【セブ島】セブは封鎖されていません(3/13現在) | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【セブ島】セブは封鎖されていません(3/13現在)

昨夜フィリピンのドゥテルテ大統領が、新型肺炎の蔓延を防ぐために、首都マニラを1か月間封鎖すると発表しました。

また、心配していた日本人の入国拒否はありませんでした!

これが一番嬉しかったです。

マニラへ国際線の発着は出来ますが、マニラから国内線で移動は出来ません。

セブにお越しの際はマニラを経由しないルートで来ていただければと思います。

例えば...

・直行便

・台湾経由

・シンガポール経由など

(2020/3/13現在、台湾やシンガポールからフィリピンへの入国は可能です)

(注意※中国本土・香港・マカオ経由でフィリピンに来ることが出来ません)

1584241215593s-.jpg

もうずいぶん前から中国からの便は無く、韓国からの便は減便されており、

到着案内も寂しく感じますが日本からの直行便は問題なく毎日フライトがありますよ。

1584241217803s-.jpg

お迎えのガイドさんなどの数も少ないですね。

日本からの直行便は到着が夜ですので、余計寂しく感じますが

人が少ない分、到着からすぐに外へ出られるというメリットがあります!

1584241219348s-.jpg

空港内の照明も最小限に抑えられているようです。

実際に町の様子はと言うと...スーパーなどで多少の買い占めは始まっていますが、買っているのは普段の生活で食べたり使用したりする物ばかりですので、ドライマンゴーなどのお土産品には影響はありません。

ドライマンゴーの工場はセブにありますので、品薄になることも無いのではと思います。

アルコールは置いてる数が少なくなってきたなと感じますが、トイレットペーパーは沢山ありました!

私たち家族もセブで普通に元気に過ごしていますよ~。

ただ日本と同じように学校は休校になりましたので、色々大変です...(^^;

フィリピンでは突然重大発表があったりしますので、また状況をこちらでお知らせしたいと思います。

MARUでした。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: MARU
セブ島がどこにあるかも分からず 駐妻としてやって来てから10年目。
今では自家用車・タクシー・ジプニー・バイクあらゆる乗り物に乗ってあちこち出かけています。 セブ島にある有名どころのホテルはほぼ泊まったことがありますので、ホテル選びに迷っている方のお役に立つような記事を書いていきたいと思っています。
現在はセブ島の現地語であるビサヤ語の日常会話を勉強中です。趣味は食べる事と筋トレ。 今年の目標は180°開脚です!

1.セブ島の魅力
フィリピンも日本と同じく英語が母国語ではないので、意外と英語が聞き取りやすく、簡単な単語でも分かってくれます。 言葉が通じると旅もより一層楽しくなります。

2.おすすめの過ごし方
何にもしないで、ホテルのビーチで海の音を聴きながらボーッと過ごすのが一番だと思います。 マッサージも本当に安いので、毎日でも行って日本でのストレスや疲れを全て取り払うのも良いですね。

3.おすすめホテル
1位 シャングリラ
日本人大満足のサービスならここ!

2位 クリムソン
静かに過ごしたい方にはここ!

3位 J Park
ホテルの回りに色んなお店があって便利!
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク