オランゴ島タリマビーチのさわやかな風を感じよう。 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

オランゴ島タリマビーチのさわやかな風を感じよう。

よく晴れた日曜日、家にこもってるのはもったいないけどゆっくりしたい。でも泊りでどこかに行くほどの時間はないという方は多いのではないのでしょうか。

筆者もそのうちの一人でビーチのハンモックなどに揺られて静かに昼寝をしたりしながら休日を過ごしたく思っているのですがなかなかそのような場所がなく悩んでいます。マクタン島のリゾートはデイユーズに値段が高く、またボホールなどは少し遠いとどれも一長一短です。

そんな筆者が最近静かでのんびりできてとても気持ちのいい風が吹く場所を見つけましたのでご紹介したいと思います。



マクタン島近海には大小さまざまな島がありますがマクタン島から近く、定期船が出ている島といえばオランゴ島だと思います。今回筆者はオランゴ島に行ってきました。

前回筆者が紹介したANGASILの港から定期船が出ているので気になる方はご参照ください。筆者もオランゴ島上陸は初めてだったのですがセブとは違いかなり田舎のように感じました。港到着後、トライシクルに乗り筆者が向かったのはタリマビーチリゾートです。

マクタンの港からオランゴ島の港まで定期船で20~30分、オランゴ島の港からタリマビーチリゾートまでトライシクルで10分程度です。タリマビーチリゾート近くからトライシクルは捕まえにくいので送ってくれたトライシクルのドライバーに何時に迎えに来てもらうようお願いしておくのがいいと思います。

dsc_1536-a

タリマビーチリゾートはこじんまりとした小さなリゾートなのですが、前面には海が広がっていてマクタン島の各リゾートが見受けられます。眺めは非常にいいです。

また、写真のような屋根付きのベッドが設置されているので寝転がりながら前面に広がる海を眺めたり、海から吹くさわやかな潮風を感じつつ昼寝をしたり、読書をしたりととてものんびりできる空間が広がっています。

また、筆者が行った日がたまたまかもしれませんが人が全くいないのも魅力的です。本当に静かなリゾートで海の音や風の音など自然の音が聞こえてくるのみでとても居心地がいいです。

dsc_1538-a
のんびり派ではなく、アクティブに遊びたいという方はダイビングセンターも併設しているのでダイビングもすることが可能です。

午前中はダイビング、午後からお昼寝なんてのも適度に両方楽しめていいかもしれません。

dsc_1542-a

また、レストランで注文したマンゴーシェイクが最高です。乾いたのどを潤してくれ、優しいマンゴーの甘みが体にしみわたります。

トライシクルや定期船に乗るのでセブに慣れている方でないと行くのが少し難しいかもしれませんが気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

(KEI)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク