セブで利用されている横浜市営バス | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

セブで利用されている横浜市営バス

セブ島に訪れる友人から、「現地の交通手段はどうすればいい?」という質問を良くもらいます。基本的には全てタクシーとなりますが、プランテーションベイ周辺では3輪バイクトライシクルや、バイクの2人乗りハバルハバルなど、ローカルまで見ていけば種類はいくつかあります。今回筆者が見つけたのはバス。しかしそこには秘密が隠されていました。



セブには日本と異なり短距離路線バスはありません。公営も私営もないので、バスを日常的にセブの街の中で使うことはありません。セブ島はとても大きいので、北や南に長距離を利用する場合は長距離路線バスを利用することになります。個人でオスロブやカワサン、バンタヤン、マラパスクワなどに向かわれる方が利用するものです。

今回筆者が見つけたのは修繕が終わったきれいなバス。セブで見かけるバスの中で、今までで一番綺麗だと思います。また、このサイズは見たことがありません。

 

IMG_7708

 

セブの青い空が白いバスに生えますね!この日の気温は30度をゆうに越していました。そんなことはさておき、今回はちょっとお邪魔して中に入ってみました。すると、なんと日本語の表記を発見!

 

IMG_7709

 

内装も日本で見たことがあるもの。しかも実は筆者、このバスに日本で乗ったことがあります!実は車体は日本の横浜から来ており、横浜市営バスとして利用されていたものだったのです。筆者は横浜市営バスを小さい頃から利用していたので、内装にもピンと来るものがあり、すぐにわかりました。横浜周辺でバスをよく使う方にはきっとわかると思いますよ!

 

IMG_7710

 

横浜市とセブは姉妹都市提携を結んでいるので、このようなバスが横浜市から提供されているようです。内装は非常にきれいで、もしセブの方が使い始めたらびっくりするのではないか?と思うほど。日本では横長のシートが優先席として使われていますが、そのような表記は取り払われています。

筆者の感覚ですが、そういった席がなくともセブの人たちはかなりの確率で、自然に譲り合いができると思います。これはジプニーなど、乗合バスの中で高齢者や子どもに対してほとんどの人が気遣いをしている様子が見られることから感じるもので、日本の都心の電車よりも遥かにそういった文化が根付いています。素晴らしいことだと思っています!

 

IMG_7711

 

 

今回改造されたこのバスは、表示にエアポートサービスと記載されています。観光客用のものか、空港の中で使われるものかは不明ですが、大切にしてほしいと思います!

 

(Taku)

著者プロフィール

名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク