【ターラック】戦跡巡り*バターン死の行進の目的地につくられたカパス・ナショナル・シュライン | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【ターラック】戦跡巡り*バターン死の行進の目的地につくられたカパス・ナショナル・シュライン

第二次世界大戦で中、日本軍とアメリカ軍が

フィリピンでも戦争をしたというお話は

イントラムロス観光の際にしましたが、

その中でもフィリピンで今も語り継がれている

日本兵の悪態が「バターン死の行進」です。

バターンは、マニラより車で2時間ほど北上した場所にある

場所の地名で、このバターンからターラック州カパスの収容所

を目指して、約100kmの道のりをアメリカ兵とフィリピン人市民を

徒歩でご飯も与えず、時に殴るなどして歩かせたと言われています。

本日は、クリスマス明けですが、ずっと行きたいと思っていた

場所に年内に行っておこうと、

「バターン死の行進」の終点地点カパスに作られた遺産

「カパス・ナショナル・シュライン(Capas National Shrine)」

を訪れました。

Capas_Outside.jpg


カパス・ナショナル・シュラインは、コリー・アキノ大統領

(ドゥテルテ大統領前の大統領ノイノイ・アキノ大統領の母)

主導のもと、バターン死の行進1942年4月9日から

61年経った2003年4月9日に公開されました。

Capas_EntranceFee.jpg

入場料はフィリピン人が20ペソ(=約50円)

外国人が40ペソ(=約100円)で、車で中に入る場合は

車の大きさによって追加料金がかかります。

Capas_Trees.jpg

中に入ると、広大な土地に木々が生い茂っていますが、

ここに植えられた30,000本の木はバターン死の行進で

尊い命を失ったフィリピン人とアメリカ兵約30,000人

に捧げられたものだそうです。

Capas_NameList.jpg

バターン死の行進に参加したのは、フィリピン人66,000人と

アメリカ兵9,900人。

そのうち、 フィリピン人2500人とアメリカ兵500人が

カパスへたどり着く前に亡くなり、到着後の捕虜生活の中で

フィリピン人26,000人とアメリカ兵1,500人が亡くなったと

言われています。

Capas_Shrine.jpg

大きなシュラインの周りを囲うようにつくられた壁には

バターン死の行進に参加した数万人の名前が刻まれていて、

私が訪れた際に来ていたフィリピン人の中にはその中から

自分の祖先を探しているように名前を見つめている人も

いました。

日本の学校では、第二次世界大戦と言えば、

ヒロシマ・ナガサキに落とされた原爆のことは繰り返し

教えられますが、日本兵がフィリピンを含めアジアで

したことはあまり教えられません。

「バターン死の行進」については、高校で歴史を選択すると、

出てくるらしいですが、日本人は否定的な見解を示している人も

多いようです。

カパス・ナショナル・シュラインの脇にアメリカ兵のお墓もあります。

Capas_American.jpg

歴史はある意味物語のようなもので、物語は勝者が語る。

という説にも一理あるかもしれませんが、

74年前、日本兵がここフィリピンに来て、アメリカ兵と

戦争をし、フィリピン人の尊い命まで奪ってしまったこと

自体は事実のようです。

当時のフィリピン人と日本人の関係を考えると、

今、こうして日本人がビーチ休暇や観光でフィリピンに

来て、フィリピン人と一緒に笑って楽しい時間を過ごせる

ことはとても幸せなことなんだなぁ、としみじみ思います。

イントラムロス・カパスは命を落としたフィリピン人に

フォーカスされた記念碑、遺産ですが、

日本兵も50万人以上がフィリピンで亡くなったそうです。

来年は、日本兵の遺産も訪問してみたいと思います。

**カパス・ナショナル・シュラインへの行き方**

メトロマニラ内パサイ市もしくはケソン市クバオにある

ビクトリーライナー(Victory Liner)というバス会社の

ターミナルから、バギオ(Baguio)行きのバスに乗り、

カパス(Capas)で下車します。

セブンイレブンの前にトライシクルが止まっているので、

カパス・ナショナル・シュラインと伝えると50~75ペソで

行ってくれます。


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク