空港の滑走路と平行して続く道路からの夕陽!! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

空港の滑走路と平行して続く道路からの夕陽!!

セブ島・マクタン島にお越しの際は、皆様が使っていると思いますが、マクタン島内にはセブの国際空港があります。もちろん、空港があるという事は、滑走路もあるわけです。

 



 

今回は空港の滑走路の横に続く一般道路の風景とそこから見えた夕陽をご紹介します!前回の朝日の特集に続きまして、今回は夕日です!

IMG_3074

 

滑走路の横、というのは位置的には空港の南側に、東西を横切る道路のことを意味します。マクタン島内の右端から左端までを一直線につなぐこの道は、地元の人を中心に交通が盛んな時間帯もあります。

IMG_3070   IMG_3075 IMG_3076

 

しかし、大きくて整備された道路という雰囲気ではなく、右側はフェンスとその先に滑走路、空港があり、左側には小さい民家や、スペースがある為かあまり見かけない大きな家もあります。また、家だけではなく、空き地も広がっていて非常にのんびりとした空間が広がっています。

IMG_3077

 

 

そして、夕陽の時間帯にここに立つと、ちょうど空港のずっと奥の方に沈む温かく、しかし力強い夕日に染まった空が見れます。

IMG_3073

フェンスの中に広がる滑走路を含んだ広大な土地のおかげで、先の先にある夕日がなんの建物の邪魔もなく満喫できます。ビーチ沿い(海岸沿い)以外で、このような夕日の空を見ることはあまりなかったので、とても驚きました。

IMG_3080

 

また、日本でも空港に出向けば飛行機は間近に見れますが、ここでは1枚のフェンス越しに、飛び立つ飛行機、着陸する飛行機を見ることができます。

その音、飛行機の大きさ、迫力はなかなか言葉では表せませんが、とても感激しました。

また、このフェンス沿いを進んでゆくと、いくつか小型のセスナ等も置いてあり、乗り物好き、機械好きな人たちにとっては夕日だけでなく、楽しめる空間があると思います。

 

なかなか通る機会はないかもしれませんが、もしこの近くを移動する機会があればぜひ一度夕方の時間帯に通ってみると、新しい夕日が見れると思います。

 

知っているようで知らなかったこと、普段と違う道や手段、考えをしてみると新しい発見に繋がりやすいのかもしれません。

経験から来る判断ももちろん大切ですが、固定概念や自分の思い込みだけで判断はせず、時にはその場の心に身を任せて行動してみると、また普段とは違う結果になることもあるのではないかと思います。

セブ島に比べたら小さい小さいこのマクタン島ですが、まだまだ通ったことのない道、見たことのない想像を超えた風景があると思いますので、そう言った場面に遭遇したらまたご紹介したいと思います!

(Issei)

著者プロフィール

名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク