【セブ島】パリアン広場とセブ最古の家 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【セブ島】パリアン広場とセブ最古の家

今日は、昔のフィリピン人の住まいがどんなものだったのか見ることが出来る場所をご紹介していきたいと思います。

それが「パリアン広場」と「ヤップの家」になります。



パリアン広場は人の背丈ほどの塀で囲まれた小さな広場で、沢山の銅像があるのですぐに分かります。

何の像かというと、セブの今までの歴史の中で最も影響を及ぼした出来事を銅像で残しているんです。

例えば、セブの英雄ラプラプとマゼランの戦いの様子や、スペインに抵抗したフィリピンの革命などなど。

ここにあるモニュメントを見れば、今までセブで何が起こって来たのかをまとめて知ることが出来るんです。

1524306427388.jpg

このパリアン広場すぐ近くに、セブ最古の家「ヤップさんの家」があります。

木造なんですが、かなり良い状態で残っていてびっくりしました。

時期によってデコレーションが変わるようです。

独立記念日あたりになるとフィリピン国旗が飾られ、クリスマスだとクリスマスデコレーションになっています。

セブ最古の家ですし、とても重要な文化財のはずなんですが、飾り付けを変えたりしている遊び心が面白いな~っていつも思います。

ヤップさんは中国人商人だったそうで、この家は1階が仕事場で2階が住まいとして使われていました。

1524306429267.jpg

では、中を覗いてみましょう。

なんと言うか、本当にここで人が生活していたんだと思うと不思議な気持ちになってきます。

IMG_20180123_131025.jpg

昔の家は天井が低かったんですね。

主婦なのでキッチンも興味深かったです。

IMG_20180123_131026.jpg

こういった、実際に人が住んで生活をしていた食器や家具などを見るのって私は本当に大好きなんです。

「昔の人はこんなもので料理をしていたんだ!」とか「昔の家の家具ってこんなんだったんだなぁ」って見ていてわくわくしてきました。

セブってリゾートのイメージも強いですが、ちゃんとこう言った歴史的な文化財もあるんですよ。

興味のある方は是非行ってみて下さいね。

場所を見ておきましょう。

セブシティ繁華街近くにあるオスメニアサークル(サミットサークルホテルがそばにあります)からタクシーで10分ほどの距離です。

そこまでダウンタウンな場所でもなく、近くに消防署や警察など役所関係の建物があったり博物館もあるので、治安がものすごく悪いと言うこともありません。

沢山の観光客がぶらぶらと歩いていますよ。

MARUでした。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: MARU
セブ島がどこにあるかも分からず 駐妻としてやって来てから10年目。
今では自家用車・タクシー・ジプニー・バイクあらゆる乗り物に乗ってあちこち出かけています。 セブ島にある有名どころのホテルはほぼ泊まったことがありますので、ホテル選びに迷っている方のお役に立つような記事を書いていきたいと思っています。
現在はセブ島の現地語であるビサヤ語の日常会話を勉強中です。趣味は食べる事と筋トレ。 今年の目標は180°開脚です!

1.セブ島の魅力
フィリピンも日本と同じく英語が母国語ではないので、意外と英語が聞き取りやすく、簡単な単語でも分かってくれます。 言葉が通じると旅もより一層楽しくなります。

2.おすすめの過ごし方
何にもしないで、ホテルのビーチで海の音を聴きながらボーッと過ごすのが一番だと思います。 マッサージも本当に安いので、毎日でも行って日本でのストレスや疲れを全て取り払うのも良いですね。

3.おすすめホテル
1位 シャングリラ
日本人大満足のサービスならここ!

2位 クリムソン
静かに過ごしたい方にはここ!

3位 J Park
ホテルの回りに色んなお店があって便利!
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク