[留学生必見] 英会話を自然にスタートさせ、上手く会話のキャッチボールを行う方法とは? | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

[留学生必見] 英会話を自然にスタートさせ、上手く会話のキャッチボールを行う方法とは?

セブ島の日本人率は年々高くなっており、中でも観光や英語留学でセブ島に渡航する方がほとんどです。

フィリピンの国語はフィリピン語(タガログ語)ですが、セブ島ではビサヤ語(セブアノ語)という地方言語が使われるだけではなく、英語も小中高で勉強します。そのため、セブ島では3言語理解できるフィリピン人が多いのです。

でも、日本語をメインに使用している私達日本人にとっては英語が難しく感じてしまいますよね。セブ島留学で英語を勉強しているのにも関わらず、なかなか英語の会話が上達しなかったり、新しい話題を出せなくて会話が続かなかったりする経験はありませんか?

観光や留学中でも自然に英会話をスタートさせて、話題が絶えないように会話のキャッチボールを行うのにはどうすれば良いのでしょうか?こちらの記事をチェックしてみると役に立つかもしれませんよ!



フィリピンの国語はフィリピン語(タガログ語)ですが、英語が公用語ということもあり、家の中であれば新聞、テレビ、雑誌が英語で書かれてあったり、外に行けばレストランのメニューや店員さんも英語で話しかけてくれたりと、東南アジアの中でも英語が多く利用されている国でもあります。

その為、セブ島を含むフィリピン留学が盛んになり色んなエリアで色んな種類の英語学校が点在しています。

Processed with VSCOcam with g3 preset

普段から英語にあまり馴染みのない日本人にとって、英語は少し抵抗があるものの、英語力を上げたかったり、ビジネスで利用してみたかったり、旅行で活用してみたかったり、英語に興味を持つ方も多いかと思います。

でも、留学しているのに英会話に不安を感じてしまったり、会話のキャッチボールが続かない・・。と感じてしまう事はありませんか?

どうすれば更に楽しく英語で会話が出来るようになるのでしょうか?今回は覚えておくと役に立つかもしれない会話術を紹介したいと思います!

きっかけを作ろう

IMG_1539

会話のスタートは実にシンプルなものです。相手が話してくれるか、自分から話しかけるかだけのこと。もちろん既に親しい仲であれば、どんな話題でもいけてしまいますが、初対面の場合は挨拶から始めると良いでしょう。

いきなり話の核心から始めるより、「Hi」や「Hello」などの「やぁ、こんにちは」的な挨拶から、「Good Morning(おはよう)」、「Good Evening(こんばんは)」などの挨拶は自分が言っても、相手にとっても気持ちよく感じるはずです。

そこから聞きたいことや話したいと思うネタを切り出していけば、すんなりと会話がスタート出来ると思います。

会話の基本は、相手の話を聞く、理解する、新しいことを聞くのサイクル

IMG_1320

日本はスマートフォンやソーシャルネットワークサービスなどの普及によってコミュニケーション不足になってきています。日本での会話もほとんど完結型になり、上手くコミュニケーションになっていない事が多いのです。

また、「言わなくてもわかるだろう」という考え方もあるというのも一つの理由ですが、フィリピンを含め海外だとそうは通用しません。

会話するにあたって「同意」も重要な事ですが、ディベート質問を行うことでより会話がなりたたせる事ができます。

成り立っていない例だと:

友人「Had you seen “Big Hero 6″ already?(“ベイマックス”はもう見た?)」
自分「No, I haven’t yet(ううん、まだだね)」
友人「Ah, Ok(そうなんだ)」

成り立っている例だと:

友人「Have you seen “Big Hero 6″ already?(“ベイマックス”はもう見た?)」
自分「No, I haven’t yet. But I heard it’s, really good right? (ううん、まだだけど、すごく良い作品だと聞くね!)」
友人「Yeah, It was awesome. You should watch it soon too.(そうだよ、とても良かった!君も見るべきだね)」
自分「Nice, I will do sometime soon. how about “Monster’s University”, have you seen it?(そうか、近く見る事にするよ。ちなみに”モンスターズ・ユニバーシティ”は見たかい?) 」

と相手の話の内容に同意しながら、新しいことを聞いていく事で話が絶えません。人間は自分のストーリーに共感してくれるというのが一番嬉しいので、相手の話を理解しながら、自分の意見も言っていくと良いですよ!

共通な趣味などを見つけて話の幅を広げていく

IMG_0957

自分のストーリーに共感すると先ほど書きましたが、お互い共感しやすい会話のネタの一つがお互いの共通した趣味や楽しみ、好きなものなどを話しのネタにするというのは良い方法です。

音楽を例で言うと、お互いMaroon 5のアーティストが好きであったら、そのアーティストの中で一番好きな曲、ミュージックビデオやそのアーティストに似た他のバンドをiPodなどといったデバイスで見せ合ったりなど一つの話題から更に話の幅を広げていく事が可能です。

フィリピンだと全て英語の文化になってしまうと思いがちですが、日本の歌手や映画、アニメ、漫画などに興味を持っているフィリピン人も多いと思うので、そこから共通点を見つけるというのも良いでしょう。

分からないことは、聞き返すこと。会話を恐れない。

IMG_1174

以前紹介した「セブで留学するにあたって更に英語力を上げれる8つの方法」にもありましたが、会話中に解らない単語などがあったら、分かった振りなどをせずに、相手に聞き返すようにしましょう。

うんうんの様にうなづいているだけだと、会話が成り立たず、話してくれている相手も「聞いてくれていないんじゃないか?」と思ってしまいます。分からない事があっても普通なのです。

相手の言っている事が分かりにくかったら、「Pardon?(もう一度お願いします)」や「Sorry, would you speak a bit slower please?(すみません、もう少し遅く話してくれますか?)」と伝えれば良いでしょう。会話を恐れてはいけません。

ジョークを楽しむこと

IMG_1380

真面目な会話には真面目になる必要がありますが、友人たちとの談笑であればジョークなどが会話の中に入ってきます。

フィリピン人は大らかな性格なので、ジョークが大好き。中でもセブの人達は毎日の会話にジョークは欠かせず、皮肉ネタ、下ネタ、自虐ネタ、など色々なジャンルのジョークを言っています。そして頭に入れるべきことはこれらのジョークは悪意があるわけでは無いということ。

もちろん、言って良い事と悪い事はあるとは思いますが、フィリピン人の場合だとこれらのネタは「ジョーク」として分かりきって話しているので、何か少し傷付けられるような事を言われても、あまり深く考えないほうが良いでしょう。

日本の冗談は海外のジョークと少し違う感じではありますが、受けたジョークは同じようにジョークを返すと盛り上がること間違いなしですよ!

 

フィリピン人は基本お喋りが大好きです。消極的な日本人と比べると、その勢いに押されてしまいそうですが、アグレッシブさはあるものの会話のスピードやスタイルなどは基本的に他の国とあまり変わりません。

新しい友人作りや、ワイワイと友人らともっと楽しく英会話をしてみたいという方は、ぜひ今回紹介した方法を活用してみてはいかがですか?

 

(MIKIO)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク