【セブ島】高級住宅街にあるパワースポット、道教寺院へ | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【セブ島】高級住宅街にあるパワースポット、道教寺院へ

今日も引き続き、セブ市内にある観光スポットをご紹介していきたいと思います。

市内観光では、以下の場所へ行きます。
マゼランクロス
サントニーニョ教会(外観の見学)
サンペトロ要塞跡
コロン通り・カルボン市場(車窓)
ビバリーヒルズ(お寺)


今日は、この中からビバリーヒルズでのお寺見学をご紹介します。

勿論現地でガイドさんも説明してくれますが、あらかじめ知っていたらより楽しめるのではないでしょうか。

まずは、道教寺院と言うお寺について説明していきますね。

道教寺院とは??

ビバリーヒルズと言う中華系フィリピン人の大富豪達が住むエリアの中にある、道教のお寺になります。

海抜300メートルもの山の中腹にあるため、お天気が良ければセブ島だけでなく、空港のあるマクタン島まで見渡すことができます。

道教とは中国発祥の民間信仰であり、とくに有名なものは『風水』です。

お寺の中は風水を使用して配置が考えられているので、道教寺院全体がパワースポットになっているとも言われています。

国民のほとんどがキリスト教であるフィリピン人にはお寺が珍しいので、外国人観光客だけでなくフィリピン人観光客も多く見られるのが特徴です。



では中を見ていきましょう。

こちらは拝殿・本堂への道です。

あまりはっきりしたお天気じゃなかったのですが、しっかり晴れている日は朱の色がとってもキレイなんですよ。

taoist4.jpg

こちらは本堂です。

本堂内は写真が禁止されていましたので、気を付けてくださいね。

怖そうなガードマンがしっかりと見ていますから。

本堂の中ではお祈りをしたり、石を2つ使った占いもできるんですよ。

占いのやり方は説明があるので、見ながらやってみて下さい。

ビジネスで成功した中華系フィリピン人の方達にあやかりたいものです。

taoist2.png

こちらは塔になります。

よく見てみると中は空洞?ですね。

taoist3.png

教会だと多くの日本人の方にはなじみがなくて、十字の切り方や教会内でのマナーとか分からなくて、私の場合はもじもじしてしまうのですが、お寺だと過ごしやすいのではないでしょうか。

1972年に建設されており、市内観光で行くほかの場所に比べると歴史は浅いかもしれませんが、風水を使ったパワースポットですので、お寺や景色を楽しみながらしっかりとパワーを受け取りましょう!

MARUでした。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: MARU
セブ島がどこにあるかも分からず 駐妻としてやって来てから10年目。
今では自家用車・タクシー・ジプニー・バイクあらゆる乗り物に乗ってあちこち出かけています。 セブ島にある有名どころのホテルはほぼ泊まったことがありますので、ホテル選びに迷っている方のお役に立つような記事を書いていきたいと思っています。
現在はセブ島の現地語であるビサヤ語の日常会話を勉強中です。趣味は食べる事と筋トレ。 今年の目標は180°開脚です!

1.セブ島の魅力
フィリピンも日本と同じく英語が母国語ではないので、意外と英語が聞き取りやすく、簡単な単語でも分かってくれます。 言葉が通じると旅もより一層楽しくなります。

2.おすすめの過ごし方
何にもしないで、ホテルのビーチで海の音を聴きながらボーッと過ごすのが一番だと思います。 マッサージも本当に安いので、毎日でも行って日本でのストレスや疲れを全て取り払うのも良いですね。

3.おすすめホテル
1位 シャングリラ
日本人大満足のサービスならここ!

2位 クリムソン
静かに過ごしたい方にはここ!

3位 J Park
ホテルの回りに色んなお店があって便利!
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク