【タガイタイ】ガラスのアート。オルリナ美術館に行ってきました!* | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【タガイタイ】ガラスのアート。オルリナ美術館に行ってきました!*

山の中では芸術家が育つのか、芸術家は山を好むのか、

タガイタイやバギオなど山の中の都市には多くのアーティストがいます。

本日は、タガイタイのオルリナ美術館に行ってきましたので、ご紹介します。

オルリナ美術館は、

ピクニックグローブ(Picnic Grove)やマリア聖母像(Tierra de Maria)がある

タガイタイ・カランバロード(Tagaytay-Calamba Road)とマニラへ続く

サンタローサ・タガイタイロード(Santa Rosa-Tagaytay Road)の交差点近くにあります。

Orlina_Outside.JPG

ご覧の通り、山の中。

急な坂道を下ったところにオシャレな建物が見えます。

入場料は、一人100ペソ。(=約230円)

中に入ると少し日本の歯医者さんを思わせる(?)

清潔感の漂う受付があり、そこで名前を書いて入場料を支払います。

Orlina_Ticket.jpg

入場券をもらったら、まずはオルリナ美術館の紹介ビデオを観ます。

Orlina_Video.JPG

オルリナ美術館(Museo Orlina)はフィリピンでガラス細工のパイオニアとして

知られるラモン・オルリナ(Ramon Orlina)により創られました。

上の写真のビデオに映っている黒ひげのおじ様です。

ラモン氏は、マニラ出身のフィリピン人で大学で建築を学び、

後にガラス細工に興味をもつようになったそうです。

世界中で彼の作品は評価され、

日本でも

1992年と1995年 Osaka Sculpture Triennale

1994年 9th Asian International Art Exhibition

1994年Suntory Prize Exhibition

1995年 Toyamura International Sclpture Biennale

とこれまで数々の展示会に出展されています。

3分程度の紹介ビデオを観終え、横の部屋に移動すると、

そこにはキラキラ輝くガラスの作品が飾られています。

Orlina_Work5.jpg

Orlina_Work2.JPG
Orlina_Work3.JPG
Orlina_Work1.JPG
Orlina_Work4.JPG

輝くガラスと真っ白な壁、窓から見える緑の木々のコントラストが美しく、

心が涼しくさわやかな感覚になりました。

中には、日本人と思われる方の作品もありました。

Orlina_Japanese.JPG

1987年

幽霊の椅子(Ghost Chair)

Cini BoeriとTomu Katayanagiの共同作品

と書かれていました。

美術館は3階建てになっていて、芸術的な庭もあります。

Orlina_Garden.jpg

ガラス細工や芸術に興味がある方は是非訪れてみてください。


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク