。毎日決まった時間にサメへの餌付けが行われます。

店内は3つのエリアに分かれています。1つはエアコンの効いたガラス張りの室内、2つ目はソファーが置かれた半屋内、3つ目は屋外の砂浜。その時の気分で食事をする場所を選ぶことができます。

 

IMG_1015

 

店内には大きないけすもあり、そこからお好みの海鮮を選んで、お好みの調理方法で料理を作ってもらえます。もちろん、通常のメニューもありますので、生で食べたい場合やより新鮮な海鮮を食べたい場合はいけすから選ぶといいでしょう。

肝心の料理はどれも美味しく、ボリューム満点です。1つ1つの料理は量が多いので、グループで行って少しずつ色々な種類を食べるのがオススメです。

料理のお勧めはカキはもちろんのこと、カニやロブスターなどの甲殻類と竹筒に入れられたフライドライスです。竹筒のフライドライスは南国らしい見た目とインパクトのある味が印象的です

IMG_1021 IMG_1018

店内の雰囲気も良いのでカップルの方にもお勧めです。

ゆっくりと落ち着きながら美味しいシーフードを召し上がりたいときは是非オイスターバーに行ってみてはいかがでしょうか。

 

(ヤス)

 

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク