【ターラック】カパスにあるオシャレなフィリピノレストラン「Rustica Restaurant」* | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【ターラック】カパスにあるオシャレなフィリピノレストラン「Rustica Restaurant」*

昨日ご紹介したカパス・ナショナル・シュラインがある

ターラック州カパスは、田んぼが広がる農村地です。

人口は多いですが、やはりマニラに比べるとまだまだ田舎町。

マクドナルド・ジョリビー・チャウキンと三大ファストフード店が

一店舗ずつありますが、レストランは少ないです。

そんな町に、カパス市民の富裕層御用達のオシャレなレストランが

あると聞き、カパス・ナショナル・シュラインの観光をした

夜にディナーに行ってみることにしました!*

カパス・ナショナル・シュラインからトライシクルで20分ほど

の距離にあるフィリピノレストラン「Rustica Restaurant」です。

Rustica_Outside.jpg

カパスは農村地で貧しい地域のため、車を所持している人も

少ないのですが、Rustica Restaurantの駐車場には

びっしり車が並んでいて驚きました。

クリスマスツリーのイルミネーションが煌く駐車場に

車を止め、入り口へ進むと、サンタさんと兵隊さんの置物があり、

ヨーロッパに来たようなオシャレな雰囲気を醸し出していました。*

Rustica_Entrance.jpg

扉を開けると、レンガ調の壁にアンティークな木製のテーブルとイス、

明るい雰囲気の絵画にフィリピンの伝統置物が並べられていて、

何だかお金持ちの家に来たような気分です。

Rustica_Inside.jpg

さて、こんな高級な雰囲気が漂うオシャレなレストラン。

きっと高額なメニューが並んでいるんだろうと、内心

おそるおそるメニューを開きました・・・

が、値段は1品250~400ペソ(=約600円~960円)程度と

すごく良心的!

安価で高級なレストランやホテルを楽しめるのも、

フィリピンを含め東南アジア旅行の特権です!*

本日、オーダーしたのは2品。

フィリピノ料理のスープの王様シニガン

【Sinigang Sugpo】(295ペソ=約730円)

Rustica_Sinigang.jpg

Sugpo(スグポ)とはタガログ語でロブスターという意味で

美味しいロブスターがスープの中にゴロゴロ入っていました。

トマト、大根、チンゲン菜と野菜たっぷりで、梅のような

味付けが日本人の口にも合って、美味しい!

そして、高級豚肉料理と言えば、レチョン

【Lechon Kawali】280ペソ(=約670円)

Rustica_Lechon.jpg

Lechonは豚の丸焼きのことですが、Kawaliとはタガログ語で

フライパンのこと、フライパンでからっと揚げたLechonを

Lechon Kawaliと言います。

口に運ぶとカリカリした皮の触感の3秒後に、脂がよく乗った豚肉が

口の中でトロけます。

この美味しさとオシャレさでこの値段は大満足。

是非、カパス観光の後に立ち寄ってみてください~!


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク