フィリピンの2大珍味*レチョンとバロット! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

フィリピンの2大珍味*レチョンとバロット!

マガンダン ウマガ ポー(タガログ語で「おはようございます」の意)!

 

本日は、食べらずに帰れない?!

フィリピンの2大珍味をご紹介します。

 

少しグロテスクな写真を含みますので、

苦手な方は先に進まないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では早速ですが、グロテスク度が低い方からいきましょう。

【レチョンーLechon-】

 

フィエスタ、成人の誕生日、洗礼行事など、

お祝いごとがあると出てくるいわゆる「豚の丸焼き」です。

Lechon_1.jpg

 

日本では、豚が屠殺(とさつ)されていることを見かける

ことは肉工場や牧場などで働いていなければまずないですし、

スーパーマーケットにいけば、すでに綺麗にスライスされて

においも残っていない「お肉」になった豚肉しか

並べられていないので、見慣れない日本人には少し衝撃ですが、

屠殺した豚をそのまま丸焼きにしたのが、レチョンです。

 

私も18歳で初めてフィリピンに来たときにレチョンを

見て、焼かれた豚が泣き叫んでいるような苦しそうな

表情をしているのを見て、半泣き状態になったのを

覚えています。

 

Lechon_2.jpg

 

お味はというと、皮がクリスピーでお肉がジューシーで美味しいです。

豚まるまる一頭なんて、フィリピン人もお祝い事は

太っ腹なのね、と思うかもしれませんが、大きさによって

一頭3000ペソ(=約7200円)からと結構安価で買えるそうです。

 

 

大人数での旅行やお祝い事があるときにはオーダーしてみるのも

いいかもしれません。

 

 

 

 

 

お次は、フィリピンでだけ食べられる特殊なゆで卵

【バロットーBalot-】

夜、街中を歩いていると「バローット!バローット!」と

叫んで何かを売っているおじさんを見かけたら、

それがバロットおじさん(Balot Vender)です。

 

Balot_1.jpg

 

見た目はごく普通のゆで卵。

なんですが、実は孵化する寸前のあひるの卵をゆでたのが、

バロットです。

 

孵化寸前の卵・・・ということは、

ヒナの形がほとんど卵の中で出来上がっている状態で

ゆで卵にされたわけです。

 

さて、恐る恐る殻をむいてみると・・・

 

 

 

 

 

 

じゃーん!

Balot_2.jpg

なんだこれ。

血管が卵の殻の内側に張り巡っていて、内蔵らしき

黒い物体も見えます。

 

これにお酢をつけて食べるのがフィリピン人流です。

Balot_3.jpg

 

ええい!とかじってみると・・・

何だかカリッとした?もしかして脚?

とぞくっとしますが、

目を閉じて味に集中すると、濃厚なゆで卵の黄身の味がします。

 

フィリピンでバロットは精力剤とも言われていて、

女性よりも男性が好んで食べるそうです。

 

日本に来た外国人が納豆に挑戦したことが武勇伝になるように、

バロットはフィリピン人からすると普通に美味しいものですが、

外国人観光客にとって最難関の珍味と言えるかもしれません。

 

夜のマーケットで15ペソ(=約35円)で買えます。

 

勇気がある方は是非、挑戦してみてください!*

 

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-930-5952 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク