フィリピンの伝統料理のPochelo(ポチェロ)を食べよう! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

フィリピンの伝統料理のPochelo(ポチェロ)を食べよう!

ここフィリピンには数々の伝統的な料理があります。

例をあげると、フィリピン風の生春巻きで、エビや豚を薄いクレープのような生地で焼いたものであるルンピア・ウボッドや魚介類や肉類を具とした酸味スープであるシニガン、そしてエキサイトセブでもすっかりおなじみの香草を詰めてゆっくりと回転しながら焼きあげた子豚の丸焼きであるレチョン・バボイなどがあります。

今回は起源はスペインの豚肉のシチューであるといわれている、牛肉や豚肉を煮込んだフィリピンのシチューPocheloを食べられるお店を紹介させていただきます。

今回紹介するお店はFuente Osmena Circleの近くのロビンソンモールの裏にある、Abuhan Dos Restaurantというお店です。セブ島で最も有名なお店の一つなので、タクシーでこちらまで行かれる場合はかなりの確率でドライバーは知っていると思います。お店の外観はこちらです。まるでアメリカのドラマに出てくるような白い家です。

IMG_20141027_124516

レストランへの入り口の前はこんな感じです。色鮮やかなガラスOPENの文字が目印です。

IMG_20141027_124629

こちら、店内です。写真ではわかりづらいと思いますが席数がかなりありとても広いレストランとなっております。お友達などと大人数で行かれても大丈夫です、居心地よくお食事を楽しめると思います。

IMG_20141027_125331

IMG_20141027_125345

窓にはよく見ると、I Love Pocheloと書かれています。

IMG_20141027_125435

こちらがお店のメニューとなっております。朝食のメニューもあります。写真付きで比較的わかりやすいメニューとなっております。

IMG_20141027_125028 IMG_20141027_124917 IMG_20141027_125201

今回筆者はもちろん、Pork Pochero 210ペソ(約420円)Garlic Rice 30ペソ(約60円)をオーダーしてみました。この二つの組み合わせは実は非常にマッチしていて、最高なんですよ!

まずはこちら、Pork Pocheroです。

感想としては、味は旨いが食べづらい、スープに豚肉や野菜の味がとてもしみており体にやさしい感じがします。個人的に筆者はポトフなどに近い料理かなと思いました。

IMG_20141027_130143

最後にこちら、Garlic Riceです。

すこし形が崩れた状態で提供されましたが、Pocheroのスープとは本当にマッチしてごはんがよく進みます。なんてことない普通のGarlic Riceですが、Pocheroを頼む際はこちらのGarlic Riceをお忘れなくお願いします。おすすめです!

IMG_20141027_130204

こちらのお店は24時間営業でいつでも入店可能なので、仕事で帰りが遅くなってしまっても安心して立ち寄ることができます。Fuente Osmena Circleのほうに行かれた際はぜひお立ち寄りください。

住所:F-RAMOS ST CEBU CITY

(Shogo)

 

 

 

著者プロフィール

名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク