日本ほど数は多くないセブ島のコンビ二、なにがあるのか!! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

日本ほど数は多くないセブ島のコンビ二、なにがあるのか!!

セブ島にはいくつか日本と同様にコンビニがあります。しかし、東京のように3分歩いたら別のコンビニがある、というような環境ではございません。ここフィリピンではサリサリストアという個人経営のコンビニの様なお店が、本当に数多くあるため、コンビニエンスストアはそれ程必要ではないのかもしませんが、セブにもコンビニはあります。

 



 

そこで、本日はセブにあるコンビニでは何が置いてるのか、日本との違いなどについてご紹介したいと思います。

ざっと店内を見渡すとそれ程大きな違いは見受けられないように感じます。

IMG_3036

IMG_3038

 

スナック菓子やアルコールやジュースなどの飲み物、ここがセブ島だと感じずにはいられないドライマンゴーの多さ!!!

IMG_3039

 

南国の人々が大好きな、かなり大きいファミリーサイズのアイスクリーム。1つ約300ペソ(約810円)です、思った以上になかなかお値段しますね。

IMG_3045

 

 

皆で飲むのが大好きなフィリピン人。お酒の種類も予想以上に多いです。この酒棚以外にも、ジュースなどのと一緒にたくさんのビール等のアルコールが冷えた冷蔵庫の中にもあります。

 

IMG_3044

 

雑誌も日本とは数が少ないながらもいくつか置いてあります。ここまではあまり日本とは変わりませんね。

IMG_3042

 

 

しかし、いくつか日本とは少し変わった点もあります。

ここのコンビニは日本人のオーナーがやっているということもありラーメンや親子丼、ポークカレー丼などの丼物といった日本食が食べられます。店内にもイスとテーブルがあり、コンビニの中なのに一角がまるでレストランのようになっています

IMG_3049

しっかりと店内にキッチンがあり、オーダーをすると約10分程で作ってくれて、温かい日本食がたべられるこのコンビニ、なかなか幸せです。味もとても美味しく、日本を感じられる、そんなひと時がそこにはあります。

IMG_3050

 

 

そして、南国リゾートのセブ、ここには年中サンダルが売っています。日本でも、夏場になると、海の近くのコンビニには浮き輪や海水パンツなどの海グッズが置いてありますよね。それと同じことなのでしょうが、ここはセブです、年中置いてあります。

IMG_3043

 

季節がない分、少しさびしい気持ちもありますが、年中あったかいなんて日本人には非日常な地域ですよね。まさにここセブは常夏の島、南国リゾートです!!

しかしこうして年中暖かいところにいると、日本の四季というのは、桜や紅葉、海や雪など、見える景色が変わり、肌で感じる温度や、その季節特有のにおい、香りなどが本当に豊富で素晴らしく、1年でこんなに違いを楽しめる国日本という国もここセブと同様素晴らしい特色があり、いいものなんだなあと改めて感じます。

これからもセブ島の魅力、おもしろいところ、すばらしいところをご紹介していきます!!

(issei)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク