【セブ島】豪快に手づかみでブードルファイト! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【セブ島】豪快に手づかみでブードルファイト!

今日は手づかみで豪快に食べるフィリピン料理『ブードルファイト』をご紹介します!

ブードルファイトとは?

フィリピン陸軍式の食事スタイル。
お皿では無くバナナの葉っぱの上にご飯、お肉や魚を焼いた物をのせて、全員手で食べることによって団結力を高められると言われています。

2年程前からレストランで出されるようになり、広まっていきました。



セブ島でブードルファイトが食べられるお店として有名なのは、SEAFOOD ISLANDシーフードアイランド)です。

気にはなっていたんですが、小人数では楽しめないイメージだったのでなかなか行く機会が無かったんですが、先日大人数で会う機会がありましたので、ようやく行ってきました!

私達が行ったのは、マクタン島にあるアイランドセントラルモール内にあるSEAFOOD ISLANDです。

1階にあるのですぐ分かりますよ。

20170825_203248.jpg

何と日本語メニューがありました!!

これは嬉しいサービスですね。

今回私たちが選んだのは、マゼランズランディング

訳すと『マゼラン上陸』でしょうか??

お魚にエビ・カニ・イカ、そして鶏肉も入った贅沢なメニューです。

20170825_195545.jpg

実物はこちらです!!!

これで3~4人分サイズになります。

真ん中のお皿に入っているのはキニラウと言って、白身魚のお刺身をココナッツミルクとビネガーでマリネしたもので、さっぱりと美味しいんですよ。

ちゃんとスプーン&フォークも出てきますが、手で食べても大丈夫です。

周りを見渡してみると、手で食べている人も沢山いることに気付くと思います。

20170825_201030.jpg

エビ好きが何人かいたので、さらにエビのガーリック炒めも注文してしまいました。

このお鍋に入っているタレを、ブードルファイトのご飯にかけて食べたらもう止まりません!

20170825_203247.jpg

メニューは本当に沢山あって迷う事必至なので、ここで人気ランキングもご紹介したいと思います。

参考にしていただければ嬉しいです。

freefont_logo_riipopkkr (1).png

第1位 TALI BEACH

お肉もお魚も楽しめる欲張りメニューです。

サイズも3種類あるので、選ばれやすいメニューになっています。

豪快にお肉が吊ってあるので写真映えもしますね。

20170825_195532.jpg

第2位 MEATY MADNESS

お魚なんていらない、お肉さえあれば!と言う方におすすめのメニューです。

エビやカニにアレルギーがある方にもおすすめです。

20170825_195549.jpg

第3位 DAVAO GULF

これもお肉とお魚両方楽しめるメニューですが、ご飯が3種類あるのが人気のようです。

20170825_195602.jpg

第4位 CHANG'S CHINA CHOW

中華風のブードルファイトです。

チャーハンや焼きそばが入っているので、特にお子様連れに人気があるようです。

20170825_195554.jpg

第5位 SARIMANOK

ご飯とバーベキューだけの組み合わせでは無く、ココナッツカレーが付いてくるのが人気のようです。

南国ならではの甘めなココナッツカレーがお好きな方は是非!

20170825_195619.jpg

いかがでしたでしょうか?

食べたくなったのではないでしょうか?

日本人が普段手で食べることって豚まんくらいしかないので、何だか楽しかったです。

子どもも大人もみんなで楽しくいただけるブードルファイト、是非試してみて下さいね。

※一応スプーン・フォークもありますのでご心配なくです。

場所を書いておきますね。

今回私が行ったのは、マクタン島にあるアイランドセントラルモール1階です。
マクタン島にお泊まりの方はこちらへ。

アヤラセンター新館の一番上にもあります。
セブシティにお泊まりの方はこちらへ行ってみて下さいね。

MARUでした。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: MARU
セブ島がどこにあるかも分からず 駐妻としてやって来てから10年目。
今では自家用車・タクシー・ジプニー・バイクあらゆる乗り物に乗ってあちこち出かけています。 セブ島にある有名どころのホテルはほぼ泊まったことがありますので、ホテル選びに迷っている方のお役に立つような記事を書いていきたいと思っています。
現在はセブ島の現地語であるビサヤ語の日常会話を勉強中です。趣味は食べる事と筋トレ。 今年の目標は180°開脚です!

1.セブ島の魅力
フィリピンも日本と同じく英語が母国語ではないので、意外と英語が聞き取りやすく、簡単な単語でも分かってくれます。 言葉が通じると旅もより一層楽しくなります。

2.おすすめの過ごし方
何にもしないで、ホテルのビーチで海の音を聴きながらボーッと過ごすのが一番だと思います。 マッサージも本当に安いので、毎日でも行って日本でのストレスや疲れを全て取り払うのも良いですね。

3.おすすめホテル
1位 シャングリラ
日本人大満足のサービスならここ!

2位 クリムソン
静かに過ごしたい方にはここ!

3位 J Park
ホテルの回りに色んなお店があって便利!
名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク