竹で作られた歴史あるバンブーオルガン教会(Bamboo Organ Church)に行ってきました! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

竹で作られた歴史あるバンブーオルガン教会(Bamboo Organ Church)に行ってきました!

マガンダン ハポン ポー!

聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、

フィリピンは非常に熱心なキリスト教徒が多い国で

全国民の90%にも上ると言われています。

 

そんなフィリピンの見所の一つと言えば、教会!

キリスト教徒ではない方も、歴史建造物として見る価値ありです。

 

イントラムロスの教会群はよくガイドブックなどでも

紹介されていますが、

イントラムロス以外にも特徴ある教会がいくつかあります。

その一つ、ラスピニャス市にあるバンブーオルガン教会に行ってきました!*

Bamboo_Outside.jpg

 

バンブーオルガン教会(Bamboo Organ Church)はその名の通り、

バンブー(=竹)で作られたオルガンで聖歌が演奏される教会です。

Bamboo_Church.jpg

中に入ると、天井は竹で出来ており、

火山灰でつくられたらしい柱からは歴史が感じられます。

ミサ(Mass)の時間を避け、土曜日に行きましたが、

それでも多くの方がお祈りを捧げていらっしゃいました。

 

フィリピンではキリスト教徒の中でも宗派がいくつかありますが、

一番多いのはカトリック(Roman Cathoric)で、

この教会もカトリックの教会です。

Bamboo_Christ.jpg

イエスキリストの像も飾られていました。

 

 

教会の横にはバンブーオルガン教会の歴史を知れる博物館があり、

1人100ペソでガイドさんが案内をしてくれます。

Bamboo_Tour.jpg

毎日、朝8時~正午と午後1時~5時の間、開館しているようです。

 

 

せっかくなので、ガイドさんについてもらい、博物館内

のご案内をしていただくことにしました!

 

 

フィリピンの国名と由来」でもご紹介しましたが、

フィリピンは、1565年~1898年の約350年間、スペインの植民地でした。

 

バンブーオルガン教会は1816年に、当時ラスピニャス市で

牧師としてフィリピン人にキリスト教の教えを説いていた

スペイン人のDiego Ceraが建てたものです。

Bamboo_Diego.jpg

彼は、非常に多彩な方で牧師以外にも、自然科学者、

建築家、社会指導者、竹の芸術家としても知られているそうです。

 

バンブーオルガン教会はこれまで何度か台風などの影響で

再建築をされているようですが、初めて建てられた際は

このオルガンを含め、全て竹で出来ていました。

Bamboo_Organ.jpg

現在、柱や外装などは火山灰などで作られていますが、

聖歌の演奏に使われているオルガンは

今でも竹で出来たバンブーオルガンです。

 

Bamboo_Organplace.jpg

(教会の2階から見られるバンブーオルガン演奏の様子)

 

私達を案内してくれたツアーガイドさんは、横にある

TESDAという政府の大学で勉強をしている学生さんで、

インターシップとして休日にツアーガイドをされているそうです。

 

堪能な英語で一つ一つ丁寧に案内してくれました。

Bamboo_Guide.jpg

 

ツアーガイドさんにお礼を言って、さよならをすると、

出口手前には竹のリコーダーなどの御土産コーナーもありました。

Bamboo_Souvenir.jpg

 

歴史建造物に興味がある方、キリスト教徒の方は是非

訪れてみてください!*

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク