【セブ島】Jパークアイランドリゾート を徹底紹介!②プール編 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【セブ島】Jパークアイランドリゾート を徹底紹介!②プール編

今日は、Jパークのプールについてご紹介したいと思います!

子ども達はプールが楽しすぎて、なかなか出てくれなくて困りました(^^;


まずはプールへ入る前に、タオルステーションにて浮き輪に空気を入れたり、ライフベストを借りましょう。

どちらも無料で利用できるのが嬉しいですね。

IMG_20190721_140555.jpg

Jパークのプール一覧
(それぞれの項目をクリックすると詳細へ飛びます)

① アイランドプール

② 流れるプール

③ キッズプール&ベビープール

④ ウォータースライダー

⑤ ビーチ

① アイランドプール


ホテルから一番近い場所にあるのが、アイランドプールです。

大きいプールの真ん中に、まるで島のようにレストランやプールバーがありますよ。

緑が多いので、日影が多いのも嬉しいです。

IMG_20190721_104718.jpg


一部かなり深い場所があったりするので、お子様連れの方は注意が必要です。

IMG_20190721_140522.jpg

IMG_20190721_104634.jpg


ここでの一番人気は、こちらのバランスロード!

子どもしか遊べないのが残念ですが、何度も皆並んで大人気でした。

IMG_20190721_141022.jpg

② 流れるプール

流れるプールがあるホテルは、今のところJパークだけです!

IMG_20190721_102616.jpg


流れるプールの入り口に、このような浮き輪が置かれています。

無料ですので、勝手に取って流れていきましょう。

IMG_20190721_141420.jpg


二人乗り用の無料浮き輪もありますが、数が少ないので見かけたらラッキーですね。

IMG_20190721_142545.jpg

IMG_20190721_141450.jpg


さぁ、浮き輪を取ったら流れに乗って流れていくだけ!

IMG_20190721_141504.jpg


こんな感じですよ~。

IMG_20190721_141520.jpg

IMG_20190721_141601.jpg

IMG_20190721_141532.jpg


「ちょ、ちょっと待って...」と言いたいくらい、あちこちから水が出てきます。

IMG_20190721_141610.jpg

③ キッズプール&ベビープール


キッズプールは、スライダーをはじめとして楽しい遊具が沢山!

親子で思いっきり水をかぶって遊びましょう。

IMG_20190721_142443.jpg

IMG_20190721_142351.jpg

IMG_20190721_142418.jpg


ベビープールがこちらです。

滑り台もちゃんとありますよ。

水深は30cmほどの本当に浅いプールですので、ベビーも安心して楽しく遊べます。

IMG_20190721_142453.jpg

④ ウォータースライダー

そして、Jパークと言えばこのウォータースライダー!

3本あります。

IMG_20190721_142227.jpg


緑と白のスライダーは普通のスライダーですが、

緑の方はトンネル式になっているので、暗い所や狭い場所が苦手な方は気を付けてください。

IMG_20190721_142243.jpg


飛びぬけてスリル満点なのが、こちらの赤と白のボーダー柄スライダー。

スライダーからこちらのつぼ型の部分へ滑っていきます。

その後、水洗トイレのように「くるくる~~ぽちゃん」と下へ真っ逆さまです。

落ちたところにはライフガードさんがいるので、安心して落ちて下さいね。

IMG_20190721_142307.jpg

⑤ ビーチ

プールの先には綺麗なビーチが待っています。

IMG_20190721_142148.jpg


ビーチへの入り口です。

遠浅の海なのですが、深くなるあたりには柵がされていますので、そこから先は行けないようになっています。

よーく見ると、柵のそばに何か浮いているのが分かりますか?

IMG_20190721_141952.jpg


よく見ると、何やらスライダーのような物が。

泳ぎに自信がある方は、頑張ってここまで泳いでみて下さいね。

IMG_20190721_142101.jpg


青い空に、澄んだグリーンの海。

プールだけでなく、海にも入ってみて下さいね。

IMG_20190721_142011.jpg

最後に


子ども達は日焼けも気にせず、暑い時間から泳ぎに出かけます。

セブの日差しは本当に強いので、日焼け止めや水分補給はしっかりとして下さいね。

私の場合は、このような重装備です。

IMG_20190721_135912.jpg

次の記事では、レストランについてご紹介します!

MARUでした。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: MARU
セブ島がどこにあるかも分からず 駐妻としてやって来てから10年目。
今では自家用車・タクシー・ジプニー・バイクあらゆる乗り物に乗ってあちこち出かけています。 セブ島にある有名どころのホテルはほぼ泊まったことがありますので、ホテル選びに迷っている方のお役に立つような記事を書いていきたいと思っています。
現在はセブ島の現地語であるビサヤ語の日常会話を勉強中です。趣味は食べる事と筋トレ。 今年の目標は180°開脚です!

1.セブ島の魅力
フィリピンも日本と同じく英語が母国語ではないので、意外と英語が聞き取りやすく、簡単な単語でも分かってくれます。 言葉が通じると旅もより一層楽しくなります。

2.おすすめの過ごし方
何にもしないで、ホテルのビーチで海の音を聴きながらボーッと過ごすのが一番だと思います。 マッサージも本当に安いので、毎日でも行って日本でのストレスや疲れを全て取り払うのも良いですね。

3.おすすめホテル
1位 シャングリラ
日本人大満足のサービスならここ!

2位 クリムソン
静かに過ごしたい方にはここ!

3位 J Park
ホテルの回りに色んなお店があって便利!
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク