希少なジンベエザメと一緒に泳ごう。 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

希少なジンベエザメと一緒に泳ごう。

セブ島周辺ではさまざなアクティビティーに参加できますが、なかでもジンベエザメと一緒に泳く事が出来るアクティビティーは世界的に見ても珍しいです。特に、ジンベエザメを見学し、スミロン島に行くアクティビティーが中でも人気です。

今回は、ジンベエザメウォッチングと・スミロン島に行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

 



セブ市内から車で3時間半。セブ島の南にある町オスロブではジンベエザメを間近に見る事が出来ます。それだけでなくスノーケリングやダイビングで一緒に泳ぐことが出来ます。

 

CIMG2257

小舟で囲っている中にジンベエザメはいます。

遭遇率はほぼ100%と言われております。それも1匹だけでなく、5~6匹は常に見れるとのことです。現地のスタッフによると最大で14匹も集まると言われています。

 

P1050721a

 

間近でみるジンベエザメは迫力満点で圧倒されます。禁止事項として触ってはいけない事になっているのですが、ジンベエザメの方から近づいてくるので避けるのに必死です。

動きは緩慢で穏やかなサメとはいえ、あの巨体で向かって来られると少々驚かされます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ジンベエザメは浅瀬にいますのでスノーケリングでも十分楽しめます。ダイビングの方はジンベエザメを下から見ることが出来るので、アクティビティーによって楽しみ方も変わってきます。また、泳ぎが苦手な方でもフィンやライフジャケットのレンタルがあり、浮き輪を持った補助のスタッフが近くにいますので安心して見学できます。

オスロブまでは少し遠いですが、セブに来たらジンベエザメは必見です。

CIMG2281

 

ジンベエザメ見学の後はスミロン島に行きます。スミロン島はオスロブからすぐのところにある小さな島です。きめ細かい砂浜は遠浅になっており、水の透明度も高いので大変きれいです。ここでもスノーケリングやダイビングをを行います。珊瑚や多くの魚を見る事が出来ます。

CIMG2263

 

アクティビティーに疲れたら、浜辺に上がってきれいな海を眺めるのもいいでしょう。ランチは浜辺でお弁当を食べます。海を眺めながら浜辺で食べるお弁当は最高です。

CIMG2275

 

オスロブまでは3時間半と移動は長いですが、道中で見れる街の風景や田舎の風景はセブ市内と違うので楽しめますし、なによりジンベエザメは長い時間をかけて移動してでも見に行く価値ありです。ダイビングを趣味にされている方はもちろん、そうでない人にとってもいい思い出となるでしょう。

また、オスロブまでの道のりの田舎の風景は日本人にはどこか懐かしく、きっと癒される事でしょう。

 

IMG_8548

 

(ヤス)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク