【セブ島】チャイニーズニューイヤーパーティ@Jパーク | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【セブ島】チャイニーズニューイヤーパーティ@Jパーク

今日はJパークホテルにて、チャイニーズニューイヤーパーティでした。

フィリピンは多民族・多宗教国家ですので、旧正月があったりイスラム教関係の休日があったりするんです。

ですから、今年の旧正月2月5日は祝日になります。

旧正月は日本では馴染みがないのですが、フィリピンではそうではないようで、

「恭喜發財(Kung Hei Fat Choy)」と中国語で明けましておめでとうと言われることがあります。

1549793710826.jpg


会場は外だったんですが、夜なので過ごしやすかったです。

お料理の目玉はやっぱりこれ!

マグロ!!

以前も他の記事で書いたんですが、こんなに大きなマグロがいても、提供されるのは赤身のみ。

トロなどの部位はどうしているのでしょうか...?

1549793712791.jpg


チャイニーズニューイヤーとは言え、中華料理のみではなく、沢山のいろんなお料理がありました。

私はやっぱり生春巻きが一番うれしい~。

ごっそり取って行ってすみません・・・

1549793714497.jpg


生ハムメロンがあると、パーティ感が増しますね。

1549793716591.jpg


最近Jパークやシャングリラでは、朝ご飯の時にもお稲荷さんを見かけるようになりました。

1549793718667.jpg

1549793720444.jpg


シーフードも沢山ありました。

1549793721933.jpg


牛肉があるのはなかなか珍しいです。

フィリピンでお肉と言うと、基本的に鶏か豚なんです。

1549793723941.jpg

1549793725432.jpg


テーブルに置いてあった、こちらの観葉植物ですが、

1549793729499.jpg


お土産だったようで、お持ち帰りしました。

1549793735117.jpg


ちなみに、フィリピンと中国はなんと15世紀の明時代から交流が始まったそうです。

勝手にもっと最近だと思っていたのですが、意外と古くからの関係なんですね。

19世紀ごろから中国からの移民が増え始め、フィリピン独立運動で先頭に立っていたホセ・リサールさんも中国の血が入っていたといわれています。

MARUでした。

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: MARU
セブ島がどこにあるかも分からず 駐妻としてやって来てから10年目。
今では自家用車・タクシー・ジプニー・バイクあらゆる乗り物に乗ってあちこち出かけています。 セブ島にある有名どころのホテルはほぼ泊まったことがありますので、ホテル選びに迷っている方のお役に立つような記事を書いていきたいと思っています。
現在はセブ島の現地語であるビサヤ語の日常会話を勉強中です。趣味は食べる事と筋トレ。 今年の目標は180°開脚です!

1.セブ島の魅力
フィリピンも日本と同じく英語が母国語ではないので、意外と英語が聞き取りやすく、簡単な単語でも分かってくれます。 言葉が通じると旅もより一層楽しくなります。

2.おすすめの過ごし方
何にもしないで、ホテルのビーチで海の音を聴きながらボーッと過ごすのが一番だと思います。 マッサージも本当に安いので、毎日でも行って日本でのストレスや疲れを全て取り払うのも良いですね。

3.おすすめホテル
1位 シャングリラ
日本人大満足のサービスならここ!

2位 クリムソン
静かに過ごしたい方にはここ!

3位 J Park
ホテルの回りに色んなお店があって便利!
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク