セブ最大の祭りシヌログを満喫しよう | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

セブ最大の祭りシヌログを満喫しよう

 

先週末の1月19日にセブ最大のお祭りであるシヌログフェスティバルが開催されました。

このイエス・キリストの幼少像「サント・ニーニョ」を記念した「シヌログ」という祝祭が毎年1月の第三週末に行われます。シヌログでは盛大なミサは勿論、大通りではサントニーニョを祀りながらの踊りやドラムが打ち鳴らされるパレードが行われます。カーニバルを彷彿とさせる大イベントに観光客も大勢訪れ大変な賑わいを見せます。

 



セブ島では多くの人々がローマンカトリックを信仰しており、特にサント・ニーニョ信仰が大変盛んです。サントニーニョとは幼少のイエス・キリストの事で、大航海時代にマゼランがセブに到達したとき、島の王に同盟を記念して渡したのもがキリストの幼少の像「サント・ニーニョ」です

CIMG2764

 

現在でもフィリピンの最古の教会の1つであるサント・ニーニョ教会に保管されており、多くの人がお祈りにやってきます。

 

そんな信仰心篤い人による宗教のお祭りですので、毎年セブ市内は大変な込み合います。特に、信仰の中心であるサントニーニョ教会やその周辺は身動きが出来ない程に人が集まります。

1527049_792121277470191_122263775_n

 

シヌログフェスティバルのメインイベントはサントニーニョ像をたたえながらのパレードです。

朝8時ごろからパレードは開始します。様々な地域からパフォーマンスグループがセブに集結し、個性あふれるダンスを披露します。

 

CIMG2714

 

子どもたちのダンスは一生懸命練習したのが伝わります。こちらの写真の要求にも笑顔で答えてくれます。

 

CIMG2687

 

アビリアーナスポーツセンターで本格的なパフォーマンスが行われますが、フエンテオスメニアサークルからコロンまでの大通りやEモール前の通りでもダンスを見ることが出来ます。小学生によるお遊戯会のようなかわいらしいものから本格的なダンスパフォーマンス、伝統的な衣装や仮装、企業の宣伝の出し物、芸能人の宣伝まで種類はさまざまで観客を楽しませます

 

CIMG2737 CIMG2740 CIMG2691

CIMG2750

 

ただ、パレードを良く見るには朝早くに来て良いポジションをキープする必要があります。よく見るために、特設の見学スペースなども出来ます。

 

CIMG2771

 

シヌログではミサも欠かせません。ミサの時間は教会の中も外も大勢の人で大変込み合います。自分はクリスチャンではないからといって敬遠するのではなく、一度足を運んでみてください。とても貴重で素晴らしい体験が出来ると思います。

 

CIMG2776

 

ミサでは牧師さんによる聖書の読み上げ、ジョークを交えた時事の講話、お祈り、聖歌合唱、などが行われますが、あれだけの大勢の人々が一斉に聖歌を歌い、お祈りをする光景は圧巻です。シヌログがただのお祭りでない事を新ためて実感します。

パレードだけを見るのではなく、ぜひミサにも参加してみてください。シヌログ祭りの意義を理解できるかもしれません。上の写真は聖歌を歌いながらサントニーニョに手を振っている所です。

 

CIMG2782

 

シヌログに関連して、この時期には連日のように花火が打ちあがります。シヌログ前日の18日にはSMモールで花火のコンテストが行われました。各市が各々の花火を持ちより、どこの市の花火が一番素晴しいか競います。DJや音楽にのせ、軽快に花火が打ち上がるフィリピンらしい大会になります。

 

ただ、町の中にあるショッピングモールのすぐそばで打ち上げをするので火事なども心配ですし、見学エリアと打ち上げポイントが近い為、花火のかすが飛んできます。近くで見る場合は目や口を覆うものがあると便利です。

 

19日にはシヌログ祭りを締めくくる花火がアヤラモール・SMモール・アビリアーナスポーツセンター・オスメニアサークルなど、町の中心となる場所で打ち上がります。どこも短時間で終わりますが、これを目当てに多くの人が集まります。

 

CIMG2698

 

お昼過ぎには全てのパレードが終わります。その後はお祭りです。大通りは歩行者天国となり、道沿いには多くの屋台がでてきます。食べ物、フルーツ、飲み物、お菓子、お面、ヘアカラー、へナタトゥー、Tシャツなどのお店があり、顔や体にペイントを施す人も出てきます。

 

CIMG2761

CIMG2756

 

夜になるといたるところでディスコやライブバンドが行われます。オスメニアサークル近くでは巨大なヘビや虎との記念撮影が出来る催し物も開かれていました。

雰囲気はまさに夏祭りのようなもので、そこにいるだけでも興奮するような雰囲気です。

 

CIMG2801

 

ちなみに場所台として500ペソ(1250円)から1000ペソ(2500円)払えばだれでもお店を出せるそうなので次回は食べ物の屋台でも出してみようかと思います。

 

(ヤス)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク