自分好みのペッパーライスを作れるSizzling Pepper Steak(シジリング・ペッパーステーキ) | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

自分好みのペッパーライスを作れるSizzling Pepper Steak(シジリング・ペッパーステーキ)

突然食べたくなる肉料理。セブ島の有名な料理であるレチョンはもちろんのこと、焼き肉、ステーキなどを楽しめるレストランがセブ島に多くあります。

ジュージューと焼かれたステーキ焼き肉も良いけれど、できれば手軽に食べたいと思うもの。エキサイトセブでは以前、アヤラモールの新館に出てきたペッパーランチがそれを解決してくれますが、ちょっと高く感じてしまいますよね。

組み合わせによっては少し安い価格で自分好みのペッパーライスも作れちゃうSizzling Pepper Steak(シジリング・ペッパーステーキ)というレストランがあるので、今回はそちらに行ってみました!

 



運動した後や暑いセブを乗りきれるスタミナとして、たまに肉料理が食べたくなりますよね。日本のファミレスだと価格も高くなく、ハンバーグやステーキなどといった色々な種類の料理をオーダーできるので、とても便利です。

セブ島は数多くのレストランが点在しているため、色々な種類の料理を楽しむことができますが、価格が大きく変わっていたり、タイ料理やカジュアル料理など特定のジャンルに絞られていることが多く、日本のファミレスの様なレストランは多く見つけられません。

セブ島で見つけられるファミレスのようなレストランで近いと思うのは、2013年の12月頃にアヤラモール新館に登場したPepper Lunch(ペッパーランチ)。鉄板焼きスタイルはあるものの、ファミレスのような雰因気にハンバーグなどのメニューを楽しむことが出来ます。

ペッパーランチも良いけれど、もう少し安くて自分でも作ってみたい!と思う方にはオススメのSizzling Pepper Steak(シジリング・ペッパーステーキ)というレストランも同じアヤラにあります。どんな感じだったのか、チェックしてみましたよ!

お店のロケーションはアヤラモールのテラスエリア2階にあります。隣にはパンケーキ専門店のPancake Houseと、ジャパニーズレストランのTeriyaki Boyがあります。

IMG_1615

大和牛ステーキ Sizzling Pepper Steakと書かれている看板が目印です。このレストランを運営するグループ会社は先ほど紹介したPancake House、Teriyaki Boyの他にMax’s Fried Chicken、クリスピー・クリーム・ドーナツYellow Cab、Mapleなどといったレストランも運営しており、これらもアヤラモール内で見つけることが出来ます。

お店の中は比較的小さく、赤と茶色を意識したものとなっていました。天井からは焼肉店で見つけられる様な換気扇が席それぞれにあります。

IMG_1599

筆者は何回かこのレストランに訪れているのですが、提供しているメニューが少なくなった印象がありました。写真はハンバーグセットで価格は250ペソ(約684円)程度

IMG_1600

熱々のステーキ皿の上にコーンの乗ったペッパーライス、ハンバーグ一つ、ベビーコーンとサヤインゲンが入っていました。ハンバーグのソースにはグレイビーソースが使われていますが、ハンバーグは日本のファミレスのような感じになっていました。

IMG_1605

提供メニューは少ないと感じたものの、「自分で作ってみよう!」と書かれたエリアがメニューの裏にあったので、実際に自分好みのペッパーライスを作ってみました!

IMG_1594

選び方は実に簡単、ハンバーグやステーキなどといったメインディッシュを選び、ソース、ライスまたはパスタをメニューにあるチョイスから選択していくだけで大丈夫です。

一番下にエキストラという項目があるので、ライスを追加オーダーしたり、たまごやベーコンなど、さらに美味しくできるようにする事が出来ます。

IMG_1604

筆者はビーフ(209ペソ)、照りマヨネーズソース(無料)、ペッパーライス(55ペソ)、追加でたまご(20ペソ)と野菜をオーダー(30ペソ)しました。金額がすぐ横に書いてあるので、とてもわかり易いです。今回のカスタムオーダーの合計は314ペソ(約860円)となりました。

IMG_1601

待つこと約12分、ステーキ皿の周りに紙が巻かれてある状態で登場してきました。これはペッパーランチ同様に油が跳ねないようにするために巻かれてます。テーブルの上にある換気扇も回るので、まるで焼肉店みたいになります。

IMG_1603

筆者がカスタムオーダーしたメニューがこちら。目玉焼きの下にコーンとかが入っているペッパーライスがあります。たまごに関しては目玉焼きスクランブルエッグを選ぶことが出来ます。

IMG_1602

ペッパーライスなので、ご飯と混ぜてフライドライスにしてから食べるのですが、肉を使っている場合は半生の状態で出されるので、ステーキ皿の上で一度焼く作業を行う必要があります。

自分で行うのが大変な場合は写真のように店員さんが手伝ってくれます。

IMG_1606

肉がある程度焼き終えると、今度はソースをかけていきます。ソースが足りないなと思っていた時にタイミングよく同じソースを店員さんが届けてくれました。どうやら追加料金無しでソースを足すことが出来るみたいです。

IMG_1608

あとはご飯を混ぜるだけ。見た目少し残念ですが、まさにペッパーライスが出来上がります。筆者はマヨネーズが大好きなので、とても美味しいと思いましたよ!

IMG_1607

また、エキストラの項目で追加オーダーした野菜に関しては別プレートでの提供になっていました。ステーキの横にあるサイドディッシュという感じですが、ポテトやもやしがあったらもっと良かったと思いました。

IMG_1611

ご飯の量も比較的多く、満足出来ました。組み合わせによっては更に安くしたり、量を多くすることもできるので、自由度の高い自分好みのペッパーライスを作ることが出来ますよ!

美味しいパンケーキが食べられる、パンケーキハウスが隣にもあるので、このレストランで食べた後に寄ってみるというのも、良いかもしれませんね!

 

(MIKIO)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク