マグイナサルのレストランバージョン「Inasal Chicken Bacolod」に行ってきました! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

マグイナサルのレストランバージョン「Inasal Chicken Bacolod」に行ってきました!

マガンダン・ガビ・ポ!*(タガログ語で「こんばんは」の意)

 

先日、フィリピン人から絶大な人気を誇るファストフード店

マグイナサル」をご紹介しましたが、

本日はそのレストランバージョンで同じく大人気の

「イナサル・チキン・バコロド(Inasal Chicken Bacolod)」

(通称ICB)へ行ってきましたので、ご紹介します。

 

Bacolod_Outside.jpg

 

マグイナサルとこのイナサル・チキン・バコロドは姉妹店では

ありません。

では、何故同じイナサルという言葉が使われているのでしょう?

 

フィリピンについてすごく詳しい方はご存知かもしれませんが、

イナサルとはイロンゴ語で「照り焼き」という意味です。

フィリピンの公用語は英語の他にタガログ語がありますが、

島国で出来ている地理的要因もあり、各地域で違う言語が

話されています

 

例えば、マニラと同じルソン島だと、3~4時間バスで北に上った

クラーク・ターラックなどはカパンパガン語。

それよりまた2~3時間北に上ったパンガシナン、バギオなどは

イロカノ語。

南の島でいうと、セブ島はセブワノ語、ミンダナオ島はビサヤ語

などです。

 

日本でも地方の方言があり、少し言葉は違っていても、大阪の人と

東京の人が話しても理解しあえますが、フィリピンでは違う地域の人が

それぞれの言語で話すと理解しあえないほど全く違う言葉なので、

方言ではなく、言語と言われています。

 

イナサルの言語、イロンゴ語は「微笑みの島」と称されるネグロス島で

使用されている言語です。

私も3度ネグロス島に行きましたが、海が綺麗で街はマニラやセブほど

まだ開発されておらず、田舎の風情を残していて、日本の沖縄のイメージです。

 

イナサルはバコロドというネグロス島の州都が発祥の食べ物です。

バコロドの方は本当にほぼ毎日というほど、イナサル料理を

食べていたのを記憶していますが、このICBでは、

バコロド人と同じようにバナナの葉にチキンが乗って出てきます。

 

Bacolod_Pwet.jpg

こちらは、Isolといわれるチキンのお尻の部位です。

小骨がコリコリしていて、脂身があり、美味しいです。

58ペソ(=約135円)

 

ICBの一番人気メニューはガーリックライスと肉料理の

組み合わせ「ICBコンボ」だそうですが、

Bacolod_Menu.jpg

 

今回はその中でも

ポークシシグ 130ペソ(=約300円)

Bacolod_Sisig.jpg

骨なしバングース 203ペソ(約470円)をオーダーしました。

Bacolod_Bangus.jpg

ポークシシグは野菜と豚の耳の部位などを石焼にした料理で、
まだ暑い石の鉄板に醤油をかけてジューッという音とともに
かき混ぜて食べます。
ほくほくの野菜と少し焦げかかった醤油の味が絶妙に合います。

 

バングースは魚の一種で、タガログ語ですが、英語では
ミルクフィッシュ(Milk Fish)と言われます。
フィリピン人に一番親しまれている魚です。
日本で食べられる魚に近い味は思いつきませんが、
日本人の口にも会う味です。

 

私が一番お気に入りでいつもオーダーするメニューは、
パンシット・エフベン 148ペソ(=約340円)。

Bacolod_Pancit Efuven.jpg

五目炒めににたフィリピン料理チャプスイの下に

そうめんのような薄い麺が入っています。

ボリュームたっぷりでいつも残り半分をテイクアウトしますが、

すごく美味しいです。

 

ファストフード店マグイナサルでは手で食べることが

薦められていますが、レストラン ICBは少しマグイナサルより

格が高いレストランなので、皆スプーンとフォークで食べています。

チキンの串焼きなどは難しいかもしれませんが、

極力手を使わないで食べてみましょう!*

 

皆さんがご宿泊されているホテルの近くだと

以下の場所にあります。

マカティ:Rockwell Business Center Ortigas  (オルティガス)

オルティガス:Robinsons Galleria

マラテ・エルミタ:801-C United Nations Avenue Ermita

マニラ:SM City Manila

アラバン:SM City Bicutan(パラニャケ)

ケソン市:SM North Edsa

 

是非、フィリピンで本格的なイナサル料理をお召し上がりください。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク