アヤラモールの中にある「iStore」をみてみよう! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

アヤラモールの中にある「iStore」をみてみよう!

日本には渋谷などに有名な「Apple store」がありますが、フィリピンでApple製品が破損・故障すると簡単には直すことができません。大型電気店などもほぼないに等しいこのセブでは、Apple製品を直す場合どうしたらいいのでしょう?実際に筆者のMac book AirのSSDが破損してしまったので、その修復までのプロセスを見てみましょう。



Appleが委託している修理を行える電気店は、セブには4箇所存在すると公式サイトに記載されています。筆者は実際にその2つを訪れましたが、1つは大きな工場で個人の受け入れがなく、もう一つはオーナーの変更によって店舗が移転したそうで、移転先は全くわかりませんでした。そのため、セブ島で最も大きいモールの1つであるアヤラモール3階の、「iStore」に行ってみる事にしました。


IMG_2663 (700x525)

iStoreはアヤラモールの3階、エレベーターのあるエリアに店舗を構えています。日本のものと比較すると小さな店舗ですが、Appleの店舗らしくシンプルな内装になっています。


IMG_2660 (700x525)


Mac book AirのSSDとは、Solid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)の略称で、従来のHDD(ハードディスク)に比べて処理速度が高速である一方で、一部では寿命が短いとの指摘を受けています。

SSDの読み書き性能の高さ、静寂性、消費電力の低さなどが人気となり、ノートパソコンのハードディスクをSSDに交換するというブームが起こったこともあるそうです。

 

IMG_2661 (700x525)

このように様々な商品が展示されていますね。実際に触れて試すことができるのも日本と同じです。店舗が小さいことと、購入を検討している人もこの日は少なかったため、店内は空いていました。

またスタッフのシャツは緑に統一されていました。公式サイトを見ると青である事が多いAppleのスタッフシャツですが、緑も白には映えるので清潔感があります。

IMG_2662 (525x700)

今回筆者が修理に出したMacは1週間程度で修理の結果が通達されるそうです。携帯番号をスタッフに伝えて、テキストを待てばOKです。

また意外だったのは修理の預かりの際、傷や破損個所などを非常に細かく記録してくれたことです。日常的に比較的アバウトなセブの人たちですが、iStoreは高価な品を扱っていることもあり、製品管理には気を使っているようですね。

皆さんもiPhoneなどApple製品が故障した場合は、iStoreへ持ち込んでみてくださいね!

(タク)

(Info via http://www.toha-search.com/pc/ssd.htm)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク