オシャレなフィリピン料理レストラン「hukad」で爽やかディナー* | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

オシャレなフィリピン料理レストラン「hukad」で爽やかディナー*

フィリピンは料理がイマイチ。っていう方がたまにいますが、

Jolibeeしか食べなかったのかな?もったいないな。

と個人的には思うほど、フィリピン料理は美味しいです。

特に家庭料理は日本人の口にも合う味付けが多く、おすすめ!*

ということで、本日はフィリピンの家庭料理レストラン「hukad」をご紹介します。

hukad_outside.JPG

hukadはセブ発祥のレストランです。

私はセブにも3ヶ月ほど住んでいたことがありますが、

セブって家具の製造が盛んで、

オシャレなカフェやレストランなども多いんです。

店内に入ると、

hukad_inside.JPG

開放感を出す高い天井から、オシャレなランプが吊るされていて、

壁には緑の草をモチーフにしたランプたちが並ぶオシャレな雰囲気に

そんなセブを思い出しました。

テーブル席もシンプルだけど、可愛いです。

hukad_table.JPG

メニューを開けると、タガログ語の料理が並びます。

何が何だか分からないので、安全に写真つきの料理を

選ぶことにしました*笑

Ngohiong(ンゴヒン)

124ペソ(=約290円)

hukad_ngohiong.JPG

タガログ語には英語や日本語にはない"Ng"という発音があります。

鼻にかけたような背中がちょっとムズっとするような声を出すんですが、

この料理名にはこの難しい音が2つも入ってるので、発音できず、

オーダーするときに店員さんに微笑まれました。

日本で春巻きに近いような味で、

中にはもやしやにんじんなどの野菜が入っていました。

思ったよりオイリーじゃなくて、ぱくぱくいける美味しさです。

それから、Chicken Tinola (チキン・ティノーラ)

270ペソ(=約620円)

hukad_tinola.JPG

ティノーラはフィリピン家庭で出てくるスープ料理としては、

シニガンと並ぶ人気です。

シニガンが梅のような少し酸っぱい味がするのに対して、

ティノーラはさっぱりした薄塩味です。

ティノーラは、普通のチキンではなく、ネイティブチキンと

言われるフィリピン国産の鶏を使うと10倍美味しいと

皆言いますが、本当でした!

実は、今日初めてネイティブチキン入りのティノーラを

食べましたが、唸るほど美味しい。*

絶対日本人の口にも合うので、おすすめです。

ご飯は白ご飯かガーリックライスか選べ、おかわり自由!

少し贅沢にガーリックライスを選びましたが、これがまた

美味しく、ティノーラによく会って、女子のディナーで厳禁の

ご飯おかわりを恥ずかしくも2回してしまいました。

大満足のフィリピンディナー!*

皆さんもフィリピンの家庭料理を食べたくなったら、

是非行ってみてください。


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク