【セブ島】TONG YANGで焼肉&鍋の食べ放題 | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【セブ島】TONG YANGで焼肉&鍋の食べ放題

本日はSMシーサイドにて、焼肉と鍋が食べ放題なお店に行って来ました。

お店の名前はTONG YANG(トンヤン)。

IMG_20191221_191433s-.jpg

IMG_20191221_203915s-.jpg

旦那さんが言うには、マニラで見たことがあるとの事。

場所はSMシーサイド1階です。

IMG_20191221_191410s-.jpg

クリスマス前で皆さんお買い物の方に忙しいのか、意外なことに空いていてラッキーでした。

IMG_20191221_203926s-.jpg

お値段は入り口に大きく書かれているので、とってもわかりやすいですね。

TONG YANG料金表

大人
平日ランチ538ペソ
平日ディナー638ペソ

週末・祝日は一律638ぺソ

子ども
約91cm以下は無料
約91cm~121cmは178ペソ
約121~140cmは318ペソ
※140cm以上は大人と同額のようです。

敬老割引
70~74歳は20%オフ
75歳以上は半額
※要身分証


様子をうかがっていると、身長はちょっとくらいならオマケしてくれるようです。

スゴイ事にこちらのお値段、なんとドリンク(ビール含む)込みなんです。

では中に入ってみましょう!

IMG_20191221_191632s-.jpg

中は広くてとってもキレイ!

IMG_20191221_192946s-.jpg

お箸もあるのも嬉しいです。

IMG_20191221_203950s-.jpg

最初に書いた通り、ビールも飲み放題です。

IMG_20191221_203942s-.jpg

その他は、炭酸ジュースやホットドリンク。

その他、レモンなどが入ったデトックスウォーターなどなど。

ただし、お水のペットボトルは別料金で1本40ペソです。なぜ?


では早速お料理見ていきましょう!

123.png

焼肉&お鍋なんですが、どれが焼肉とかお鍋用とか分けられていません。

とりあえずタレが付いていないのがお鍋用でしょう。

お肉の種類はかなりありました。

鶏・豚・牛、そしてモツやレバー、鶏の足もありました。

お魚や貝もあり、お鍋に入れると良いダシ出そうです。

UNIT14N.jpg

お野菜はこんな感じです。

なぜかグリーンのチリペッパーがあるので、激辛が苦手な方は気を付けて下さいね。

IMG_20191221_204152s-.jpg

焼肉タレやお鍋のつゆは自作できますよ。

生卵もあるので、〆に卵雑炊や麺を楽しむこともできるんです。

IMG_20191221_204023s-.jpg

お鍋の具材は他に乾麺も数種類あります。

白い麺が一番おうどんに近かったかも。

IMG_20191221_204041s-.jpg

練り物や餃子(っぽい物)もたくさん。

IMG_20191221_204046s-.jpg

個人的にはお麩みたいなのがすごく気に入って沢山いただきました。多分湯葉かな??

IMG_20191221_193451s-.jpg

焼き肉プレートはこんな感じです。

下の紙は剥がしたらダメなので気を付けましょう。

IMG_20191221_193310s-.jpg

お鍋は小鍋なんです!

ですから、家族やお友達にエビなどのアレルギーを持っている人がいる場合でも、一人鍋なので気にせず楽しめるのが嬉しいですね。

我が家はエビがダメな子がいるので助かりました。

お鍋と焼肉だけでは飽きてしまうので、ほかのお食事も沢山ずらっと並んでいますよ。


171520191227.png

中華料理コーナーでは、中華料理が4品並んでいました。

この日は春雨炒めや酢豚など。

IMG_20191221_204254s-.jpg

お寿司は日本のお寿司とはちょっと違い外国風のお寿司です。

IMG_20191221_204235s-.jpg

こちらは天ぷらです。一番人気はやっぱりエビ。

焼き上がるそばから皆さんどっさり取っていくので、焼きあがったら遠慮なく取っていきましょう!

IMG_20191221_204102s-.jpg

勿論デザートもあります!

一口サイズのプチケーキやアイスクリームなどなど。

食べ放題ですので、勿論時間制限はあります。

何とたっぷり3時間楽しめます!

IMG_20191221_205113s-.jpg

最後にお手洗いもご紹介しておきます。

個室は3つあり、とってもキレイでした。

子ども達は1人鍋が楽しかったようで、また来たいと騒いでいました。

勿論私もまた来たいです!

久々に楽しくて美味しいお店見つけました♪

MARUでした。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: MARU
セブ島がどこにあるかも分からず 駐妻としてやって来てから10年目。
今では自家用車・タクシー・ジプニー・バイクあらゆる乗り物に乗ってあちこち出かけています。 セブ島にある有名どころのホテルはほぼ泊まったことがありますので、ホテル選びに迷っている方のお役に立つような記事を書いていきたいと思っています。
現在はセブ島の現地語であるビサヤ語の日常会話を勉強中です。趣味は食べる事と筋トレ。 今年の目標は180°開脚です!

1.セブ島の魅力
フィリピンも日本と同じく英語が母国語ではないので、意外と英語が聞き取りやすく、簡単な単語でも分かってくれます。 言葉が通じると旅もより一層楽しくなります。

2.おすすめの過ごし方
何にもしないで、ホテルのビーチで海の音を聴きながらボーッと過ごすのが一番だと思います。 マッサージも本当に安いので、毎日でも行って日本でのストレスや疲れを全て取り払うのも良いですね。

3.おすすめホテル
1位 シャングリラ
日本人大満足のサービスならここ!

2位 クリムソン
静かに過ごしたい方にはここ!

3位 J Park
ホテルの回りに色んなお店があって便利!
名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク