【タガイタイ】ピクニックグローブ内「Alamat」レストランでフィリピン料理を* | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【タガイタイ】ピクニックグローブ内「Alamat」レストランでフィリピン料理を*

ピクニックグローブでアトラクションと景色を楽しみ
心がいっぱいになったら、次はお腹をいっぱいにしましょう!*

ピクニックグローブ内、お花屋さんの裏側に
「Alamat」というレストランがあります。

木を基調にしたあったかみのあるオシャレな店内です。
Alamat_Inside.jpg


メニューは全部フィリピン料理
Alamat_Menu.jpg
以前にご紹介したシニガンスープなどもありましたが、
今回オーダーしたのは、

Inihaw na Liempo 250ペソ(=約580円)
Alamat_Lechon.jpg
Inihawとは炭火焼き
Liempoとは豚バラ肉のこと。

こんがり焼かれた豚バラ肉がたっぷり乗って
登場しました。

これをフィリピン人お決まりの特製ダレ
しょうゆ+カラマンシー+唐辛子を自分で作り、
つけて食べます。

歯ごたえのある肉が美味しい!*


Sizzling Gambas 350ペソ(=約880円)
Alamat_Shrimp.jpg

Sizzlingは石焼き
Gambasはエビのこと。

Sizzlingは豚肉や魚のことが多いですが、

大好物のエビを見つけたので即決で頼んでしまいました。

ジューっと美味しそうな音を立ててプリップリのえび達が

鉄板に乗って登場しました。

赤いソースなので辛いかと思いきや、辛さはなく、

少し甘さのある味付けでした。

トマトの実も入っていたので、トマトソースだと思います。

ライスは別オーダーで1人前25ペソ(=約60円)です。

ちなみに今回のエビは皮を剥かれた状態で出てきましたが、

皮がついたまま出てきた場合、フィリピンでは、手で剥くのは厳禁。

スプーンとフォークを駆使して手を汚さずに剥きます。

フィリピンはまだ手でご飯を食べる

「マサラップ マグカマイ(手で食べるともっと美味しい)」

の文化が残っていますが、手で食べるのは基本的に家だけ。

レストランで手を使うのは恥ずかしいこととされています。

私はこれを初め知らずに手で堂々と剥いたら、

周りのフィリピン人たちが「代わりに剥いてあげようか?」

と焦って言ってきて知りました。

それから特訓して、スプーンとフォークだけで素早く剥けるように

なるまで、2ヶ月くらいかかったので、旅行中にマスターは

難しいかもしれませんが、トライしてみてください!*

そして、デザート。

ついに私のペンネームの由来を明かすときが来てしまいました。

私が大好きでペンネームにしてしまったフィリピン風プリン

レッチェフランです!* 120ペソ(=約280円)

Alamat_LecheFlan.jpg

日本のプリンと違って、平べったく量が2倍くらいあるのが
スタンダード。
味は、日本のプリンよりもカラメルソースがたっぷりで
甘く、濃厚です。

マーケットなどだと、35ペソ~50ペソで買えるので、
是非プリン好きの方は、3時のおやつに食べてみてください。


あ~心もお腹も大満足なタガイタイ旅行になりましたとさ。


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク